Home / 国内旅行 / 箱根 / 八景島シーパラダイスを100%満喫するための事前知識と準備

八景島シーパラダイスを100%満喫するための事前知識と準備

16c5d80c040393f3d932b9cb696c60e3_s

八景島シーパラダイスといえば、老若男女、家族全員で楽しめるスポットですよね。そんな八景島シーパラダイスをより楽しむために、行く前に知っておきたい情報を紹介していきます。かなり規模が大きいところなので、事前にどこを体験したいのか決めておいて、まわると見たい所を見逃すことなく楽しむことができます。

スポンサードリンク

八景島シーパラダイスのみどころ

イワシの巨大水槽

水族館の一番のみどころを聞くと、多くの人に挙げられるのは、イワシの巨大水槽です。八景島シーパラダイスには、国内最多の五万匹のイワシが泳ぐ水槽があります。この水槽では光と音楽を使ったショーが開催されることがあります。事前にいつ開催されるのか調べておけば、光と音楽とイワシのコンビネーションを楽しむことができます。

また、このショーは季節ごとにテーマが変わっていくので、年間で何回も訪れたいと思っている方でも飽きることなく見ることができるのです。また、イワシの中にサメが何匹かまぎれているので、サメが好きな男の子がいる家族にもおすすめです。

アクアチューブ

085068b989cf4729f3ece948a48d7a43_s

次に紹介するのは、アクアチューブです。アクアチューブは、水槽の中を通るエスカレーターのことです。百八十度周りを見渡すことができるので、まるで水槽の中にいるような気分を味わえるということで人気になっています。水槽の中には、シロワニやコバンザメ、先にも紹介したイワシたちがいます。一面の青色の中で、光を受けながら泳ぐ魚達を眺めることができます。

イルカを満喫できる

今まで魚を紹介してきましたが、八景島シーパラダイスではイルカも楽しむことができます。イルカを楽しむことができる水槽は、ドルフィンファンタジーのコーナーにあります。このイルカの水槽は、より海に近くなるよう工夫がこらされています。水槽の上には屋根がなく、晴れの日には太陽の光がさんさんとふりこまれてきます。

それだけではなく、雨の日には雨粒に水面が叩かれて、波紋が広がる様子も見ることができます。そんな水槽を下から眺めることができるので、海底からイルカを観察しているような気分を味わうことができるとして、とても人気があるのです。

ふれあいラグーンでイルカとふれあう

他にも、小さな子供がいる家族にはふれあいラグーンが人気です。ふれあいラグーンでは、人間と海の生き物の隔たりを少なくするために工夫がなされており、海の生き物たちとコミュニケーションをとれるようになっています。水槽のガラスも低めになっているので、近くにイルカが来れば手を伸ばして触ることもできるのです。

フレンドリーサークル

b5b1e8fbce3453944a829293097e2515_s

また、フレンドリーサークルというパフォーマンス広場では、セイウチやペンギンなどのパフォーマンスをみることができます。子供に海の生き物と人間のかかわりを教えたいと思っている方には、うみファームで子供に自然環境の大切さを学ばせることができます。海を守る活動などから自然とのふれあいができたり、食育ゾーンで実際に釣りをしたり、手づかみで穫ったりした魚を食べることもできます。

遊園地のようなアトラクションも魅力

いままで水族館関連の紹介をしてきましたが、八景島シーパラダイスには遊園地のようなアトラクションもあります。このアトラクションを思い浮かべると、アクアライド2を思い浮かべる方が多いことでしょう。

アクアライド2は小さい船のような乗り物にのって、水の上をまわっていくアトラクションです。船で荒れた川を渡っていく旅人のような気分が味わえるので、子供達に人気があります。小さな子供は制限があるため、乗ることができるかどうか事前に確認しておきましょう。

このアトラクションは水しぶきをあびることがあるので、現地でも買うことはできますが、あらかじめ持ち物の中にレインコートを入れておくとよいです。

サーフコースター

他にも、他の普通の遊園地にも負けない、大きくて迫力のあるジェットコースターであるサーフコースターがあります。規模が大きめなので、絶叫系アトラクションが好きな大人の方でも楽しむことができます。また、海の上を走っているので、通常のジェットコースターとは違った雰囲気を持っています。

フリーフォール

他にも、絶叫系アトラクションとして人気が高いのはフリーフォールです。107メートルの高さから、垂直に下に落下する浮遊感を味わうことができます。また、このような大きいアトラクションに乗ることのできない小さな子供を持つ親に人気があるのがシーパラキッズタウンです。

エリアに分かれた乗り物

3つにわかれたゾーンでそれぞれ違った乗り物に乗ることができます。また、他にも島の周りを一周できる船もあります。15分と短時間なので、他にもたくさん見たい所がある方でも船に乗る気分を味わうことができるので人気があります。

そこまで速いスピードが出ないため、絶叫系のアトラクションや、激しいものが苦手な方でも乗ることができます。事前にどの場所を見て回るか決めておくことで、無駄無くまわることができるので、これらを参考にどの場所に行きたいか決めておくとよいでしょう。また、アトラクションにはお金のかかるものがあるので、事前に調べてから持っていくお金の額を決めて下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …