Home / 国内旅行 / 箱根 / 一日中遊べる箱根ユネッサンの魅力

一日中遊べる箱根ユネッサンの魅力

6efcd23bfccab87e34de73709129bf79_s

観光地箱根を代表する観光スポットの一つが箱根の小涌園にある温泉テーマパーク施設「ユネッサン」です。テーマパークの名がふさわしく、1日中楽しむことができる人気スポットです。人気の秘密に迫っていきましょう。

スポンサードリンク

「誰と行っても楽しめる」ユネッサン

f1fe2c0347d52709fe29def4fb413bea_s

まず、人気の理由の一つ目に、「誰と行っても楽しめる」ということがあげられます。ユネッサンには、スライダーなどのアクティブな正接や変わり種のお風呂を楽しむ水着で遊ぶゾーンとゆっくりと露天風呂を楽しむお風呂ゾーン「森の湯」があります。

水着で遊ぶゾーンは、カップルで一緒に入れることもあり、デート代わりに訪れるカップルも多くいます。室内に複数の変わり種お風呂があるので、雨の日でも楽しむことができます。例えば、「神々のエーゲ海」という、地中海をモチーフにした大型スパは、泳げるスパです。また、30分に1回シャボン玉のとびだす「光と音と水の演出」が子供だけでなく、大人も楽しませてくれます。

ワイン風呂

続いては、鮮やかなブドウ色と芳醇な香りが楽しめる「ワイン風呂」は、若返りの湯として古くはクレオパトラやメアリー女王も愛したといわれる美肌効果も期待できるお風呂です。

本格コーヒー風呂

さらに、日本初のここでしか体験できないお風呂が「本格コーヒー風呂」です。温泉で低温抽出する粗挽きネルドリップ式のコーヒー風呂は、疲労回復やリラックス、美肌などの効果が期待できるといわれるコーヒーの香りの中でゆったりと温泉につかることができます。

緑茶風呂

またワイン・コーヒーだけでなく、「緑茶風呂」もあります。こちらも鮮やかな緑のお湯から心安らぐお茶の香りがただよい、美肌効果や冷え性改善の効果が期待できるそう。

酒風呂

さらに、大人の人たちに大人気!?の、「酒風呂」にも注目です。お風呂に設置された大きな酒樽から、本物のお酒がぽたぽたと滴り、お湯からはほのかにお酒の香りが…。温泉と酒の効果によりからだを芯から温めることができます。また、タオル類や水着もレンタル可能なので、手ぶらでふらっと行っても大丈夫なところも魅力です。

ドクターフィッシュ

また、変わり種として、古い角質をついばんでくれる「ドクターフィッシュ」を足湯で体験することができるエリアも。通常、ドクターフィッシュを体験しようとすると、500円ほどお金がかかりますが、こちらでは、1回100円!ほかの温泉を楽しむ流れの一環で、気軽にドクターフィッシュを体験することができるのです。

アロマルーム

また、季節ごとに変わるアロマの香りで心身ともに癒される「アロマルーム」や、じんわり温かい石の上できゅけいができる「湯石処」、フィンランドバスというドライサウナなど、大人にもうれしい施設が勢ぞろいです。

小さなお子様でも楽しめるエリア

また、水深30センチで、やわらか新素材のソフトプレイシステムが充実した子供向けの「ポザッビィの湯ゥ遊広場」もあり、小さなお子様でも楽しめるエリアがあります。

屋外施設も充実

fe81a44c68d78e49b4dfc97922252f20_s

また、屋内だけではありません。屋外に出ると、ユネッサンの中でも一番人気スポットともいえる急流を滑り降りる迫力のウォータースライダー「ロデオマウンテン」があります。しかも、うれしいのが、水は温水なので、寒い冬でも楽しむことができるのです。カーブの違う3つのコースがありますので、全制覇してみてくださいね。

ボザッピィのジャングルジム

室外にもお子様向けのスペースが。橋を渡ったり、ポンプを回したり、滑り台で遊んだりと様々な仕掛けを楽しんことができる「ボザッピィのジャングルジム」では、箱根の景色を楽しみながら、遊びつくすことができます。

洞窟風呂

ロデオマウンテンの中には、神秘的な洞窟風呂が。また、ユネッサンのもう一つの魅力が、静かな温泉タイムを楽しむことができる「森の湯」の存在です。森の湯には、打たせ湯や寝湯、ジャグジーなどがある庭園型の露天風呂や、設樂焼の陶器風呂、さらにヒノキの香りが満ちる「檜風呂」など、大人にうれしい高級感おふれる温泉の数々があります。

貸切風呂もあります

また、1室1時間5000円から借りることができる貸切風呂もありますので、家族だけや、カップルでしっぽり温泉を楽しみたい方はぜひこちらも利用してみてください。

水着のまま入店しても大丈夫なレストラン

一日遊ぶとなると気になるのが、食事のこと。安心してください!なんと、ユネッサンには、水着のまま入店しても大丈夫なレストランが3つも併設されているのです。和・洋・中のバラエティに富んだバイキングスタイルnレストランや、パスタやカレーなどお子様も食べやすいメニューがそろったファストフードショップ、そして、温泉の雰囲気にぴったりの和定食が食べられる和食処と、すべての人が満足できるラインナップがそろっています。

箱根土産を買うことも可能

また、ミオモールというショッピングモールもあり、箱根土産をここで買うことも可能。温泉施設ならではの、オリジナル入浴剤や石鹸はもちろん、食べ物のお土産も大変充実しているので、湯上りにゆっくり堪能してみてください。日帰りでもいいですが、もう一日ゆっくりしたいという方には、オフィシャルホテルも充実しており、宿泊者には割引料金でユネッサンを楽しむ特典もあるので、1泊2日で訪れても楽しいかもしれません。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …