Home / アジア / タイ / タイへの航空券を格安で購入する方法と注意点

タイへの航空券を格安で購入する方法と注意点

世界中の旅行者にとても人気のあるタイ。そこには、ショッピング、グルメ、スパ、ビーチリゾート、世界遺産の寺院などなど魅力がたくさんあります。

タイには、スワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、チェンライ、プーケット、ハートヤイ、サムイ、ウタパオ、ウドーンターニー、ピサヌロークの国際空港があります。

今回は、日本からこれらの空港へ直行便、あるいは乗り継ぎ便で行かれる旅行者のために、タイへの航空券を格安で購入する方法と注意点を以下にご紹介します。

スポンサードリンク

おススメの海外旅行比較サイト

%e3%82%a2%e3%83%a6%e3%82%bf%e3%83%a4%e9%81%ba%e8%b7%a1

インターネットで「海外」「格安」「航空券」などで検索すると、多くの格安航空券販売サイトがヒットします。

それぞれ長所や短所があり、この中からどこが一番安い航空券を購入できるのか迷われた方も多いと思います。

そんな時は、海外旅行比較サイトの「トラベルコちゃん」がおすすめです。

このサイトでは、片道、往復、複数都市などの航空券タイプ、出発地、目的地、日程などを入力すると、LCC(格安航空会社)も含めた約340社の中から条件に合った航空券を検索してくれて、その結果を一目で比較することができます。

さらに、乗継回数、出発、到着時間、所要時間だけでなく、アライアンス別(航空会社のグループ系列)、航空会社別、旅行代理店別など細かい比較も簡単にできて便利です。

あれこれサイトを見て回るよりも、「トラベルコちゃん」は時間と労力が節約できますのでおススメです。

ホテルなどと合わせて安くする

現地でホテルなどの宿泊施設に宿泊する予定があるのでしたら、海外ホテル予約サイトでの購入がおススメです。

代表的な海外ホテル予約サイトには、H.I.S.やエクスペディアなどがありますが、こういったサイトではホテルや航空券のほかに、現地ツアーの予約などのサービスもあり、ワンストップで旅行計画が立てられます。

さらに、そのサイトが発行するクーポンやポイントを使って航空券、ホテルなどを組み合わせて予約すると、さらにディスカウントすることができますので、結果的に航空券をお得に手に入れることになります。

これらの海外ホテル予約サイトで予約した場合、航空券、宿泊代、空港使用料、燃料サーチャージ料などトータルで示した金額ですから、格安航空券のみを購入した場合との比較もできるので便利です。

また、会員登録しておくと、定期的にメールマガジンが送られてきて、宿泊代の大幅割引の案内がくることもありますので、会員登録は無料ですから、そこから始めても良いですね。

ツアーを使う

%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e9%a2%a8%e6%99%af

ツアーといっても、航空券とホテルがセットになっているだけのものが多いので、この中からお好みのツアーを選ぶことで良いのですが、さらに、LCCを使ったツアーのほうがさらに安くなる場合があります。

注意点としては、LCCの多くは受託手荷物などに追加料金が発生し、また機内でのドリンクやフードなども有料ですので、これらを含めて総合的に検討することが大事です。

また、1人でのツアー参加の場合は追加料金が発生しますので、この点もご注意ください。

PEX を購入する

PEX(Special Excursion Fare)は、航空会社で直接販売している正規割引運賃航空券(以下、PEX航空券)のことです。

これに対して、格安航空券は旅行会社のツアー用の航空券のバラ売りで、航空会社では購入できません。

PEX航空券は、予約と支払いを72時間以内に行うという条件をつけて安価に販売されています。

格安航空券にはオンシーズンなどの条件による相場の変動はありますが、定価自体はありません。また、人気があり混雑する行き先ほど値段が高くなる傾向にあります。

一方、PEX航空券には定価があり、半年や1年といった単位で値段が決められていますので、需要が多いからといって急激に値上がりすることはありません。

そのため、オンシーズンの料金が格安航空券より安くなるケースがあります。

ツアー航空券の場合、予約時に航空会社が確定しない、あるいは出発間際まで便が確定しない、また、格安航空券の場合では、座席指定ができる航空会社は多くありません。

その点、PEX航空券は予約時点で搭乗便はもちろんのこと、座席の指定ができて安心です。

さらに、PEX航空券は航空会社が設定する正規の割引航空券なので、マイレージ特典もアップグレードもできる利点があります。

このPEX航空券にはいくつか種類があり、また行き先によっても条件が異なりますが、予約したあとに手数料を支払うことで便を変更できるものもあります。

なお、PEX航空券はオンシーズンでなくても、格安航空券より安いものが出ていることがありますので、料金は常にチェックしましょう。

提携クレジットカードで手に入れる

少し時間はかかる方法ですが、マイルを貯めて航空券(以下、特典航空券)に引き換えることができる方法もあります。

航空会社では、国際ブランドのクレジット会社と提携したクレジットカードを発行しています。

この提携クレジットカードで日常の買い物や公共料金などを支払い、そのポイントを貯め、さらにポイントを航空会社のマイルに移行して、特典航空券に交換するという方法です。

ただし、航空会社、あるいはカードの種類によってはマイルに移行する際のレート、移行の手数料、シーズン別に必要な最低マイル数など、さまざまな規定があります。

そのため、提携クレジットカードを選択する際は、これらの条件を総合的に検討する必要があります。

オフシーズンを選ぶ

日本からタイへの航空券が一番高い時期(ハイシーズン)は、ゴールデンウィーク、夏休み、それに年末年始です。

そのため、航空券を安く購入したいのでしたら、この時期を少しずらした5月中旬から6月、10月中旬から11月あたりが狙い目になります。

また、最近では中国からの観光客が増えている関係で、中国の大型連休期間、あるいはタイから日本への旅行者も増えていますので、タイの大型連休期間なども航空券が高くなっているようですから、これらの時期を避けることでも航空券を安く購入できます。

まとめ

%e7%a9%ba%e6%b8%af%e3%81%a8%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f

今回のタイへの航空券を格安で購入する方法と注意点はいかがでしたか。

主な購入方法としては、海外旅行比較サイト、海外ホテル予約サイト、ツアー、正規割引運賃航空券(PEX)、提携クレジットカード、オフシーズンを選ぶ、といったポイントをご案内しました。

また注意点として、LCCの場合には受託手荷物などに料金が発生する、また、1人でのツアー参加の場合に追加料金が発生する、さらに、中国やタイの大型連休期間にも航空券の価格が変動する、といったことでした。

これらの中で、少しでも参考になるものがあればうれしい限りです。


スポンサーリンク

Check Also

バンコクへの航空券を格安で購入する方法とポイント

世界で最も人気のある観光都市の …