Home / 国内旅行 / 山梨には郷土料理&名物グルメがいっぱい!山梨グルメまとめ

山梨には郷土料理&名物グルメがいっぱい!山梨グルメまとめ

fuji-mountain-720679_960_720

それだけではありません。山梨は静岡と県境を共にし、そこにあるのは富士山です。富士山は言わずもがな、日本最高峰の山で、近年世界遺産にも登録されていましたよね。

旅行をするにしては、まだまだマイナーな山梨県ですが、実は観光地としてはとても良い場所なんです。もちろん、その魅力はそれは信玄公所縁の地や富士山だけではありません。

山梨には、皆さんの想像を遥かに凌駕した多種多様なグルメでいっぱいなんです。

スポンサードリンク

山梨県のご当地グルメといえばこれ!

grapes-1696921_960_720

山梨県に行って、これらを食べないのはもったいない。北海道に行って海鮮丼を食べなかったり、香川に行ってうどんを食べないのと同じような事!っと食べていない人に言いたくなるような山梨グルメをそろえました。

おかずやスイーツ、そしてうどんやそばといった主食まで。

山梨の食べ物は多種多様です。

果たして、一度の訪問で食べきれるでしょうか。おそらく、無理ですので、何度も山梨に足を運んでみてください。行けば行くほど山梨グルメに首ったけになる事間違いなしです。

青春のトマト焼きそば

山梨県民にとっては、甘く、そして懐かしいトマト焼きそば。トマトを使うだなんて、まるでスパゲティやパスタみたいですね。山梨県産地直送の完熟トマトと豚の甘さのハーモニーは最高。

山梨県民であるならば、老若男女誰にでも愛され、そして観光客の方々に気に入ってもらえるよう、日々味には研究を重ねているようですよ。

甲府鳥もつ煮

鳥のもつを使ったこちらのグルメ。実は、B-1グランプリという、日本全国のご当地B級グルメが凌ぎを削り、ナンバー1を決める争いに出場した経験もあります。

余計な水分をのぞいた飴状のタレによってつつみこまれた鳥のもつは絶品です。

甲州地どり

親しみがわくようにと、地鶏から地どりに名称を変更したらしいです。安全と安心をテーマに、鳥農家さんから大切に育てられ、我々の食卓に届きます。

豊かな自然で120日間みっちりと育て上げられた甲州地どりは歯ごたえがよく、うま味満点です。

ほうとう

小麦粉を練った太麺と種類豊富な野菜を味噌で煮込んだ料理です。使われているのはもちろん甲州味噌で、信州味噌を同じように、少しだけ塩気の強い味になっております。

また、普通のうどんとおなじように、冷やしてから食べるものもあり、夏バテが辛い方にとっても良いですね。

信玄プリン

山梨のお土産といえば、これ。

フレッシュな生クリームときな粉の香りやコクは他のどのプリンにもない味わいとなっています。黒蜜をかけて味わうため、プリンには必ず黒蜜の入った小さな容器がついてきます。

食べてとろける食感。それでいて、風味豊かで、いつまでも口の中に余韻を漂わせてくれる存在感を持ち合わせています。スイーツ好きの女性は必見です。

かっぱめし

山梨の河口湖に伝わる河童伝説を元につくられたこちらの逸品。まさに、かっぱが食べるようなご飯で、目の前に出てきたときは思わず笑ってしまいます。

きゅうりがたっぷりのせられ、その上には海苔やゴマなどで風味が整えられています。食べていると、まるで自分がかっぱになったかのような気分になります。

でも、きゅうりは夏場に食べる事で、体温を下げてくれるという優れものなんですよ。

馬刺

馬刺しと言えば、熊本県なんかが有名ですが、実は山梨県も馬肉の産地です。熊本や山梨といった山岳地帯には昔、交通路が敷かれてあり、そう言った場所にはよく馬肉を食べる文化がそのまま残ってあるらしいです。

牛肉や豚肉を食べる機会はあるものの、馬肉は中々ないでしょう。食わず嫌いをせず、一度食べてみてください。

桔梗信玄餅

甲州の代表的且つ伝統的なおやつとして頭角に名を表しているグルメです。

付属のきなこや黒蜜をたっぷりかけてから御召し上がるようにしてください。

おつけだんご

山梨県のうち、大月市でもっともメジャーに食べられていた郷土料理であるおつけだんご。小麦粉と水によって作られた団子と野菜をスープに浮かべただけというとても簡単な料理ですが、簡単であるが故に料理の基本をしっかりとこなしているかよくわかる料理です。

市内で食べ歩くことができるほど、たくさんあるので、食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

鹿カレー

先に馬肉を食べられる事は説明しましたが、実は鹿肉も食べる事ができます。これもかなり珍しいですね。鹿肉は臭みがすくなく、下手をすると牛肉よりも好きだと言う人がでてくるほどです。

そんな美味しい鹿肉をカレーで煮込むなんて贅沢ですね。

吉田うどん

一見普通のうどんに見えますが、その実態はまったく違います。麺一つにしても、腰がかなり強く、食べごたえは抜群です。

また、入っているお肉はなんと馬の肉という、我々が普段口にしている肉とはまったく違いますね。

甲州ワイン

お酒好きにははなせない地酒。山梨県はブドウの産地としても有名で、ワインを始めとするぶどうを加工するお酒に対しての技術はおそらく世界一であるとおもいます。

ブドウの絶対量が多いためか、その種類も多種他多用。ぜひとも、自分好みのワインを探し当ててみてください。

甲州ワインビーフ

ワインビーフと聞いて、あまりイメージが湧かないですよね。実は、ワインの搾りかすを飼料に育てた牛から取れた肉の事なんです。甲州のブランド牛で、その味はかなり濃厚です。

一度ご賞味あれ。

甲斐サーモン

山梨県の名水によって過保護に育てられてきたニジマス。甲斐サーモンとも呼ばれ、その脂の乗った赤味は海のない山梨県の人からすると貴重な産物であったことでしょう。

とてもきれいなサーモンピンクは必見です。

笹子餅

大月市笹子町の名物である笹子餅。草餅であるため、甘すぎず、草の香りが口の中にまったりとひろがる味わいになっています。

月の雫

信玄持ちよりもずっと昔からある山梨ならではのお土産です。秋ごろにとれたブドウを丸ごと使って、甘い砂糖菓子でコーティングしたものです。

それでいながら、生野菜としての良さも保たれており、噛むと中からじゅわっと果汁が溢れてきます。

おざら

ほうとうの夏バージョンといったような感じです。山梨県では夏場はそうめんや冷やしうどんと同じ感じで食べられているらしいです。太麺ならではの食べごたえは夏バテなんてどこ吹く風といったような感じですね。

イタリアンロール

メディアからもたくさん取り上げられているこちらのお菓子。そのため、山梨県のみならず、全国的にも有名になってきました。スイーツ好きの方であれば、信玄プリンや信玄餅にならぶスイーツとして、楽しんでみてください。

身延饅頭

山梨県巨摩郡身延町の郷土料理として有名です。見た目は普段から目にする饅頭と同じです。しかし、その違いは食べてみるとわかります。なんと、こちらの饅頭の皮には味噌が練りこまれてあり、しょっぱいのです。

中に入っているこしあんと饅頭の川の塩分が良い感じにマッチし、思わず何個も手につけたくなります。

山梨県のおすすめグルメ店25選

hens-1609639_960_720

さて、ここまでグルメを説明してきたところで、お腹が減ってきたのではないでしょうか。ここからは具体的に、これらのグルメが一体どこで食べられるのか、そして、どこが美味しいのかについて説明していきたいと思います。

グルメの宝庫山梨はもちろん、様々なおもてなしをしてくれる店で一杯です。

もてなしや 三ツ星 富士吉田店

甲州の地どりを楽しむ事ができる当店。たたきや刺身もいただくことができ、鳥を隅々まで味わう事ができます。なによりも注目すべきは溶岩によって焼かれた「甲州地どりの溶岩焼き」。遠赤外線効果によって中までうま味が凝縮されています。

奥藤本店

甲州流の手落ちそばを出しているこちらのお店ですが、実は甲州鳥もつ煮を発明し、世に出したところだと言われます。今でこそ、山梨ではメジャーになった甲州鳥もつ煮の元祖がここでは味わう事ができます。

大正時代から100年も続く老舗の味をどうぞ楽しんでください。

小作 甲府駅前店

山梨県内にいくつもの支店がある、ほうとうを出してくれる店です。ほうとうだけでなく、山梨の様々な郷土料理を出してくれるので、色々な物に挑戦してみてください。

煮込んでものびすぎたりしないので、お土産にもすごく便利です。

昇仙峡ほうとう会館

山梨県名物ほうとうを始めとした郷土料理を楽しむ事ができます。そのお品書きは様々ですが、やはり、ほうとうを楽しんでもらいたいです。大きな鍋に所せましと具材がいれられて、1000円ちょっとという安さは驚きです。

もちろん、その味も美味しく、山梨県の郷土の温かさを感じる事ができますよ。

とんかつの専門店です。山梨に行ってまでとんかつと言う人はいるかもしれません。実際に、山梨に来てまで揚げ物というネガティブな気持ちもあるかもしれませんが、時間に余裕があるのなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

絶対に期待を裏切らない味がそこにありますよ。

美味小家

うまごやと読みます。

こちらもとんかつのお店です。先に紹介した「力」と力を合わせて、とんかつを山梨の名物にしたらいいのにと個人的には思います。

常連さんもたくさんあつまることお店。常連さんがたくさんできてしまうのにはワケがあるんです。そのワケを自分の目と口で知りに行きましょう。

ぶどうの丘 展望ワインレストラン

こちらのお店ではは甲州市勝沼ぶどうの丘にあるレストランとバーを掛け合わせたような場所です。様々な種類のある甲州ワインを飲み比べする事もでき、甲州ワインを贅沢につかった様々な料理を堪能する事ができます。

小林牧場直売センター 美郷 甲斐島上条店

ワインビーフを食べる事ができるこちらのお店。きめ細かい肉は歯切れがよく、とても柔らかい。それに加え、ほんのりと甘味もし、肉を食っている感じが体中に沁み渡ります。

当店では、赤ワインと共に食べる事をお勧めしていますよ。

美也樹

ほうとではなく、ただのうどんです。

そう言えば、少し聞こえがわるいですが、ただのうどんを舐めてはいけません。ここで出されるカレーうどんは地元の人から根強い人気があるんですよ。

吉田うどん ふじや

こちらでは、こしの強いうどんと馬肉を味わう事のできるお店です。メニューはもちろん、シンプルな吉田うどんもありますが、このお店の面白い所は味への探究心が飽き足らない所。

なんと、トマトうどんなるものもあるみたいですよ。

酒彩縁屋

カップルでお洒落に山梨を楽しみたいと言う方にはすごくお勧めです。

山梨県の名物達はもちろんのこと、お刺身や唐揚げといったような一般的なメニューも頼む事ができる汎用性抜群のお店です。

松風

horses-1414889_960_720

鹿肉を楽しむ事ができるこちらのお店。鹿肉は獣肉の内、臭みが少ない部類ではあるとはいえ、それが苦手とする人もいます。しかし、こちらのお店は調理の仕方を変える事でその臭みを一切なくすことに成功しました。

お値段も安いので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

ジャージーハット

小腹が空いたときのソフトクリームの美味しさは異常ですよね。

そんな我々の小腹を癒してくれるソフトクリームは当店で販売しています。山梨県民のみならず、山梨に観光する人ならぜひとも行きたいと言われているほど人気の店舗です。

アート・アーカイブス

山梨県立美術館にあるこちらのレストラン。

ミュージアムレストランならではのアートドリアは当店一番人気です。また、美術館そのものも観光地としてはかなりの価値のある物なので、行って見ると良いでしょう。

ちよだ

夏向けのほうとうである「おざら」を売っているこちらのお店。食べ方は、こちらの麺をゆでて、良く冷やしたとに、野菜やお肉といった具材たっぷりの温かいおつゆで食べるらしいです。

ふだん冷やしうどんは冷やしたうどんに冷たい麺つゆで食べている我々からしたら少し不思議ですね。

古民家麺処 かつら

古民家のたたずまいを残すこちらの麺処かつら。山梨にいながら京風のラーメンを食べられると言う一風変わったお店です。

ですが、その味はラーメン好きを唸らせる物があるので、ラーメンが好きな大学生やサラリーマンの皆様にはおすすめできる店舗です。

蓬莱軒 本店

こちらもラーメン屋さん。

どんぶりからはみ出るほど乗せられたとろとろのチャーシューは贅沢そのものです。ご飯もてんこ盛りについでくれるので、山梨旅行の締めに寄って行くのもありかもしれませんね。

シルクふれんどりぃ

食事・娯楽・入浴全てを行う事のできる総合施設です。その他、宿泊も行う事ができる、汎用性に富んだ施設ですので、もしもホテルや旅館に泊まれないと思ったら、迷わずこちらに連絡してみましょう。

特に、とまと焼きそばも有名ですので、ぜひぜひご賞味あれ。

みかど

馬刺しを食べる事ができる当店。昔は戦などで兵糧が尽きた際は、使えなくなった馬をつぶして食べていたらしいです。その栄養価は抜群で、低カロリー、低脂肪。ダイエットのため、お肉を禁じている人には嬉しいですね。

また、高タンパクで高ミネラルであるため、美容にも効果絶大です。

こちらの店はかなりリーゾナブルに提供してくれるため、馬刺しを食べるのであれば、ここに寄ってみてください。

みどりや

笹子餅を楽しむ事ができる当店。その創業は明治時代までさかのぼると、歴史の深いお店です。出てきた笹子餅のパッケージからしてもう歴史を感じさせるものがあるというくらいです。

もちろん、その味も歴史や伝統に裏付けされた物となっています。

谷村パーキングエリア

パーキングエリアのため、高速道路にあります。車でしか入れないのが難点ですが、ここでは、おつけだんごを始めとするほうとうやかっぱめしといったような様々な攻守料理を楽しむ事ができます。

そのため、車で山梨に来ようと思っている方は休憩がてら絶対に行くことをおすすめしたいです。

身延山御用 御菓子司 甘養亭

身延饅頭の専門店である当店。あんこに使う小豆は北海道から取り寄せ、饅頭造りのためにつかう水は身延沢の水を使用するという、筋金入りのこだわりがあります。

一個単位から買う事ができ、ぜひ、お試しに食べてみたいという方にもおすすめできるお店です。もちろん、当店には調理スペースの他に、カフェスイーツも併設してあるので、どうぞお茶やコーヒーでしっかり休んでから再出発しましょう。

桔梗屋

明治22年ごろに創設された老舗のお菓子店となっています。それから昭和に入ってから信玄持ちを始めとする、信玄プリンや信玄ソフトなどもここで生まれ、そして今でも販売されています。

清月 南アルプス本店

イタリアンロールを主軸にしているこちらのお店。生産者の方のこだわりが一口食べる事に見え隠れする伝説級の逸品です。なんでも、生産者の顔が見えない原料は使わないらしい。

しっとりとした口当たりに、甘すぎる事もくどい事もないクリームは口の中で幸せなハーモニーを奏でてくれることでしょう。

風月堂

ブドウ菓子月の雫を売っているこちらのお店。甲府駅から徒歩で12分と少しだけ遠くなってしまいますが、その贅沢な味わいには一目惚れをする事まちがいなしです。お値段も意外に安いので、お土産にするのも良いかもしれませんね。

まとめ

mt-fuji-1639637_960_720

いかがでしたでしょうか。山梨のグルメも捨てた物じゃないどころか、これだけ魅力がいっぱいなんです。

もちろん、この記事では紹介しきれなかったお店やグルメもたくさんあります。ぜひ、山梨旅行の際には、自分なりに山梨のグルメやおすすめのスポット・店などを探してみてはいかがでしょうか。

皆様の良き旅行をお祈りしています!


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …