Home / 国内旅行 / 京都 / 京都「泉涌寺」の魅力と観光の見どころ

京都「泉涌寺」の魅力と観光の見どころ

da5d3bb919c85438a8aa15b8a5dd4cf6_s

京都市東山区にある泉涌寺は真言宗泉涌寺派総本山の寺院で、斉衡3年(856年)に建立されました。当寺がある場所は元々藤原式家の流れをくむ左大臣藤原緒嗣の別荘があった場所で、藤原緒嗣の死後にその遺志に基づいて菩提寺として建立された寺院です。

その後、貞応3年(1224年)に後堀河天皇により皇室の祈願寺と定められ、天皇家との結びつきを強めて行きました。江戸時代以降には後水尾天皇から幕末の孝明天皇に至るまでの歴代天皇が境内の陵墓に葬られています。そして、日本国憲法が施行されるまでは、天皇家の菩提寺でした。天皇家の菩提寺であったことから「御寺(みてら)泉涌寺」とも呼ばれています。

大日本帝国憲法下では寺の維持管理に必要な費用が官費で賄われていました。境内には「月輪陵」があり、歴代天皇の陵墓があります。月輪陵については現在も宮内庁が管理を行っています。寺には泉涌寺勧縁疏・附法状の書類が所蔵されていて国宝に指定されています。他にも建築物や仏像や経典などが重要文化財に指定されています。

スポンサードリンク

最も美しい顔と言われる観音像

境内の一番のみどころは「楊貴妃観音堂」です。お堂の中には日本で最も美しい顔と言われる観音像(観音菩薩坐像)が安置されています。この観音菩薩坐像は「楊貴妃観音」とも呼ばれています。楊貴妃観音像は一見して日本の仏像とは全く異なり、美しい異国風の観音像です。寄木造りで右手には極楽の花といわれる法相華を持ち、宝冠は法相華唐草の透彫が施されています。

さらにその下に観音の冠が重ねられています。これらの装飾は日本のどの観音菩薩像にもみられない作風で、中国で作られたものであると考えられています。この楊貴妃観音像は開山者である月輪大師・俊じょうが中国で修業行った際に請来された観音像で、楊貴妃の夫である玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って作らせたものであると伝えられています。楊貴妃観音堂には美人祈願のご利益を祈願する女性が多く訪れます。貴妃観音堂の前には「楊貴妃桜」という桜の木があり、春になると美しい花を見ることができます。

美妃茶もおすすめ

境内では楊貴妃観音にちなんで、「美妃茶」という紅茶が販売されています。楊貴妃が美しさを保つためにライチを好んだことから、この「美妃茶」はライチを使った紅茶です。販売価格は1,200円(10袋入り)で、楊貴妃観音堂や寺内の販売コーナーなどで売られています。

楊貴妃観音堂の奥には「大門」があります。この門は京都御所にあったもので、移築されてきました。この大門も重要文化財に指定されています。

仏殿も境内のみどころ

5d2dc929af8049ef0cc79efe807b767f_s

仏殿も境内のみどころのひとつです。仏殿は寛文8(1668)年に徳川四代将軍家綱によって再建されたもので、建物が重要文化財に指定されています。仏殿内で必ず見ておきたいのは、中に安置されている「三尊像」とその天井にある龍の絵と、壁に描かれている観音様です仏殿の中には本尊である「三尊像」(阿弥陀像・釈迦像・弥勒像)が安置されています。

この三尊像は鎌倉時代の仏師・運慶の作と伝えられていて、それぞれ現在・過去・未来にわたり救いをもたらすとされています。三尊像が安置されている仏殿の天井に目を向けると、江戸時代の画家狩野探幽作の「蟠龍図(ばんりゅうず)」が描かれています。「蟠龍図」は8畳分の大きさがあり、下から龍の絵を見上げると大きな迫力があります。お堂裏の壁には探幽作の「白衣観音」が描かれています。描かれている観音様の目はどこから見ても拝んでいる人の方を向いていて、必ず目が合うと言われています。

名称の由来になった「泉涌」とは境内の湧水に由来しています。今でも境内の一角に水が湧き出ており、泉涌水屋形(京都府指定文化財)の中に泉があります。湧き出している水を見ることはできませんが、泉涌水屋形を外から見ることができます。

「御座所」もおすすめ

境内にある「御座所」も必ず見ておきたいスポットです。この御座所の建物は元々文化15年(1818年)に京都御所内に造営されました。明治15年(1882年)に起こった火災で霊明殿炎上との際に庫裡・書院が焼失した際に、明治天皇の命により京都御所内にあった皇后宮の御里御殿が当寺の境内に移されてきたものです。

御座所内の玉座の間には一段高くなった玉座があり、周囲の襖にはいろいろな主題の絵が描かれています。「海会堂」も京都御所内の御黒戸が移築されたもので、歴代天皇、皇后、皇族方の御念持仏30数体が祀られています。いずれも各時代を代表する仏師が彫像で、たいへん見事な仏像です。「御座所」と「海会堂」は有料(300円)で拝観することができますが、皇室関係者の参拝や法要でこれらの施設を使用する際には公開中止となる場合があります。

泉涌寺へのアクセス方法ですが、九条通が北に折れ曲がって東大路通になる付け根の部分に参道があり、道なりに坂を登ると境内の入り口にあたる「総門」が見えてきます。総門をくぐって境内を進むと道が3つに分かれていますが、真ん中の道を進むとる仏殿があり、右の道を進むと「楊貴妃観音堂」があります。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …