Home / 国内旅行 / 箱根 / 十国峠の魅力と楽しみ方

十国峠の魅力と楽しみ方

「十国峠」は電車であればJR熱海駅から伊豆箱根バスで約40分ほどで到着することができる非常に見晴らしの良いスポットで、この名前がついた由来も当時、伊豆や駿河、遠江、甲斐、信濃、相模、武蔵、上総、下総、安房の10か国を見渡すことができたことだといわれています。

現在でも頂上からは富士山、南アルプス、駿河湾、湘南海岸、三浦半島などを見渡すことができます。

スポンサードリンク

十国峠はペットと一緒に行ける絶景スポット

頂上へ行くまではケーブルカーを利用するのですが、こちらはペットと一緒に乗ることができます。ただ条件があり、小型犬であること、きちんと狂犬病・混合ワクチンの予防接種を受けていること、ペット用のキャリーに入れて乗せなければいけません。

キャリーは無料レンタルが6個ほどあるので、それを利用することもできます。あまり他のお客さんが乗っていない場合は抱っこひもを利用して乗車することもできます。山頂まで行くと、リードをつけた状態でペットキャリーから出すことは可能です。

山頂には小型犬用のドッグランが用意されていますので、そこで一緒に遊ぶこともできます。ドッグランの使用についても細かなルールがありますのでチェックしておきましょう。春には美しいツツジの花が咲きますので、その時期に出かけるのも良いでしょう。

十国峠の山容には源実朝の歌碑がある

山頂には右大臣だった源実朝の歌碑があります。実朝は二所詣のために鎌倉から箱根権現や伊豆山権現に参詣する途中でこの峠を何度も通っており、この歌は22歳頃に詠まれたのだとされています。

実朝の父はあの源頼朝ですが、頼朝が源氏再興を願って箱根権現、伊豆山権現、そして三嶋社の3つの神社に必勝祈願や援助を受けたとして二所詣が始められました。歌碑は昭和8年に熱海出身の藤原氏によって建立されました。以前は別の場所にありましたが、平成4年になってから熱海市とケーブルカーに運営会社である伊豆箱根鉄道によって眺望の良い現在の場所に移動されたのです。

他にも碑がいくつかあり、一つは小堀春樹氏が航空灯台献納会を創設して政府に献納したことで夜間航空の安全を企図したと称えられ、1939年に峠の中腹に記念碑が建立されました。しかし1968年に近親者によって元灯台の建設地だった現在の場所に移設されています。

そしてもう1つは十国碑です。1783年に江戸から来訪した有志が日金山を訪れ、その景色の素晴らしさを後世に伝えようと熱海里長に依頼して建立した、いわゆる古い「いしぶみ」のようなものです。伊豆国加茂郡日金山頂からは十国五島を見渡すことができるといった内容が書かれています。

十国峠の山頂からはハイキングにも行ける

また山頂からはハイキングに出かけることもできます。2つのコースがあり、姫の沢橋コースと岩戸山コースで、姫の沢橋コースは全長が約4.5キロ、岩戸山コースは全長6キロほどになっています。

およそ1時間30分から40分ほどの時間がかかります。例えば姫の沢橋コースは山頂から出発し、源頼朝が崇敬した伊豆山神社の元宮である「日金山東光寺」、富士山や天城連山、伊豆七島を眺められる「岩戸山」、そして姫の沢公園へと到着するコースとなります。

熱海の名所「姫の沢公園」

昔から伊豆地方の死者の霊魂は日金山に集ってくるといわれており、春秋のお彼岸に日金山に登ると通行人の中に会いたい人の後ろ姿を見ることができるとされています。また姫の沢公園は日本の都市公園100選に選ばれている一つで、熱海の花の名所でもあります。

園内には600種類ほどの植物が植えられており、本格的なアスレチックやバーベキュー、楽焼などもできるようになっています。ちなみにハイキングではなく、直接出かけたい場合はJR熱海駅から元箱根方面行きバスに30分ほど乗って姫の沢公園というバス停でおりてすぐの場所になります。

姫の沢公園内施設

また姫の沢公園内には陶芸センターがあり、陶芸体験コースや陶芸絵付け体験コースなどがありますので、旅の記念にオリジナルの作品を作るのも良いのではないでしょうか。

陶芸体験コースでは湯呑みや小鉢を作ることができます。絵付けコースは皿や茶碗、カップなどに絵付けをすることができます。小学4年生以上が参加できます。所要時間はおよそ1時間30分から2時間ほどになります。出来上がった作品を取りに来ることができない場合は着払いでの発送となり、梱包料なども必要になります。

作品の引渡しは1か月半後以降になります。自分の手元に来るまでは時間がかかりますが、それでもオリジナル、しかも自分の手作りとなれば一生の思い出にすることができます。特にお子さんにとっては初めての体験となることも多く、様々な想像力を豊かにすることにも役立ちます。

なかなか陶芸体験をする機会もありませんから、粘土に触ることも子供の頃を思い出して楽しい気持ちになれます。自然を眺め、芸術に触れて心が豊かになりますし、日ごろの苦労やストレスなども忘れてリラックスした気分で過ごすことができます。大人も子供も楽しめるスポットとなっています。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …