Home / 国内旅行 / 湯布院の温泉の楽しみ方とおすすめ温泉宿

湯布院の温泉の楽しみ方とおすすめ温泉宿

3ffe516836c7bc5c2185d439473a9724_s

湯布院の温泉は、温泉好きなら一度は入ってみたい温泉の一つではないでしょうか?また、女性の方の中には、バブル期の影響でどこも似たような風景になってしまっている温泉地に辟易として、昔ながらの面影が残る湯布院の温泉を訪れようと考える人が増えているようです。

湯布院はそれこそ昭和初期やそれ以前の景観を守り、それにあった街作りをしてきた温泉地です。かつての景観に思いを馳せながら、湯布院の温泉を心ゆくまで満喫しましょう。

本記事では、湯布院温泉の魅力を目一杯紹介していこうと思います。では、参りましょう!

スポンサードリンク

1.湯布院のおすすめ日帰り温泉12選

imgp0212

湯布院はもともと地元の人の間でしか知られていなかった温泉地で、旅館などの宿泊施設がほとんど存在しなかったことから日帰り温泉としての需要がありました。現在は全国からお客さんが来るようになったため、宿泊施設もありますが、もともとの湯布院の雰囲気を味わいたいなら、日帰り温泉に入るのがおすすめです。

1.塚原温泉 火口乃泉

塚原温泉 火口乃泉

出典:https://www.tripadvisor.jp/

湯布院温泉がある由布岳より少し離れた伽藍岳の中腹に位置する塚原温泉は、湧き出る温泉水に一切の加工をしていない正真正銘の源泉かけ流しで有名です。また、湯場から歩いて5分のところに文字通り火口があり、見学することができます。また、とても強い酸性の湯、有用な金属イオンを多分に含んだ温泉なので、湯治にとてもいいです。

【公式】塚原温泉・火口乃泉

2.ゆふいん夢ひろば 夢の湯

caption

出典:https://www.tripadvisor.jp/

金鱗湖のすぐ近くにある「ゆふいん夢ひろば」の最奥にある貸し切り家族露天風呂で、弱アルカリ性の温泉です。少し変わった造りの温泉で、入って手前が深く、奥が浅くなっています。奥の浅くなっている方は、寝そべりながらお湯に浸かることができるので、思いの外リラックスできるのではないでしょうか。

宝石風呂 『夢の湯』

3.健康温泉館 クアージュ ゆふいん

003140449-1_im

ドイツ式の温泉療法が体験できる少し変わった共同浴場です。温泉療法が体験できるのは水着を着て入る混浴の浴場ですが、それ以外にも男女別の大浴場・露天風呂があるので、別に温泉療法はいいかなと言う方は大浴場・露天風呂の方に行けばいいと思います。また、休憩できる場所もあるので、湯上がりに涼んでいくこともできます。

4.乙丸温泉館

otomaru1

出典:http://www.city.yufu.oita.jp/

古くからあり、地元の人に愛されている共同浴場です。街のメインストリートから少し奥に入った往来の多い場所にあります。館内は洗い場と内風呂が1つあるだけのシンプルな作りで、この内風呂が大きい方と小さい方の2つに区切られています。建物そのものが長い間多くの人に使われているので、少し劣化臭がするのが残念なところ。

5.柚富の郷彩岳館

filename-img-5776-02

出典:https://www.tripadvisor.jp/

2つの露天風呂と大浴場、貸し切りの家族露天風呂がある旅館です。家族貸し切りの方には内風呂と洗い場もついているので、ゆったりと過ごすことができます。旅館に泊まる方は無料で利用できるので、旅館に泊まって入浴したほうがゆったりと楽しめるのではないでしょうか。

温泉【公式HP】

6.庄屋の館

exterior

出典:https://www.tripadvisor.jp/

ここも旅館ですが、大露天風呂を立ち寄りで利用することができます。地下から汲み上げた自噴の温泉をそのまま使っている源泉利用の温泉です。また、湯上がりに涼んでいけるカフェもあります。お昼時はランチも頂くことができるので、朝入りに来るといいかもしれませんね。

一刻湯治[立寄り湯]

7.ゆふいん七色の風

yufuin-nanairo-no-kaze

出典:https://www.tripadvisor.jp/

大浴場、露天風呂、貸し切り家族風呂と揃っています。また、露天風呂からは由布岳を望むことができ、高原からの風も感じられるので、気持ちよく入浴できます。由布院駅からは少し離れたところにあるので、泊りがけで行ってもいいかもしれません。

ゆふいん七色の風 天然温泉

8.山のホテル夢想園

caption

出典:https://www.tripadvisor.jp/

広々とした男女別の露天風呂、貸し切り家族露天風呂、貸切家族内湯に、湯上がりに立ち寄れるカフェ、レストランもあるのでゆっくりお湯を楽しむことができます。また、お土産にちょっとしたものを買うことができる売店もあるので、そちらでソフトクリームなどを買ったり、お土産に豊後牛のそぼろを買ったりできます。

山のホテル 夢想園

9.ゆふいん山水館

exterior

出典:https://www.tripadvisor.jp/

内湯、露天風呂とどちらも入れます。露天風呂からの景色は、周りに低木があるので少し由布岳は見えにくいかもしれません。また、日帰りプランとして夕食の付いたセットメニューがあり、予約制の和食付きプランにすると入浴料がサービスになるというお得なものがあります。

ゆふいん山水館

10.ことぶき花の庄

ことぶき花の庄

出典:https://www.tripadvisor.jp/

仕切りがあるので、景色などはあまり期待できませんが、その分、露天風呂、内湯ともに広々としているので、ゆったりと疲れを癒やし湯を楽しむことができると思います。ただ、旅館に泊まる場合、露天風呂付きの客室があり、そちらは眺めが良さそうなので泊まってしまったほうが得なような気がします。

ことぶき花の庄[公式]

11.由布院温泉 お宿 小鳥のたより

小鳥のたより

出典:https://www.tripadvisor.jp/

ここの大浴場はもともと植物を育てるための温室だったそうです。なので、とても広く、天井が高いのでどの温泉よりも開放感溢れていると思います。露天風呂は自然の中にあるような感じで、周りが木々の緑で埋め尽くされているので、視覚的にもリラックスできるようです。また、家族風呂もありますが、これは要予約です。

ことりのたより

12.おさるの湯

おさるの湯

出典:https://ja.wikipedia.org/

露天風呂、内湯、サウナ、家族風呂4つとかなり豪勢です。ホームページは写真だけで説明文が一切なく、どう判断するかはお客さん次第ですという言葉が言外に伝わってくるようでした。

しかし、写真を見るとかなり良さそうな温泉で、お湯の色は源泉をそのまま利用している色で、景色もすごく良かったので、是非行ってみるべきだと思います。

おさるの湯

2.湯布院の泉質自慢の温泉旅館5選

出典:http://www.sansou-murata.com/concept01/

出典:http://www.sansou-murata.com/

1.杜の湯 ゆふいん泰葉

泰葉

出典:https://www.tripadvisor.jp/

洋室以外はすべて和室、和風の旅館で、食事は創作料理という少し変わったお宿です。ここの温泉は「青湯」という大変珍しい泉質の温泉で、とても肌にいいので女性に人気です。また、客室には露天風呂付きのものもあるので、共同浴場と合わせて楽しむことができます。

杜の湯 ゆふいん泰葉 〔公式サイト〕

2.秘湯の宿 奥湯の郷

奥湯の郷

出典:https://www.tripadvisor.jp/

おそらくですが、ここも「青湯」の源泉かけ流し温泉です。ホームページに掲載されている写真を見る限り、内湯、露天風呂がおそらくですが2つずつあるようなので、時間によって男女の入れ替えによりどちらも楽しめるのではないでしょうか。外観は純和風の旅館ですが、部屋は洋室も備えています。料理は地鶏コースか、豊後牛コースのどちらかから選ぶようです。

奥湯の郷

3.ゆふいん温泉 御宿一禅

御宿一禅

出典:https://www.tripadvisor.jp/

ここも旅館の温泉になりますが、おそらくここも「青湯」です。肌触りがとても滑らかで、弱アルカリ性なので、肌を気にする女性にはとてもいい温泉です。大浴場、露天風呂、貸切風呂があり、ホームページに掲載されている写真を見る限り大浴場、露天風呂は2つずつあるようなので、日によって別々の景色を楽しみながら温泉に浸かることができると思います。

食後の料理の見どころは、何と言っても豊後牛の石焼と、その季節にあった和風なデザートでしょう。お部屋は純和風の露天風呂付きの豪勢な部屋か、和洋の合わさったモダン和風なお部屋のいずれかが選べます。

由布院温泉 御宿 一禅【公式HP】

4.由布院温泉 庄屋の館

caption

出典:https://www.tripadvisor.jp/

上の日帰り温泉編で紹介した庄屋の館をまたもや紹介です。ここのスタイルは少し変わっていて一棟まるまる貸してもらう、庄屋の館さんの言葉を借りるなら〔湯治場〕スタイルの旅館です。温泉については日帰り温泉編で紹介したので、料理と部屋を見ていきましょう。

料理は地元のブランド食材をふんだんに使った日本料理メインのお食事です。お部屋は純和風ですが、露天風呂付きの部屋が相当数あるので、大浴場や大露天風呂以外にも部屋で楽しみたいという方にはおすすめです。

HOME

5.由布のお宿 ほたる

ほたる

出典:https://www.tripadvisor.jp/

純和風と洋風があり、モダン和風とは少し違うような気がしますがどことなくそんな雰囲気を感じさせる旅館です。貸切露天風呂が2つ、家族貸切露天風呂が1つ、露天風呂付きの部屋が相当数と、露天風呂三昧です。料理は朝夕ともに幾つかのコースから選ぶ旅館形式で、旬の地元素材を使った懐石料理がメインです。

お部屋はすべて別々の4つの館にあり、それぞれが和風、洋風とテーマとして決まっています。露天風呂付きの部屋は和風、洋風どちらの館にもあるので、好みで決めていいと思います。

湯布院温泉 由布のお宿 ほたる-公式サイト

3.湯布院の温泉巡り7選

出典:http://www10.plala.or.jp/

1.由布院温泉

4f5feebda0b1b33b23c57185b64402e4_s

昔は地元の人だけが知っていた小さな温泉でしたが、今はそれが逆に古来からの温泉地の面影を残していることから大人気になった温泉地です。湯量がとても豊富なので、温泉街に立ち並ぶ旅館やホテル以外にも、たくさん共同浴場があるので、取り敢えず足を向ければどこかしらの温泉に入ることはできます。

2.湯の坪街道

湯の坪街道

出典:https://commons.wikimedia.org/

由布院温泉街から金鱗湖に続く道のことを湯の坪街道と言います。由布院温泉の人気が爆発したので、もとからあった雑貨店や商店、美術館に加えて、いろいろな商店が進出してくることが多くなってきているようです。なお、由布院駅から金鱗湖までは大体30分くらいですが、この湯の坪街道を歩いていたら、気づいたら3時間経ってたなんてことがザラだそうです。

3.由布院駅足湯

由布院駅足湯

出典:https://commons.wikimedia.org/

この足湯、由布院駅の切符売り場のあたりにあるのかと思ったら大間違い。なんと、駅のホームにあります。足湯に浸かりたい場合は、入場券とは別の足湯券なるものを買わなければなりません。タオルもサービスでついてくるようなので、気軽に入れますね。

4.湯平温泉

7e04ed5932c0e8b1c4747b8cdd2162e0_s

由布市にあることは間違いないのですが、由布院温泉の近くにあるのかと思ったら、違かった。直線距離でだいたい6,7キロでしょうか、南にあります。由布院温泉ほどの歴史はなさそうですが、鎌倉時代にはあったとのことなので、古いことは間違いありません。

共同浴場は由布院温泉ほど多くはありませんが、館の内外はどこもきれいなので、小汚いところは嫌だ!という方は結構気に入るのではないでしょうか。

5.下ん湯

金鱗湖の近くにあるのですが、観光客から丸見えな上に男女混浴だそうで、女性が入るには困難を極めそうな共同浴場です。とあるブログによりますと夕食時に夫婦で入りにいったそうですが、幸運なことに誰とも鉢合わせなかったそうです。

しかし、上がって着替えているときに男性客が3人ほど入ってきたそうなので、やはり女性には厳しそうです。こんなことになるなら男女別と、今まで通りの混浴とに分ければいいのになんて思ったりもしますが。

6.ゆのつぼ温泉

ゆのつぼ温泉

出典:https://www.tripadvisor.jp/

金鱗湖の近くにある共同浴場の一つで、共同浴場の少し小汚い感が好きじゃない方でも安心して入れるキレイさなので、食わず嫌いせずに入ってみましょう。湯の坪街道からも近いということなので、行ってみて損はないと思います。

7.由布岳温泉

caption

由布院駅周辺の中心部から少し南に行ったこところにあります。男女別に露天風呂、内風呂、大浴場、岩風呂となんでもござれ。とりあえず手っ取り早く温泉入りたいと思ったらここに来ればいいかもしれませんね。湯上がりに涼めるように和風の休憩室もあるようです。また、温泉水を飲むこともできるそうなので、湯上がりに一杯、いかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか。東北、関東などから来る人はおそらく日帰りは無理でしょうが、日帰りでも入れる温泉の数は多かったと思います。湯治のように1週間、1ヶ月間とはいいませんが、3日間くらいで回れるだけ回るのも面白いと思います。

また、今回は殆ど触れませんでしたが、由布院駅から金鱗湖周辺に続く湯の坪街道には本当に多くの美術館、商店が立ち並ぶので、一日かけてブラブラすることもできるそうです。美術に興味がある人はぜひ巡ってみて下さい。

高層な建物などはなく、古来からの風景を尊重した町並みの由布院温泉、私が紹介したのはそのほんの一部です。まだ紹介していない魅力が多く詰まっている由布院温泉に皆さんもぜひ、行ってみませんか。


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …