Home / 国内旅行 / 山梨の温泉を日帰りで楽しもう!知っておきたい温泉まとめ

山梨の温泉を日帰りで楽しもう!知っておきたい温泉まとめ

fuji-mountain-720679_960_720

日本人なら誰でも大好きな温泉。日々の疲れを癒し、美肌効果もあり、そして健康にも良いと言う良い事づくしの娯楽です。日本はどこに行っても温泉がありますし、ふと、思いついたように温泉に行くのも良いですね。

「温泉に入りたいなぁ。」っと思ったあなた。おすすめする場所があります。兵庫の有馬温泉も良いですし、岐阜の下呂温泉も良いですね。しかし、ここでおすすめしたいのは山梨の温泉。

山梨といえば、何を思い浮かべますか?おそらく、富士山と答える方がほとんどかもしれません。しかし、実は山梨県は温泉地の宝庫なのです。県の面積が小さいため、その数は北海道や長野には遠く及ばないものの、かなりの数があります。また、小さいおかげで温泉地をはしごもする事ができ、日帰りで温泉を楽しみたいという方には特におすすめでsきます。

さて、どのような温泉があるのでしょうか。

スポンサードリンク

シーンに合わせて!ランキング上位の温泉27選

ph_onse01_0006m

さて、みなさんは温泉に何をしにいきますか?

そう尋ねると、もちろん、温泉に入りに来たんだという当たり前の事を答えられるかもしれません。しかし、一口に温泉といっても、その温泉の水質や効能は様々です。なんと、日本の温泉は11種類もの水質があるのですから。

透明で不純物の少ない単純温泉、少し卵の腐った臭いがする硫黄温泉、白く濁った白濁温泉などなど、様々な物があります。そして、その校のも多種多様です。腰痛に効く物もあれば、美肌効果のあるもの、内臓系の代謝をよくしてくれるものもあります。

また、温泉の水質だけではありません。

各温泉地によって、提供してくれるサービスや食事なんかも色があります。その温泉地や旅館等で提供してくれるものをしっかりと調べて行くことで、温泉旅行がより自分好みにカスタマイズされますよ。

さて、ここでは日帰りで便利な温泉地を紹介していきましょう。

山口温泉

山口の温泉と言えば、まずここ。そのお湯の投入量は圧巻且つ豪快。そんなに贅沢に使っていいのかと心配になるくらい使っています。しかし、その分湯のコンディションはいつでも良く、悪質という言葉とはまったく無縁の温泉です。

一度はいれば出て来れなくらるみたいで、まるで冬場のこたつのような温泉ですね。

湯めみの丘

こちらの温泉は観光客向けと言うよりは、地元の人達に向けた物のような気がします。サウナや温度様々の湯船があります。甲府のアルプスを一望できるので、観光目的で来た人も訪れてみると良いでしょう。

お食事処もありますが、なんとこっから500メートルも離れていると言います。往復するだけで1キロメートルですので、時間には少し余裕を持って動きましょうね。

韮崎旭温泉

こちらの温泉は湯質がなんと山梨県一として知られています。ですが、その施設形態は地元の人向きのため、知る人ぞ知るといったような感じです。

そのため、景色を拝むための露天風呂がなかったり、脱衣所がせまかったりと難儀のする部分もあります。しかし、それらを補って余りあるほど良質な湯はそういった不便さを思わせないほどゆったりとできるものです。

草津温泉

とても熱い温泉で有名な当温泉。男なら、がつんと熱いのだろうという、男らしい方はどうぞ、この温泉にとびこみましょう。

外装はシンプルそのもので、それが売り込みのすべてを温泉にかけていると言うか、温泉によっぽどの自信があるという事を裏付けている気がしますね。

ほったらかし温泉

アルカリ性単純温泉の温泉地です。硫黄温泉よりも肌への刺激が優しく、子どもやご老人にも安心してはいる事のできる温泉です。

その名の通り、ほったらかしにされた景観は自然そのものです。また、売りにしている日の出や日の入りの時刻はHPによって公開されていますので、ご確認ください。ぜひとも、日の出や日の入りと共に湯船につかりたいものですよね。

みたまの湯

アルカリ性の単純泉でありながら、少しだけ茶色に濁ったこちらの温泉。

夕暮れ時に入るのをお勧めします。そこから眺められる夕暮れの絶景は何度でも見に来たくなるほどの絶景です。それだけではありません。陽が落ちて、周りが暗くなると、街の灯りがまるで星々のようにきらめきます。

とてもロマンチックですね。

のめこい湯

丹波山にあるこちらの温泉。なんと、釣り場やそば処もあるらしく、その全てが村によって経営されている場所です。そこで売られているあゆの炭火焼きはとっても美味しいですよ。骨ごとばりばりと食べられるので、豪快にいっちゃってください。

西山温泉 蓬莱館

脱衣所は別ですが、なんとこの温泉は混浴場のみ。実は、江戸時代までの温泉は男女混浴が当たり前で、ある意味伝統に担ったものなのかもしれませんね。

湯船にはオレンジ色の湯の花がおいてあり、さわってみると柔らかジェル状で面白いですよ。

西山温泉 慶雲館

一年に一度の紅葉の景色をおしているこちらの温泉地。売りにしているだけあって、確かに、どこを眺めても紅葉に次ぐ紅葉。なんと、展望露天風呂というものもあるので、高い位置から紅葉の景色を見下ろしてみましょう。

きっと、素晴らしい思い出になる事まちがいなしです。

つむぎの湯

まるで、市民広場のような温泉地で、会議室もありますし、飲食物の持ち込みもOKという超融通の利いた温泉地。日帰り専門で建てられたため、温泉梯子をする方には特におすすめできます。

石割の湯

木の温もり、岩の隙間から吹き流れる風といった、自然を大事にしている温泉です。温泉は高アルカリ性で、そのアルカリ質温泉の質は日本でも随一だとか。

美肌に効果のある事間違いなしですね。

尾白の湯

こちらの温泉の露天風呂は濃い目のお風呂です。何が濃いかというと、それに含まれる塩分濃度がかなり濃いのです。山梨県は言わずと知れた海なし県であるのにかかわらず、水に塩分が含まれているのは不思議ですね。

飲用は厳禁です。なぜなら、とってもしょっぱくて、飲めたものではありません!

天空の湯

ここから見下ろすことのできる甲府盆地や南アルプスの山々は息をのみます。湯量抱負なアルカリ性単純性の温泉で、その圧倒的な湯量を背景にいつでも良質な温泉をお客さんに提供してくれます。

景色にうっとり、温泉にうっとりとうっとり続きで忙しいですよ!

紅富士の湯

日本最高峰である富士山を臨むことのできる当温泉。露店から眺められる富士の山。まるで、自分が遠く過去にタイムスリップしたみたいな気分になります。

豊かな自然に抱かれながら、富士の山に見守られてください。

岩下温泉 岩下温泉旅館

28度という低音の冷泉があるこちらの温泉。夏場は気持ちよさそうですが、冬場は勘弁してほしいところですね。しかし、温かいお湯と交互に入る事によって、かえって体の中に残った温かさを閉じ込めてくれるという優れもの。

ぜひとも、試してほしい所です。

石和温泉 旅館深雪

こちらは少しだけ匂いにクセのある、硫黄の温泉です。硫黄と言えば、腐った卵のような臭いというマイナスなイメージがある方が殆どだと思いますが、実際にかいでみると、そこまで気になりません。

こちらの温泉の面白い所はシャワーから硫黄の匂いがするということ。つまり、シャワーのお湯まで温泉なのです。どうぞ、贅沢にこのシャワーで体を洗い流してください。

奈良田の里温泉

珍しく私営ではなく、町が運営している温泉らしいです。周りの景観にはなんだかほっこりする気分ですね。また、お食事も値段的に安いのに関わらず、その味はなぜかおふくろを思わせるような味なんだとか。

道路に面しているので、とても分かりやすく、まず間違いようがないです。

はやぶさ温泉

源泉からかけ流している、正真正銘の温泉です。つまり、加熱や冷却は一切なし。地球によって温めた温泉が、入るお客さんをそのまま温めてくれるというすぐれもの。

ぬるスベの温泉ですので、美肌効果があります。熱い温泉の好きな方にはもしかすると物足りなく思うかもしれませんが、熱い温泉に入れない年配の方やお子様にはとても優しい温泉だと思います。

増富の湯

内湯の木の温もりは最高です。また、外装もまるでどこかの神社とか古民家みたいで、歴史的な物を感じる事ができます。周りは自然だらけで、木々が出してくれる美味しい酸素とマイナスイオンを思いっきり吸ってみてくださいね。

鼓川温泉

9月16日から通常営業が再開したこちらの温泉地。秋口でも20:00までやっているので、少し夜が遅くなっても大丈夫ですよ。そばやうどんなど、お食事にも気を使っているので、どうぞお腹が空いたときもご利用してみてください。

また、Web限定クーポンもあるので、お得に入りたい方はチェックしてみてくださいね。

延命の湯

1500メートルもの深さから湧き上がる46度の温泉です。高濃度のミネラルが含まれ、健康にかなり良いのがうりです。まさに、名前の通り、命が長らえるような気分がしますね。

タオル等は持ち込まずとも、施設で買う事もできるので、余分な荷物も増えなくて済みますね。

フカサワ温泉

まるで大衆の銭湯のようなフカサワ温泉。もちろん、銭湯ではなく、天然温泉です。なぜ、銭湯に間違えるかと言うと、この温泉は元来地元の方に向けてつくられた温泉浴場だからです。

だからといって、質が悪いわけでなく、源泉かけ流しの湯は人間の手が一切かけられておらず、とても気持ちが良いですよ。

奈良田温泉 白根館

南アルプスの急な山間部にあるこちらの温泉。その歴史は由緒正しいものです。なんでも、孝謙天皇が八幡神社に願掛けをしたら湧いてきた温泉なんだとか。そのため、名前が「七不思議の湯」と呼ばれ、親しまれています。

数々の民話や伝説、伝承がある面白い温泉です。

正徳寺温泉 初花

温泉やそれに付随する露天風呂だけでなく、サウナやジャグジーも楽しめると言う、スーパー銭湯が大好きな下町っ子にはたまらないでしょう。最近はスーパー温泉による美肌やダイエットも流行っているみたいですので、女性にも人気があります。

それを由緒正しい温泉で楽しめるなんて、なんて贅沢この上ない事でしょうか。

パノラマの湯

他の温泉地では見られないような広大な露天風呂が見物の当温泉。優美な富士山を眺めながら入る温泉はかなり見ごたえ、入りごたえのあるものですよ。

ただし、定休日が火曜日と木曜日と、結構多いため、注意が必要です。

日の出温泉 旅館日の出温泉

こちらは源泉そのままのぬる湯と熱した熱湯風呂両方を楽しめる場所です。熱いお風呂が大好きな方にはおすすめですね。しかし、そんな方にもまず、源泉かけ流しでそのままのぬる湯につかってほしいです。

源泉の良い香りを楽しめますよ。その後に、熱湯風呂につかって、心身共に温められちゃってください。

佐野川温泉

岩の間から硫黄泉が流れてくる温泉です。その温泉の周りは緑がとても豊かで、マイナスイオンによって癒されます。それにともない、硫黄泉の持つ健康の効果によって、日々の疲れをリセットする事ができますよ。

泡のぬる湯は爽快感抜群です!

山梨の甲府近辺で日帰りで入れる温泉スポット

img_24982

さて、山梨県に訪れたからには、県庁所在地である甲府には必ずと言って良いほど訪れる可能性が高いと思います。ですので、甲府市内から訪れやすい市内の温泉について、説明したいと思います。

さすがに県庁所在地なだけに、利便性もよく、そこにある温泉も多種多様ですよ。

積翠寺温泉 要害

甲府といえば、風林火山で有名な武田信玄。地元でも、武田信玄は軍神として尊敬をうけています。そんな信玄公が隠し湯として梨央うしていたと言われる温泉につかることができます。

歴史と触れ合うチャンスですよ。

かまなしの湯

広い公園の一角にあるこちらの温泉。休憩所も広く、ゆったりとする事ができます。また、温泉の温度もぬるめ、普通、熱いのを選ぶことができ、自分の好きな熱さのお湯につかってみましょう。

ももの里温泉

peach-blossom-860286_960_720

桃の花の季節に行くことをおすすめします。名前の「ももの里」とはなんなのかを目で確認できますよ。

露天風呂から眺められるピンク色の桃花達はまるで自分達が桃源郷にきたかのような錯覚になります。

なごみの湯

4種類の温泉に、広々として娯楽場や休憩上もついていて、観光客向けの温泉地です。低温のサウナや冷浴もついていますので、どうぞお試しください。

ここの温泉は神経痛や筋肉痛に効くらしいので、歩き疲れたり肩こりに悩ませられている方は行くべきですね。

甲府富士屋ホテル

日帰りする事もできますが、もちろん宿泊する事もできます。甲府で随一の高級リゾートホテルとして、日本全国の観光客を受け入れ続けたこちらの温泉ホテル。

一流のシェフが作るレストランやバーは必見です。

燈屋

こちらの温泉は塩分が含まれています。そのため、体の芯からぽかぽかと温めてくれて、お風呂に上がった後も継続してその温もりを感じる事ができます。

湯冷めする事なく、そのまま眠りにつくことができたらとっても気持ちが良いでしょうね。

大滝の温泉

平日はたったの500円で一日中楽しむ事のできる当温泉。もし、学生の皆さんで平日休みの日がある方であれば、ここに行くことで、楽しめるしお財布にも優しいしで良い事づくしです。

源泉は100%純度を保証しております。

スパリブマックス甲府温泉

様々な種類の温泉を楽しむ事ができる当温泉。檜風呂という、ヒノキの木の温もりを感じられるお風呂、個人で楽しめる樽風呂、薬草を混ぜ込んだ薬草風呂など、飽きるという言葉とはほぼ無縁です。

せっかくですので、全部楽しんじゃいましょう。

玉川温泉

武田二十四将の一人である、金丸家の敷地跡に建っているという伝承のあるこちらの温泉。決して外装がすごいというわけではないが、実際の温泉は素朴な水質と温度で、様々なお客さんから好評を得ているみたいです。

対して大きくない浴槽に対して、かなりの量の温泉が流れ入ってくるので、良好な質を保っているらしいです。

紅椿の湯 奥湯村

清潔な印象のあるこちらの温泉。面白い事に、グーグルマップにて、内風呂や露天風呂の様子がうかがえるので、HPからチェックしてみましょう。

サウナや個室休憩室、個室浴場など、様々なニーズに合わせてくれるので、汎用性の高い温泉地です。

志麻の湯

広々とした浴場にジェットやバイブラ、サウナなどが取り付けられています。ジェットは肩凝りにききますよね。肩こりに悩ま背れている方はぜひともこの温泉に行って見てください。

古くから当地に湧き出ている温泉ですので、きめ細かい水質は美肌効果があると言われています。

山宮温泉

年中無休で経営しているこちらの温泉。各種タオルなどは比較的安価で売店にて販売しておりますので、手ぶらでも楽しむ事ができますよ。温泉旅行はタオルやら着替えやらで荷物が増える物。この温泉では、そんな心配は皆無ですね。

まとめ

kitadake-1352353_960_720

山梨県は富士山だけでなく、温泉も楽しむ事が出来る事はよくわかったと思います。後は、たくさんある温泉のうち、自分に合った温泉を探してみてください。熱い温泉で男らしくいくのも良し、ぬる湯でまったりと景色を楽しみながら入るもよし。

温泉は最低限のルールさえ守れば、後は自分の好きなように楽しんじゃってください。

よい旅行ライフをお祈りしています!


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …