Home / 国内旅行 / 北海道 / 札幌で穏やかな時間を過ごせるおすすめの公園

札幌で穏やかな時間を過ごせるおすすめの公園

北海道で夜景の美しい場所としても知られている札幌市内にはいろんなパークがありますが、その中でもおすすめのゆったり過ごせる公園スポットをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

モエレ沼公園

世界的に有名な彫刻家であるイサム・ノグチさんによって設計されたこちらは上から見るとまるで巨大なキャンパスのような状態にいろんなものが配置されており、自然をいかした芸術作品となっています。

もともと「環状グリーンベルト構想」という緑地帯などで札幌市を囲むようにするために2005年に開園したもので、敷地がかなり広く、冬の雪を利用して冷房に使うことができるガラスのピラミッド、山や遊具、そして幾何学模様になるように工夫されている噴水など見ているだけでもアートを感じることができます。

アクセスは地下鉄環状通東駅からバスで25分ほどとなっています。噴水は海の噴水といい、最大25mにまで打ち上げられ、ビッグウェーブを見ることができるようになっています。

フルプログラムは40分間もので、ビッグワン、ビッグウェーブ、フォッグ、アーチ噴射となっています。ショートプログラムは15分間で、ビッグワン、フォッグ、アーチ噴射です。時間がある時にはこの噴水が打ちあがるのを楽しむのも素敵です。

中島公園

札幌の中心地にあり、豊かな自然の中に重要文化財の豊平館や八窓庵などを見ることができます。冬になると雪が積もってクロスカントリーのコースが出来上がります。

しかもスキー道具一式を無料でレンタルできるというのもうれしいところです。夏ごろには北海道神宮の例祭が開催されますので、園内には屋台が多く来てにぎわいます。

アクセスは地下鉄南北線中島公園駅から徒歩1分という近さです。園内にある代表的な樹木を見てまわるコースを設定したマップがあり、それらの樹木の株元には樹木マップに対応した銘板が設置されています。

樹木マップは公式サイトからダウンロードして使うことができます。ウォーターガーデンは全長が390mほど、管理小屋、水車などのコンビネーション遊具、船の遊具、滑り台、水鉄砲、動物型の遊具などがあり、水に関係しているいろんな遊びを体験できるようになっています。

滝野すずらん丘陵公園

道内初の国営パークで、サイクリング、釣り、バードウォッチングなどを楽しめるようになっています。11月中旬から12月中旬頃までは入れなくなりますが、10月頃には園内にある「アシリベツの滝」に虹がかかり、非常に美しい光景を眺めることができます。

滝は他にも鱒見の滝、白帆の滝などがあります。園内は4つのエリアに分かれており、中心ゾーン、渓流ゾーン、滝野の森ゾーンの東エリア・西エリアとなっています。「こどもの谷」にはお子さんが遊べるような長いすべり台や迷路風トンネル、他にも面白い遊び場がたくさんあります。

アクセスは地下鉄南北線の真駒内駅から中央バス滝野線真102で35分ほどになります。釣堀であるフィッシング・タキノではヤマメやニジマスなどを釣ることができます。餌付きの釣り竿をレンタルできるので手ぶらで出かけることができます。

平岡公園

紅葉シーズンは特に美しいこちらはウォーキングするなど散策にはぴったりのスポットです。また春先には梅林も人気のエリアとなっていて、こちらでは梅ソフトという名前のソフトクリームも販売されています。

梅林は、現在までのところ、敷地の面積6.5ヘクタールに約1200本ほど植えられており、5月中旬ころが見ごろを迎えます。園内には野球場やテニスコート、ゲートボール場、遊具広場、スキー用の斜面がある他、人工的につくられた湿地や池などもあります。

敷地が広いのでいろんなアクセス方法がありますが、例えば地下鉄東西線新札幌駅からJRバス循73・74もしくは11・13に乗ってすぐ目の前のでバス停でおりれば到着です。同じ名前のバス停がありますからすぐにわかります。

百合が原公園

地下鉄南北線麻生駅から中央バス麻27・25で15分ほどで到着します。基本的に園内は無料ですが、温室と世界の庭園のみ有料となっています。

「世界の百合広場」には、シンボルでもある約100種類の百合が植えられています。他にもライラック、チューリップなどもあり、美しい花を眺めることができます。季節を問わず様々な花が咲いているので、いつ出かけても素晴らしい眺めを堪能できます。

芝生エリアもあるのでピクニックやゆっくりと休憩しながら散策することもできます。世界の庭園ではアメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市、ドイツバイエルン州ミュンヘン市、中国遼寧省瀋陽市などの協力で作られたポートランドガーデンやムンヒェナーガルテン、瀋芳園などの他、日本庭園もあります。

あじさい園は国内外にあるあじさいを約30種類ほど、他に耐陰性宿根草中心のボーダーガーデンやヒマラヤの青いケシなどもあるのでゆっくりと眺めてみるのもオススメです。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …