Home / 国内旅行 / 北海道 / 白い恋人パークの魅力と楽しみ方

白い恋人パークの魅力と楽しみ方

北海道は日本における人気観光地ナンバーワンです。日本の中でも陸続きの隣県が存在しないのは北海道だけですから、どの府県から訪れるにしても北海道への移動は必ず海を渡る必要があります。

そのため、より旅行の気分が高まるといえます。

スポンサードリンク

北海道の人気グルメ

北海道旅行が人気を集めていることにはたくさんの理由があります。まずは食の宝庫であること。北海道は海に囲まれた地形から非常に多くの海産物に恵まれています。北海道を訪れたなら、一番に食べたいものは海鮮料理だという方も少なくありません。

中でもカニやイクラ、ウニなどは特に人気がありますが、国内でこれらを食べられるのは北海道に限りません。それでも人気があるのはやはり新鮮さに鍵があるでしょう。

日本のどこにいても海産物は食べることができますが、北海道で水揚げされ、輸送されているため鮮度は落ちてしまいます。冷凍処理が不可欠となりますから、生の味をしっている人は意外と少ないかもしれません。

北海道の酪農

そして北海道らしい景色としてもイメージが強い酪農も日本で一番盛んに営まれています。
乳製品や食肉ももちろんおいしく食べることができることや、北海道のご当地グルメであるジンギスカンも観光客には人気の料理のひとつです。

道産の野菜やお肉、海産物を食材に使ったスープカレーも人気があります。

日本人が皆大好きなラーメンも北海道は地域によって味が違います。札幌は縮れ麺の味噌ラーメン、旭川はストレート麺の醤油味、函館は塩、そして全国的にはあまり知られていませんが、室蘭のカレーラーメンも道民には有名です。

北海道での移動

北海道へ訪れた際は、食べたいものがありすぎて日程が足りないという方も多いでしょう。

そんなときは旅先に札幌を含んでおくと、食べたいものが一挙に食べられます。御存知の通り北海道の土地は広大です。一日で道内をまわりきることはとてもできません。

札幌以外にも有名な観光地には函館や旭川などがありますが、札幌と函館の距離はJRの移動でも3時間半を要します。レンタカーなどで移動する場合は5時間程度を見込んでおく必要があります。
日程に余裕がある場合は多くの観光地を回るルートもおすすめですが、移動時間が多くなってしまうため、効率よく楽しみたい方には飲食店が揃っている札幌を中心にしたルート計画が良いでしょう。

札幌の白い恋人パーク

札幌市内にも観光地は多く存在しますが、週末平日を問わず人気がある場所は白い恋人パークです。

白い恋人は札幌銘菓として人気があり、北海道土産としても非常に有名なお菓子です。白い恋人を製造、販売しているISHIYAが運営している白い恋人パークは札幌駅から少し離れた宮の沢という地域にあります。

大通から訪れるためには地下鉄東西線を利用します。札幌駅からは、地下鉄南北線で大通まで1駅移動し、東西線に乗り換えますが、いずれの場合も宮の沢方面の電車に乗車し、終点の宮の沢で下車します。

移動は非常にわかりやすく、季節を問わず移動しやすい地下鉄を利用するので便利です。

白い恋人パークの構造

宮の沢駅から徒歩3分程度の場所に建つ白い恋人パークは、お菓子の製造工場でもあり、隣接するサッカー練習場は地元のサッカーチームであるコンサドーレのファンが訪れる聖地でもありますが、かわいらしい洋風の大型の建物がわかりやすく、すぐに見つけることができます。

コンサドーレのイベントもたびたび開催されていますので、サッカーファンの目線で遊びに来るのも良いでしょう。

車で訪れる際は駐車場を利用できますが、お買い物をしない場合は駐車料金が発生しますので注意しましょう。近隣の路駐はもちろん禁止です。

白い恋人パークのお菓子作成体験

白い恋人パークではお土産を購入するだけでなく、工場見学をすることや、オリジナルの白い恋人を作成する体験もできます。

オリジナルの白い恋人は、市販品よりも大きく、そしてかたちも特別でかわいらしくデコレーションできるものなので、旅の記念にもベストですが、人数に限りがあるため、混雑時は事前に予約をしておくと安心です。

白い恋人と聞くとどのようなお菓子かイメージできるという方も多いですが、ISHIYAで販売されている商品はもちろんこのひと品に限りません。

地元の人やスイーツファンの方には定番化していて白い恋人よりも人気の商品が数多く販売されていますが、中でも実演も見る事ができる飴細工のお菓子もお土産に好評を得ているようです。

もちろん地方発送にも対応していますので、たくさんお買い物しても荷物が重くなる心配はありません。

白い恋人パークの庭園

パーク内には可愛らしい庭園があり、オンシーズンには色とりどりの花が鮮やかです。特にバラの栽培に力を入れているので、これを目的に訪れるならば、満開の6月~7月頃がおすすめです。

美しい花を眺めながら乗車できる列車はお子様連れのご家族に人気です。北海道観光は四季を通して景色や空気にそれぞれの魅力があるため、年間を通して多くの人が訪れています。

どの季節にきても楽しめることは間違いありません。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …