Home / 国内旅行 / 京都 / 東福寺周辺で美味しいランチを楽しめるレストラン6選

東福寺周辺で美味しいランチを楽しめるレストラン6選

東福寺周辺の街並みは観光地というよりも昔ながらの商店街・住宅街で、駅前にある本町通り沿いの商店街や周辺の住宅街の中に小規模な飲食店が点在しています。この地域にある飲食店は地元の人向けのお店が多いので、お手頃な価格でランチが食べられるお店がたくさんあります。

大通りに面していないお店は地元の土地勘がないと見つけるのが大変なので、スマートフォンかタブレット端末の地図検索機能を利用して探すと便利です。

スポンサードリンク

大黒ラーメン 東福寺店

cd35e46b7d4c67a2f28b3f721b5a5089_s

京都のお寺は広くて坂や石段が多いので、半日散策するだけでもかなりの運動になります。疲れて汁物が欲しくなった場合には、駅前にある「大黒ラーメン 東福寺店」がおすすめです。大黒ラーメンはワンコイン(500円)でラーメンが食べられるということで、地元の人に大人気のお店です。

ラーメン大盛りが630円で、ご飯(並)100円、餃子200円と、サイドメニューもお手頃価格です。ラーメンのスープは豚骨ですが、あっさりしているので疲れていても食べやすいです。お店を出る際に、次回から有効の割引券(100円引き)が貰えるので地元の学生に大人気のお店です。そのため夕方に入店しても部活帰りの高校生で賑わっています。「大黒ラーメン 東福寺店」の場所ですが、JR東福寺駅を出て右前方にあるのですぐに見つけることができます。

リトルドラゴン

駅の近く(本町通り沿い)にある喫茶店「リトルドラゴン」では、昔ながらの洋食メニューのランチが食べられるお店として人気があります。このお店で観光客に大人気のメニューは「かつめし」「ドラゴンカレー」です。地元の人には日替わりランチが人気があります。常連客とマスターが談笑するようなアットホームな雰囲気のお店で、1,000円前後でボリュームたっぷりのランチが食べられます。

がんち

cf040216b25f0dc47fd3eac204519db3_s

ボリュームのあるお肉が欲しいのであれば、とんかつのお店「がんち」がおすすめです。良心的なお値段で、お昼時になると地元の人で混雑するお店です。小さなお店なので、10人ぐらい入店したらすぐに席が埋まってしまいます。

ランチは少し早目(11時台)に入店すればすぐに席に着くことができます。一番のおすすめはヒレカツ定食(1,300円)です。赤味でヘルシーな柔らかいヒレ肉のとんかつです。定食のサイドメニューも充実していて、スープもおすすめです。ヒレカツ定食以外にもボリュームのあるロースカツ定食(1,200円)もおすすめです。ほかにも海老フライ定食や貝柱フライ定食などがあります。「がんち」の場所は九条通の北側の住宅街の中にあり、京都第一赤十字病院の向かい側の住宅街を入った場所(東山区泉涌寺五葉ノ辻町13-14)にあります。泉涌寺道より一筋南に入った場所にあります。お昼時になると付近にとんかつの香りがします。

ここはな

337ed7171e6b5bdf1d7beea398d09750_s

少し遅めの時間でお茶と軽めのランチが食べたいのであれば、駅の近くにあるカフェ「ここはな」がおすすめです。「ここはな」大黒ラーメンの向かいにあるカフェで、オレンジ色の建物が目印です。店内は鮮やかな紅色で、椅子席と座敷があります。

「ここはな」のおすすめは「恋パフェ」(700円)です。他にも「石焼ビビンバ」や「石焼カレードリア」もおすすめです。このお店は女性に人気があり、女子会に利用する地元の人も多いです。実はこの「ここはな」では縁結びのミラクルが起きる!と話題のカフェで、雑誌やメディアにも取り上げられるほど有名なお店です。アクセス方法は、駅を出てから右に進むと交差点がありますが、交差点の北西角に位置しているのですぐに見つけることができます。

高澤

京都第一赤十字病院の裏側にある「高澤」では、ちょっと贅沢な気分で本格的な京料理が食べられるお店として有名です。地元の人も法事やその他の仏事などの後によく利用するお店です。「高澤」は元々仕出し屋でしたが、60年前に料亭としてお店がスタートしました。

お店の中には和風の庭園があり、庭を眺めながらゆっくり食事を頂くことができます。おすすめの昼食メニューはお弁当(税別3,000円)で、秋に訪れると「紅葉弁当」となります。全体的に薄味で上品な味付けですが、しっかりダシの味がきいています。お店へのアクセス方法ですが、京都第一日赤病院の北側の路地を南東に入って少し歩いた場所にあります。

そば茶寮 澤正

泉涌寺の参道を北に入った住宅地の中にある「そば茶寮 澤正」では、蕎麦料理を中心とした本格的な茶懐石料理が頂けます。こちらのおすすめは「昼のそば会席」(4,200円または6,200円)です。落ち着いた雰囲気の店内で、上品な会席コースを頂くことができます。

昼食であれば午後12時~午後2時半です。落ち着いた雰囲気でゆっくり食事ができるようにとの配慮で、小学校高学年未満の子供の入店は断られます。アクセス方法ですが、泉涌寺道の途中で北側に階段で下りる道があり、お店は階段を下りて住宅地の中を進んだ場所にあります。分かりにくい場所にあるので、スマートフォンやタブレット端末の地図検索機能(お店の所在地:京都市東山区今熊野剣宮町33-22)を利用して確認しておくことをおすすめします。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …