Home / 国内旅行 / 京都 / 苔寺で有名な京都の世界遺産「西芳寺」の魅力とみどころ

苔寺で有名な京都の世界遺産「西芳寺」の魅力とみどころ

a0dd0043c4589073d1ead1015445cf76_s

西芳寺は京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院で、嵐山にある天龍寺の境外塔頭です。境内の庭園が見事な苔に覆われて非常に美しい風景であることから「苔寺」とも呼ばれ、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

苔寺の庭園を覆い尽くしている苔の種類は120種類にも及び、庭園は特別名勝及び史跡に登録されています。

スポンサードリンク

西芳寺の歴史

9870aceaf9a99ad814fdacb64f94bfa3_s

ここは飛鳥時代に聖徳太子の別荘があった場所で、太子作の阿弥陀如来像が祀られていました。後にこの場所は東大寺の大仏造営に尽力した行基が聖武天皇の勅願を得ることで、奈良時代の天平年間(729年~749年)に別荘を寺に改めることで「西方寺」が建立されたと伝えられています。当寺は京都にあるお寺の中でも古い歴史を持つ寺院なのです。

平安時代には平城天皇皇子である真如法親王がこの寺で修行をしたり、空海が入山して黄金池で放生会を行った場所でもあります。やがて鎌倉時代から室町時代にかけて寺は荒廃しましたが、近くにある松尾大社の宮司であった藤原親秀は、暦応2年(1339年)に、高僧で作庭の名手でもあった夢窓疎石を招請して荒廃した西方寺を禅寺(臨済宗)として再興しました。

元々「西方」寺の名称は西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来を祀るという意味がありましたが、夢窓疎石は「祖師西来」「五葉聯芳」という禅宗の初祖達磨に関する句から、「西芳」寺と名称を改めました。

金閣寺との関係

室町時代に3代将軍の足利義満が当寺を訪れています。足利義満によって西芳寺を模して鹿苑寺(金閣寺)が建立されました。その後、何度か荒廃・再輿や洪水による被害を経験しました。境内の庭園は元々枯山水の庭でしたが、桂川と山に挟まれて湿地になりやすい地形であったことから、江戸時代末期になると庭園が苔に覆われるようになりました。ちなみに現在でも梅雨や台風シーズンなどの京都市北部に大雨が降ると近くを流れる寺戸川の水が溢れてしまい、西京区から向日市にかけての一部の地域が冠水することがあります。

苔寺として有名に

5d8f6e59c2ddc6e1f0fd752c1f1218ff_s

庭園が苔に覆われた西芳寺は「苔寺」として有名になり、1928年より庭園が一般公開されるようになりました。ところが観光客のマナー違反などで苔が痛むようになったため、1977年に一般公開が中止されて参観は完全予約制となりました。

苔寺の一番のみどころは一面深い緑色の苔に覆われている庭園です。境内は明治維新の神仏分離令の廃仏毀釈によって敷地が狭められましたが、それでも広大な庭園が残っています。庭園は上段の枯山水庭園と、下段の池泉回遊式庭園から出来ていました。庭園内で上段にあたる北方には600年前に夢窓疎石が造った枯山水庭園の石組が現在も残されています。

枯山水庭園も魅力的

庭園内に残された石組は、日本最古の枯山水庭園です。元々枯山水庭園であった場所にも現在は緑色の苔で覆われています。一般的に苔の庭として知られているのは知られるのは木立の中にある黄金池と呼ばれる池を中心とした池泉回遊式庭園です。苔に覆われる前は、この場所は他の池泉回遊式庭園のような風景でした。

苔寺は、庭園内のどこを見ても絵になるほど美しい苔に覆われた幻想的な世界が広がっています。どの季節に訪れても苔の緑色に覆われた美しい風景を眺めることができますが、晩秋の時期には紅葉で赤く染まった木が周囲の緑によってひときわ目立ち、非常に美しい景色を作り出します。

写経会に参加した際に庭園を見学することも可能

西芳寺の庭園は一般公開されていませんが、寺が開催する写経会に参加した際に庭園を見学する事ができます。写経会では住職による説法の聴講、般若心経の唱和も行われ、写経で書いたものは祈りを込めて本尊に永久奉納していただけます。アップルの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏は生前、お忍びで家族とともに西芳寺をよく訪れていました。

写経会に参加する方法

写経会に参加するための申込方法ですが、往復はがきに拝観希望日・同伴人数・代表者の氏名・住所・電話番号を明記して、遅くとも見学希望日の1週間前までに寺(〒615-8286 京都市西京区松尾神ヶ谷町56 西芳寺参拝係宛)に届くように送付します。開始時間はあらかじめ決められています。既に予約が埋まっている場合があるので、第二希望まで書いておく方が良いでしょう。あらかじめ時間や予約の空状況などを電話(電話番号:075-391-3631)で問い合わせてから申込みを行うこともできます。

予約に空きがあれば後日はがきが返信され、これが拝観証になるので当日持参します。写経会の当日に拝観料(冥加料)として1人3,000円を支払います。住職の説法~庭園見学まで一通り終わるまでの所要時間は約90分です。

まとめ

苔寺を拝観するためには事前にはがきで申し込みを行い、指定された時間までに到着して3,000円の拝観料を支払う必要があり、敷居が高いと感じる人が居るかもしれません。実は、苔寺以外で手軽に苔で覆われた庭園を見ることができる場所が嵐山・嵯峨野にあります。嵯峨野の「竹の道」沿いにある野宮神社の庭園も深い緑色の見事な苔に覆われています。大きさは畳3~4帖程度ですが、鳥居をくぐって右側に木が生い茂る湿った場所に一面苔が覆われている庭を見ることができます。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …