Home / 国内旅行 / 北海道 / 札幌で美味しいジンギスカンを楽しめるお店5選

札幌で美味しいジンギスカンを楽しめるお店5選

ジンギスカン鍋とは専用の鉄鍋でラム(仔羊肉)やマトン(成羊肉)と、野菜(もやし・タマネギ・ピーマン等)を一緒に蒸し焼きにする北海道の郷土料理です。

味付けには日本人でも食べやすいように羊肉の持つ独特の臭いを消すようなタレが使用されます。基本的な調理方法は同じですが、肉に下味をつけるか否かで二種類のスタイルに分けられます。

味を付けない生肉を使用して食べる直前にタレを付ける(付けタレ、札幌スタイル)方法と、あらかじめ肉にタレを付け込んでから調理を行って食べる(漬け肉、滝川スタイル)方法があります。

ラムは臭いが少なくて食感が良い一方、マトンは臭いがありますが肉の旨味があります。付けタレは臭いの強いマトンに用いられます。お店によっては調理方法が「付けタレ」と「漬け肉」に分かれているので、好みのスタイルを決めてからお店を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

まつじん 札幌駅前店

漬け肉タイプで一番のおすすめは、「まつじん 札幌駅前店」です。漬け肉スタイルの食べ方を初めて考案したのは滝川にある「松尾ジンギスカン」の本店で、“漬け肉スタイルの元祖”なのです。

当然のことながら「まつじん」は漬け肉スタイルの専門店で、日本人が苦手な羊の臭みを上手に消すことができるような果実・野菜ベースの特性タレを開発したお店です。

ラムとマトンの2種類の肉を選択でき、手間暇かけて下処理された食べやすい羊肉を味わうことができるお店です。一般的にジンギスカンは鍋料理なので複数で入店しなければ注文ができないお店が多いのですが、このお店では1人鍋ができることです。

このため、出張などで1人で入店しても昼食で郷土料理を味わうことができるのです。

ふくろう亭

付けタレ(札幌スタイル)でお肉の質にこだわるのであれば老舗の「ふくろう亭」が一番おすすめです。

「ふくろう亭」は観光客よりも地元の人に人気があるお店で、臭いの少ない脂がのった高級ラム肉を食べることができます。厳選された高級ラム肉を使用しているため、内部まで完全に火を通さないようにして少し赤味が残るぐらいの焼き加減で食べることで、肉の旨味を楽しむことができます。

ラム肉やラムタンの他に、「オリジナルラムソーセージ」や「オリジナルラムベーコン」などもあり、これらの食材も鍋で野菜と一緒に蒸し焼きにすることで、羊肉を思う存分味わうことができます。

ジンギスカンホール

サッポロビール園内にある「ジンギスカンホール」では明治時代の開拓史の面影を残す趣のある赤レンガ造りの建物で、生ラム(付けタレ)の食べ放題コースで思う存分ラム肉を味わうことができます。

サッポロビール園は観光スポットになっていて、隣接する「サッポロビール博物館」を見学した後にオリジナルビールや工場で作りたてのビールを飲みながら食べることもできます。

食べ放題コースの他にビールの飲み放題コースも選択できます。このお店は非常に人気が高いため、事前に席だけは予約して確保してから入店することをおすすめします。

メニューを選んで注文をするのは席に着いてからでも構いません。サッポロビールのお店という事で、ビール好きの人に一番おすすめのお店です。

だるま 本店

「だるま 本店」はススキノで行列ができるジンギスカン専門店として有名です。「だるま」はあまりにもお客さんが多いため、本店のすぐ近くに3つも支店を構えるいるほどの大繁盛店です。

「だるま」の最大の特徴は、肉と一緒に焼く野菜はもやしを使わず、タマネギを主体としていることです。タマネギの甘味によって肉の旨味が最大限に引き出され、肉本来の味を楽しむことができるのです。「だるま」では「付けタレ」と「漬け肉」の両方を注文することができます。

食通の食べ方は、まず最初に札幌スタイル(付けタレ)を注文し、後半に滝川スタイル(漬け肉)の順で食べることです。コンロ(七輪)はテーブルに埋め込まれていて1人1個ずつ鍋が割り当てられるので、グループで入店しても他の人を気にせずに自分1人で好きなスタイルで肉を味わうことができます。

基本的に本店も支店もメニューは同じで、いずれのお店も観光客や地元の人で毎晩混み合います。「だるま」に入店する際には長い行列ができることを覚悟しておきましょう。

ポッケ

「ポッケ」もススキノで人気のあるジンギスカン専門店で、こちらも地元の人の評判が高い名店です。「ポッケ」では臭いの少ない良質のラム肉が使用されているので、札幌スタイルで生ラム肉本来の味を楽しむことができます。

こちらのお店でおすすめの食べ方は、食べる分だけを七輪で軽く炙り、火が通りすぎないうちにシンプルに塩を付けて素早く食べることで、肉の旨味を楽しむことができます。「ポッケ」では付けタレ以外にも漬け肉も注文することができます。

漬け肉は熱した鍋でしっかりと中まで火を通すのがコツです。料金はしっかり食べても3千円程度とお手頃な料金です。広くない店内は冬でも七輪の熱気でかなりの温度になります。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …