Home / 国内旅行 / 旅行の計画中に恋人がそっけなくなる理由と解決策

旅行の計画中に恋人がそっけなくなる理由と解決策

二人で楽しみにしていた旅行の計画中に急に恋人がそっけなくなってしまう時ってありますよね。

好きな人と多く時間を一緒に過ごすことのできる旅行が楽しみで仕方がないのに、相手が急にそっけない態度をとってくると不安になってしまいます。

本記事では、恋人が急にそっけなくなってしまう理由とその解決方法についてご紹介していきます。二人の関係を見つめ直して、旅行デートをより楽しめるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

1.旅行デートの前に男性が好きな人にそっけなくなる心理

男性は女性に比べて感受性が強くはなく物事を単純に考えてしまうところがあります。このスタンスは仕事も恋愛でも変わりません。そんな男性も好きな女性にそっけない態度を取ることがあります。そこにはどんな理由があるのでしょうか?

男性は女性ほど恋の駆け引きが上手くないので、意識する女性に対して自分に自信がなく、気持ちを悟られたくないとき急にそっけなくなります。そしてまた男性は女性によく思われたい常にカッコつけていたいと思っています。

好きな人から話し掛けられてもクールを装って、そっけなくするのがカッコいいと思っているのも男性心理の特徴です。自分の弱さを人に見せたくないという気持ちが、そっけない態度を取らせるのですが女性に比べて理由ははるかに単純なものが多いですね。

1.周りからひやかされて冷めてきてしまった

自分のことを冷静に客観視できる人は少ないですが、人のことは何となくよく分かることがありますね。例えば男性同士で「ひょっとしてお前◯◯ちゃんのこと好きだろう」などと言う会話がかわされることがあります。

まだ自信が持てない状態でそんな指摘を受け、それが図星であればあるほどほとんどの男性は「そんなことはない!」と否定します。ガールズトークに比べ男性同士の会話における恋愛の話題の比率はかなり低いと言えます。

それは男性が自分が誰かを好きだということが、周りに分かってしまうのを恐れているからなんですね。特にそれが片思いのときなら余計に自分の気持ちがバレないようにします。その結果好きな相手にわざとそっけない態度を取ることがありますが、そんなときの男性は複雑な心境だと言えますね。

2.現実的に障壁の多すぎる相手を好きになってしまった

tsuyoshi-31_tp_v

「恋はするものではなく落ちるもの」という言葉もありますが、人を好きになるときは嫌いになるときほど理由を必要としませんね。例えば相手が既婚女性だったり、友達の彼女だったり、明らかに自分を友達としか思っていない女性を好きになることだってあります。

好きになってもどうしようもない、そんな人を好きになったら、自分の心にブレーキを掛けなければいけないと男性は潔く自ら身を引こうとします。そのためにはその人の存在を、自分の頭の中から追い出してしまうしか方法はありません。

そうなると今までと同じような接し方をする訳にはいかなくなりますね。もうこれ以上仲良くできないそんな思いが男性にそっけない態度を取らてしまいます。

辛い決断ですがこういう場合は女性よりも男性の方が、ブレーキを掛けられる傾向にありますね。

3.最近好きになり過ぎて接し方がわからなくなった

それまでは普通に接していたのにあるとき相手を異性として意識したとたん、どんな風に接していいのか分からなくなった。これは多くの男性が経験していることですね。

好き好き度全開で接したら確実にドン引きされるだろうし、かと言って好きになってしまった今は、前と同じように接することはできないし・・・。もう完全に気持ちはパニック状態ですね。しかしそれを相手に知られるわけには行きませんね。

その結果そっけない態度を取ってしまう。これも恋愛の経験値の少ない男性にあちがちですが、男性なら多かれ少なかれ共通している部分ですね。これを克服するのはまず話しをするときなど、少しだけ相手との距離を近くしてみましょう。

あえて相手の手の届く距離まで近づく機会を、少しずつ増やして行きましょう。さりげなく自分の領域に入って来られると人は相手を意識するようになります。適度に少しずつがポイントです。くれぐれもやり過ぎは禁物ですよ。

4.どんどん好きになりすぎて嫌われるのが怖い

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

相手を好きすぎて上手く喋れない普段の自分が出せない、これもよくあることですね。少しでも相手に好印象を持ってもらいたい、カッコよく自信あふれた男性だと思われたい。

そう思えば思うほど自分を見失ない、硬直してしまったり応対がしどろもどろになったり。もうほとんど挙動不審状態ですね。これでは相手の女性もどう接していいのか分からなくなりますね。

こんなときは無理に1対1で自分から話しかけようとしないことが肝心です。例えば誰かと話しているとき何気なく入って行くとか、ハードルの低そうなところからチャレンジして行きましょう。

2.旅行デートの前に女性が好きな人にそっけなくなる時の心理

一般的に男性より女性の方が恋愛に対しては受け身と言われています。男女の性差がそうさせるのでしょうか?最初の「告白」や付き合ってからの「デートプラン」そして「プロポーズ」これらはほとんど男性主導で行われますね。

つまり好きな男性に何らかのアクションを起こして欲しい、そしてその心地よさを味わいたいそれが女性の自然な感情です。女性が好きな男性にそっけなくなる、それは好きな人にさり気なくアクションをうながすサイン。

そのサインを上手くキャッチしてくれるのを待っている、好きな人だからこそ早く気づいて欲しいからこそ、そっけなくしてしまうのが女性の心理と言えるでしょう。

1.旅行デートにピークを持ってくるために駆け引きを始めた

男性は比較的自分の気持ちをはっきりと口にする場合が多いですが、女性は自分からは積極的行動や意思表示せず、相手に仕向けるようにする。無意識のうちにこのような行動を取ることがあります。

その点から見ると恋愛においては男性よりも女性の方が駆け引き上手です。やはり女性が受け身であるからでしょうか?態度やしぐさで相手に気持ちを伝えたり、それとなく他の男性の存在を匂わせることもあります。これは女性ならではの特徴だと言えますね。

しかし駆け引きもやり過ぎは、男性から遊び上手だと思われるので落とし所を間違えないようにしましょう。

2.自分に夢中になってほしくて拗ねている

男の子が好きな女の子にわざと意地悪をしたり、乱暴な口をきいたりして相手の気を引こうとすることがありますね。男性が相手の気を引こうとするときは、積極的に接触したがるのに対し、女性は真逆の態度を取ることがあります。

あまり視線を合わさないようにしたり、そっけない態度を取ってみたりメールの返信をいつもより遅くするなど。これは普段と違った反応をすることで、相手に「どうしたんだろう」と思わせ自分のことを気にかけて貰いたいことの表れです。

冷たくすることで好きな男性にとって、自分の存在感をもっと大きくしたい。もっと自分の方を向かせたい。これも女性特有の心理だと言えますね。

3.相手をどんどん好きになって上手くしゃべられない

ev185143024_tp_v

素直になりたいのに好きな人に対して素直になれない。このような心の状態は何故起こるのでしょうか?心理学ではこれを「自己価値観の否定」だと言われています。

「自己価値観」とは自分で自分を認めることで、素直になれないのは自分に対して「無価値観」の表れだとされています。素直に気持ちを伝えて拒絶され傷つきたくない、プライドが邪魔をして強がってしまうなど。これらはすべて「無価値観」による自己否定から起きる現象です。

言いかえれば自分に自信がないから気持ちを素直に表現できないということですね。素直になりたいのになれない、それはあなたが自分に自信が持てないのが原因です。それでも無理に素直になろうとすると、余計気持ちが混乱してしまいますね。

そんなときはまず自分ひとりでできることから始めましょう。今自分がしたいことは何なのか?それを自分に問いかけてみて下さい。どんなことでもOKです。自分の声に蓋をせず耳をかたむけて下さい。まずは自分に素直でいること!

自分の気持ちを大切にすることで、人に対しての素直さが徐々にあなたの中で育って行きます。

4.相手に気づいてほしいことがある

「あうんの呼吸」という言葉がありますね。何も言わなくても互いが互いを分かり合えるという意味で使われる言葉です。女性が好きな人に望むこと、それがこの「あうんの呼吸」です。

女性は言いたいことがあってもそれを言葉にして相手に伝えるのではなく、あらゆるサインを出して相手に分かって貰おうとしますが、それは相手に言葉にできない思いを汲み取ってほしいという本音の表れです。

人は誰にでも自分を分かってほしい、自分を認めてほしいという承認欲求を持っています。特に女性は好きな人に対して男性よりもその承認欲求が強い傾向にあります。

「私のことなんか誰も分かってくれない」こんな言葉を口にしたことはありませんか?これは周りを否定するというより、無条件に自分を受け入れてほしいとうい気持ちの表れです。つまり相手に求めているのは、理解して思いを共有してほしいという感情です。

意識としての「同型性」を求めることによって安心感を得たいということですね。ただ男性は女性の気持ちを「察する」ことや「汲み取る」ことが苦手な人が多いのも事実です。

「言いたいくないけど分かってほしい」と思っても「言われなくて分からない」と考えるのが男性です。モヤモヤした気持ちを抱えているより、時には「伝えることが思いやり」そんな風に考えてみてはいかがですか?

5.好きになって欲しいより嫌われたくない

takebe055122916_tp_v

嫌われたくないから好きな人にそっけない態度を取ってしまう。いわゆる「好き避け」の典型的なパターンですね。これは女性の自己防衛がそこに働いているからですが、同時に大きな矛盾を抱えた行為でもあります。

男性は女性が思っている以上に恋愛に対して、繊細で気弱な一面を持っています。そっけない態度を「好き避け」」なのか「嫌い避け」なのか、冷静に判断できる男性は多くありません。

そして嫌われたくないや素直になれないなどの「好き避け」、それはすべて自分の気持ちににフォーカスをあてたものですね。それを理解できない男性は急にそっけない態度を取られると、「嫌われたんだな」と早とちりしてしまう場合があります。

嫌われたくない気持ちが行き過ぎると「嫌われたくないあまり嫌われたと誤解させる態度をとっている」。そんな矛盾に陥ってしまいます。自分の気持ちだけに向いている視線を、外に向けてみる習慣をつけましょう。人を理解しうようとすることによって、自分をもっと理解できるようになれますよ。

6.相手を意識しすぎて照れ隠しをしている

好きな人に自分の気持ちを知られたくない、特に相手が自分に好意を持ってくれているのか分からないときはそう思いますよね。表情や話し方で相手に自分の気持ちを悟られたくないから、それを取り繕うため照れ隠しでそっけない態度をとってしまうことも。

相手を異性として意識し始めの頃は余計恥ずかしくて、いつもと違う接し方をしがちですね。不安と緊張で相手との距離感が分からなくなる、これは間違いなくあなたが恋愛の入り口に立ったことを示すものです。

しかしこの状態があまり長く続くと、あなたの感じている不安や緊張を相手も感じてしまうことになります。入り口に立ったら思い切ってドアをノックしてみることも必要ですよ。案外あっけなくドアが開かれるかも知れないのですから。

7.もっとかまってほしいアピール

pak72_kirainajyousi20140810134221_tp_v

こっちを向いてほしい、かまってほしい、愛されたいときなど女性は拗ねてみせることがあります。これは子供がわざと拗ねたりイタズラしたりして、母親にかまって貰いたいときと同じ感情です。

比較的恋愛の経験値が少ない、駆け引きが苦手な女性がこういう態度を取ることが多いですね。寂しい気持ちの裏返しと言える行動ですが、お互いの気持ちを確認していない状態で、あまり拗ねた態度を見せると「気に入らないことがあると、すぐに拗ねる人だな」と思われるので注意したいですね。

3.二人の関係がそっけなくなってしまった時の解決方法

男女がそっけなくなるのは必ずそこに理由があります。相手が急にそっけなくなったらその理由が知りたくなるのも無理はありません。しかしそっけない態度は無言の意思表示でもあります。

そんなときいきなり相手に感情をぶつけてしまうと、感情のぶつかり合いになってしまいますね。では急に相手がそっけなくなったらどう接したらいいのでしょう?

1.素直に気持ちを打ち明けて話し合う

相手が急にそっけなくなると不安になります。だからと言って感情的にならず素直に接するようにしましょう。素直に接することは自分の感情だけを主張しないで、相手の気持ちを受け入れるという意味でもあります。

客観的になって相手の主張に耳をかたむける。素直は思いやりの気持ちだと思って相手に接するように心がけましょう。

2.二人だけの時間を持って関係を見つめ合う

tsu745_kanransya_tp_v

あなたは「つり橋効果」という言葉をご存知ですか?

1974年カナダの心理学者ダットンとアロンがつり橋を使って実験をした結果をもとに提唱した学説で、不安や恐怖を感じているときに出会った男女は恋愛感情を持ちやすくなる効果のことです。

これは例えばつり橋のような特殊な状況でしか得られない効果のようですが、意外なことに身近にもあることあり得る現象なんです。例えば二人の時間を作って遊園地に行くったりスポーツを一緒にするのも、面白い映画一緒に観に行くのもいいですね。

このような時間を楽しい時間を共有することによって、心拍数が上がったり非日常でのドキドキがつり橋効果の役割りを果たしてくれます。定期的にそんな二人の時間を作ることで、そっけなくなった二人が新鮮な恋愛感情を取り戻すことができます。

これは一度試してみる価値はありますよ!

3.配慮しながらもお互いに遠慮せずに言い合う

言いたいことを言い合うことはとても大切なことです。恋愛はある種のストレスを生む要素がありますね。そっけない原因がそんなストレスであるのなら尚更そうすべきです。

言いたいことを言い合うということは、お互い好き勝手に自分の考えを主張するということではありません。それは互いを受け止め合うことです。

自分も言いたいことを言い、相手の言いたいことを受け止める。恋愛は常に「ウイン・ウイン」の関係でなければなりません。言いたいことを言い合うのは、受け止める気持ちを忘れないこと。これが肝心ですね。

4.嫌なことを我慢せずに嫌だと言う

長続きする恋愛をしたいなら互いに我慢が必要だという意見をよく耳にすることがありますね。果たして本当でしょうか?我慢するということは言いかえれば価値観の強要になります。

価値観は人それぞれですが恋愛において、価値観を共有することは大切なことですね。それが共有ではなく強要になると心地よい人間関係を構築して行くことはできません。

我慢はいつか無理を生みます。そして無理をし続けると必ず破綻します。どちらかが我慢するのではなく、互いの価値観を尊重し合って作り上げて行く、そんな関係でありたいですね。

5.お互いの色々なことを質問してもっと知る

言葉はコミュニケーションの第一歩です。恋愛中の言葉のやり取りはただの情報伝達としてのツールではなく。伝え合い紡ぎ合い相互理解を深めて行く大切な手段です。

どんな些細なことでも、些細なことだからこそおろそかにしないで喋り合う。それが二人の絆を深めることにつながります。喋り合うということは心を開き合うということです。

互いの心を開放するためにどんなことでも喋り合う習慣をつけるようにしましょう。

まとめ

人間の感情には波があります。それはさざ波だったりときには大波もやって来ます。特に好きな人が急にそっけない態度になれば心が波立ちますね。

それはそっけない態度を取る側も、取られる側も同じです。不安は心を乱します。しかしそんなときこそ感情的にならず、冷静に状況を判断し相手と接することが大切です。

男性が好き過ぎてどう接していいのか分からないように、女性もまた同じなのかも知れません。ひとつのことをネガティブに捉え、感情的にならないでもう一度冷静になりましょう。

それがきっかけで二人の絆がより深いものにるように、ポジティブさを失わないように幸せを引き寄せるのも、あっけなく手放してしまうのもあなた次第なのですから。


スポンサーリンク

Check Also

香川県のうどんの歴史と種類別おすすめうどん店ランキング

香川県といえば讃岐うどん、讃岐 …