Home / 国内旅行 / 北海道 / 十勝観光なら外せない魅力的な観光スポット5選

十勝観光なら外せない魅力的な観光スポット5選

北の大地・北海道の大自然に憧れて、いつかは旅行に行ってみたいと思われている人、または行ったことはあるけれど、もう一度行きたいと思っている人、北海道マニアのリピーターさんなど、色々いらっしゃるかと思います。

北海道と一言でいっても、とにかく広いですし、各地域に特色があり、色んな魅力を楽しむことができますので、何回行っても飽きないのが北海道の素晴らしいところです。

北海道の中でも特に十勝地方は、広大な十勝平野を有し北海道の南東に位置する地域で、帯広市の豚丼を始めとして、グルメなお店が点在しており、一年を通して観光客で賑わっています。

そこで今回は、十勝エリアの外せない魅力的なおすすめ観光スポットをご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

1.六花亭・帯広本店

北海道土産には定番の六花亭のお菓子ですが、北海道にある実際の店舗を訪れると、店内にイートインがあってコーヒーサービス等も充実している店舗もあるのはご存知ですか?

六花亭のお菓子は甘過ぎなくて上品な味のものが多いですし、色や形もかわいいので、ついつい色んな種類を買ってしまいますし、店内にイートインがあると友達とのおしゃべりにも花が咲き、長居してしまいそうですね。

とにかく、六花亭は色んな意味で楽しめるお菓子屋さんなのです。六花亭・帯広本店の2階にも、六花亭のお菓子やケーキがゆっくり楽しめるカフェが併設しています。いつもの北海道土産では見たこともないような美味しそうなスイーツが沢山並んでいますよ。

是非とも地元ならではの味をゆっくりと楽しんでみてくださいね。お土産の購入も忘れずに。

2.オンネトー

オンネトーは、知る人ぞ知る北海道の秘境で、まるで絵の具で色をつけたような綺麗な青色の沼です。北海道の地名にはよくありますが、名前の由来はアイヌ語から来ていて、「年老いた沼」とか「大きな沼」などという意味を持っています。

火山の噴火によって出来上がった沼であるため水質が強酸性で、魚は生息することが出来ません。透き通った湖水を覗き込むと、中に枯れて沈んだ木や枝が絡み合っている様子がよく見え、神秘的な景観を作り上げています。

オンネトーの周辺には気軽に歩ける散策コースがあり、場所や時刻によって様々に色を変える水面を楽しむ観光客で賑わっています。雄阿寒岳への山登りを楽しむ人にとっては、オンネトーが登山口となっていますので、外せない観光スポットになっています。

また、周辺にはオンネトー湯の滝という景勝地もありますので、こちらにも足を運んでみると良いかもしれません。

3.十勝川温泉

この温泉の泉質は、世界でも珍しい植物性モール温泉で、北海道遺産にも認定されています。

植物性モール温泉とはどんな温泉かというと、温泉を汲み上げる土地が植物起源の有機物を多く含む場合、湯船が泥炭のようなコーラ色になる温泉で、つるつるした感触があるのが特徴です。泉質としては、塩化物・炭酸水素塩泉ですが、火山性の温泉とは違って温度はあまり高くないようです。

温泉周辺には、十勝が丘展望台、十勝が丘公園、白樺並木など北海道の大自然をたっぷりと満喫出来る場所が沢山あり、そんな大自然に囲まれながらの温泉入浴は心も身体も癒されること間違いなしです。

日帰り温泉も楽しめますが、露天風呂のついたお手ごろ価格の宿泊施設も豊富にありますので、北海道の食を満喫しながらゆっくりするのもいいかもしれませんね。

4.池田ワイン城

ワイン好きな人にはたまらない、ワインをたっぷりと堪能出来る観光地が池田ワイン城です。

池田ワイン城は、別名を池田町ブドウ・ブドウ酒研究所と言って、町営の十勝ワイン製造工場となっています。外観がヨーロッパの古城のようだということで、こんな呼び名がついたのだそうです。

入館料金はなんと無料で、様々な展示を楽しめますし、無料試飲コーナーでワインの試飲まで出来てしまいます。屋上展望広場では、広大な大地の景観を楽しむこともできますよ。

また、ワイン城の中にあるレストランでは、地元の旬の食材を使用した美味しい料理がビュッフェ形式で楽しめるようになっています。この地方は肉も野菜も美味しいので、料理はかなり期待が出来ますね。

しかも一緒に美味しいワインも楽しめるとあれば、これは行かないわけにはいきませんね。

5.愛国駅と幸福駅

愛国駅と幸福駅は、その昔、国鉄広尾線の駅でしたが、「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズとともに、この2つの駅で切符を購入すると幸運を呼び込むということで大変有名になり、当時は1,300万枚もの切符が販売されたのだそうです。

駅としての機能は既になくなっていますが、現在愛国駅は交通記念館に、幸福駅は鉄道公園になっており、今でも各駅の売店にて切符が販売されています。

愛国交通記念館では、当時使用されていた駅の備品や乗車券、駅スタンプ、写真パネルなどが展示されていますし、路線上には蒸気機関車も展示されています。電車好きにはたまらない観光地ですね。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …