Home / 国内旅行 / 北海道 / さっぽろテレビ塔の魅力と楽しみ方

さっぽろテレビ塔の魅力と楽しみ方

札幌の観光スポットとして時計台と並ぶ人気の場所が大通公園の東端にそびえる「さっぽろテレビ塔」です。

さっぽろテレビ塔の歴史は意外にも東京タワーよりも古く、1957年(昭和32年)に完成した日本でも最も初期に建てられた電波塔としても有名です。

全高が147.2mと、建設当時の札幌市内では最も高い建物として、その展望台はたいへんな人気を集めていました。現在は、標高の高い手稲山の送信所にテレビ送信所が集約されているために、電波塔としての機能はFM送信所とNHKの予備送信所が残されるのみとなりました。

しかし、さっぽろテレビ塔は大通公園の象徴的な存在として欠かすことのできない存在です。

スポンサードリンク

さっぽろテレビ塔の特徴

さっぽろテレビ塔の特徴は、その端正な形状にあります。東京タワーの設計も手掛けた「鉄塔の博士」と呼ばれる内藤多仲氏という建築家の設計であり、均整の取れたスタイリッシュなフォルムは21世紀を迎えた現在においても全く古さを感じさせません。

札幌の澄んだ青空にそびえ立つ姿は撮影スポットとしても観光客から高い人気となっています。塗装は何度もリニューアルを繰り返しながら現在の姿になっています。高層鉄塔特有の赤と白のカラーリングに、2階と3階の商業施設部分が深い緑色に塗られています。

観光名所としてのさっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔は国際的な観光都市である札幌の中でも中心的な観光スポットとしての役割も果たしています。

2階にはイベントに利用可能な多目的ホールがあり、3階には本格的な洋食レストランと、北海道内の有名菓子店などの土産物を多数販売しているスーベニアショップ、そして非公式人気キャラクターである「テレビ父さん」を思う存分楽しめるテレビ父さんのほほんパークという施設があります。

またエントランスフロアである1階には、有名食品メーカーの直営パーラーや、観光客向けのインフォメーションセンターがあります。

またエントランスの外側にはテレビ父さんのグッズ販売店もあり、ゆるキャラコレクターから人気を集めています。

オーロラタウンという大規模な地下商店街に直結している地下のフロアも魅力的です。地下フロアはテレ地下グルメコートと名付けられており、さまざまな飲食店が集約されています。ラーメン店や喫茶店、居酒屋にスイーツなど種類も豊富ですので、観光中の休憩としての利用もおすすめです。

さっぽろテレビ塔から見える絶景

グルメ意外にもさまざまな楽しみ方もあります。たとえば高さ90.38mに設置されている展望台にのぼって、大通公園を中心に広がる市内の大パノラマを眺めるのは最高です。

昼間の光景も素敵ですが、190万都市の迫力のある夜景が見られる夜の展望台もたいへんロマンティックなものです。展望台の営業時間は季節によって異なりますのであらかじめホームページで確認しておきましょう。

基本的には午後9時半もしくは午後10時までの営業で、終了10分前まで入場が可能となっています。雪まつり期間の変則的な営業時間帯や定期点検日による閉館などもありますので、確実に展望台を訪れたいのであれば事前の確認をきちんとしておくことをおすすめいたします。

さっぽろテレビ塔のライトアップ

展望台からの夜景も素晴らしいものですが、テレビ塔そのものがライトアップされることも見逃せません。毎日夜になると、投光機による通常のライトアップとイルミネーションによるライトアップが時間帯によって交互に行われています。

祝日などの特別な日にはスペシャルバージョンのイルミネーションも企画され、観光客はもとより地元の人々からもたいへん親しまれています。カメラの夜景モードで撮影すると、とても美しい画像が残せますのでぜひ大通公園側からの記念撮影をおすすめします。なお、深夜の時間帯にはライトアップが終了されますのでご注意ください。

さっぽろテレビ塔周辺のイベント

その他にも周辺ではさまざまなイベントが定期的に開催されています。代表的なイベントはやはり「さっぽろ雪まつり」です。改めて紹介するまでもない、もはや世界的にも有名な冬季イベントとなりました。

また、秋にはオータムフェストという北海道内のグルメを集めた食のイベントが開催されたり、クリスマスの時期にはミュンヘンクリスマス市という、札幌の姉妹都市であるドイツのミュンヘンをイメージした幻想的なイベントも開催されています。そのどれもがたいへん魅力的ですので、季節に応じた楽しみ方ができます。

さっぽろテレビ塔の周辺観光情報

周辺にはデパートやファッションビルなどの施設も充実し、北海道の食材をふんだんに使用した料理を提供している飲食店も豊富です。

また交通アクセスも良好で、JR札幌駅から地下街や地下歩行空間を通ると一度も地上に出ることなく到達することができます。雨天時や冬の寒さが厳しい時期にも観光しやすいスポットであるといえるでしょう。

実際に展望台に登って景色を楽しむのもよし、大通公園側からの撮影スポットとして利用するのもよし、美味しいグルメを楽しんだりおみやげの購入に利用するのもよしと、観光拠点として最高の場所の一つです。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …