Home / 旅行アクティビティ / 釣り / ハゼ釣りのポイント江戸川放水路で釣果をあげるためのハゼ釣りのコツ

ハゼ釣りのポイント江戸川放水路で釣果をあげるためのハゼ釣りのコツ

ハゼといえば天ぷらにすると美味しい白身の魚ですが、釣れる絶好のポイントとして江戸川放水路が上げられます。今回は、ハゼ釣りのポイント江戸川放水路で釣果をあげるためのハゼ釣りのコツ、に関して書かせて頂きます。

スポンサードリンク

釣れる時期

まずは釣れるシーズンに関してハゼは真冬以外を通して釣れる魚ですが、やはり釣れ易い時期や美味しい時期には偏りがあります。春先に生まれ夏から秋にかけて大きくなり、12月から1月にかけて卵を産み生涯を終える1年魚なので、釣れ易いのは夏場ごろになり、特に美味しい季節は秋から冬先になります。

ただ場所によっては、秋口がもっともよく釣れる所もあります。江戸川放水路ですと、6月初旬辺りから良く釣れ始め、釣れる量は減りますが美味しく身も大ぶりな物を狙われるのでしたら、10月の終わりから12月の初め辺りがお勧めです。

そして1日の内、どの時間帯が釣れ易いかですが、ハゼは潮に乗って浅瀬に来る習性がありますので、上げ潮の時を目指して釣りをされると絶好のタイミングになります。

道具

fishing-1572408_1280

ハゼは小ぶりですし、それほど大掛かりな道具は要りません。

ただ、江戸川放水路付近での釣りのように、護岸や浅橋などの足場がしっかりした所で釣るのとボートを借りて釣るのでは、好みの差程度になりますが、多少変わってきますので、その点を含めて書かせて頂きます。

護岸や浅橋などで釣る場合

まずロッドとしては、3.5から4.5メートルの万能ののべ竿や渓流竿で十分です。

ラインは、ナイロン製の1号から2号の辺りでお好みの物を選ばれると良いです。ハゼは遠投して釣るタイプではないので、遠投し易いPEラインは無理に使わなくても大丈夫です。

ハリスは道糸より細い0.8から1号辺りの物を。道糸とハリスとの接続には小さいヨリモドシを使われる事をお勧めします。

ウキは小型で見え易い、棒ウキか玉ウキが扱い易いのでお勧めです。オモリはガン玉や割りビシが適しています。

この時に気を付けたいのは、ウキの浮力に合わせ出来る限り少ないオモリで調節することを心がけると良いでしょう。

釣り針は4号から6号辺りで、釣ろうとされる獲物の大きさで変えていかれる事をお勧めします。

餌は、食いつきも良く手に入り易いゴカイがお勧めです。頭部を切って針に刺し、あまり長いと餌だけを取られますので、針から1センチ前後が出る程度にして、後は切っておくと良いでしょう。

ボート釣りの場合

釣り道具以前に、ボートから転覆する可能性も考えライフジャケットは必須です。

江戸川放水路の付近では、ボートの貸し出しをしてくれる所でライフジャケットも貸し出してくれますので、かならずしも自前の物を用意する必要は無いのですが、念の為に事前にその辺りはお調べください。

それと足元が濡れて滑る事もありますので、濡れても良く滑り辛いサンダルや長靴を用意されると良いかもしれません。

江戸川放水路付近のボートを貸し出してくれる所では、釣り道具や餌も貸し出してくれる所もありますので、その気になれば手ぶらでもハゼ釣りを楽しめますが、確実ではありませんので、そういった点でも事前にご確認下さい。

使用するロッドとしては、ボートの上ですとあまり大ぶりな物よりも小ぶりな物の方が扱い易いので、1.5メートルから2メートル程度の小ぶりの竿が適しています。

それ以外のラインやハリス、ウキやオモリに餌に関しては、護岸や浅橋などで釣る場合と同じ物で十分です。

釣り方

276c2df962e70d9442d27f75997137f4_s

まず、ハゼが居そうなポイントを目掛けて投げます。

狙い目のポイントとしては、満ち潮前後でしたら岸付近、江戸川放水路の付近では護岸や浅橋などの近くから狙える場所で、干潮時は少し深い場所に集まり易いので、ボートでそういった場所を目指すのが良いかもしれません。

基本的に餌が多く集まる所にハゼも集まりますので、そういった場所、護岸や浅橋などは狙い目です。ただし、そういった場所ですと小ぶりな物が多いので大物は狙い辛いです。

大物は、少し深い場所に行かないと釣れ辛いので、江戸川放水路ですとボートに乗って居そうなポイントに行くのが向いています。

そうしてポイント目掛け投げ入れた後は、オモリが沈みきるのを待ち、餌も目指したポイントに留まるまで待ちましょう。

ハゼはそれほど速い速度で餌に食いつく魚ではありませんので、着水した途端に糸を引いたりしても食いつきが悪いです。そのままアタリが来るまでしばらく待ちましょう。

アタリが来ない時の対処法

アタリが来ない場合は、ゆっくりとハゼの気を引くようにズル引きして誘うのも効果的です。

ただし根掛かりが多い場所ですと、障害物に引っかかってしまう事も多いので、水中で餌を跳ねさせるような動きをさせるのも良いです。とはいえ驚かれて逃げられない程度の動きにしておいた方が無難です。

そうして誘いを掛けた後は、ハゼが寄って来る間を空けておく必要がありますので、繰り返し間を空けずに誘いを掛けるのはお勧めしません。

これら以外でアタリが来ない時の対処法としては、ハリスの長さやオモリを変えてみたり、餌も定期的に取り替えておきましょう。

そういった事をしてもどうしても釣れない時は、ハゼが周辺に居ない事が多いので、場所を変えた方が無難です。

アタリが来ても釣れない時は

釣りをしていると食いついたアタリが来たと思って慌てて引くと、餌だけ取られて釣れない事もよくあります。

こういう場合は、巧くアワセが出来ていないことが多いです。

アワセは、アタリが来た時に竿を立て針が引っ掛かり易くするやり方です。慣れていないと難しいかもしれませんが、回数をこなすと自然と出来るようになりますので試される事をお勧めします。

そういったアワセを行っていても、ハゼが小さく、餌や針が大き過ぎる時は釣れ辛いので、そういう場合は針や餌を小さい物に付け替えた方が良く釣れます。

そういった物を抜きにして、単純にハゼが手強い場合があります。夏の初めは生まれてからそれほど経っていないので、警戒心も薄いのですが、季節が深まれば深まるほど学習して警戒心が強くなっています。

江戸川放水路ですと、初夏の頃から釣り人に釣られ易いハゼはさっさと釣られ、秋から冬の初め辺りに生き残っているハゼは手強いものが多いので、釣るのが難しくなります。

ただ、そうして生き残っているハゼは大物が多いので、狙われてみるのも楽しいと思います。

以上で簡略ではありますが、ハゼ釣りのポイント江戸川放水路で釣果をあげるためのハゼ釣りのコツに関して書かせて頂きました。少しでも、読んで頂いた皆さまのお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク