Home / 国内旅行 / 京都 / 京都駅から龍安寺駅へのおすすめアクセスルートと周辺の観光スポット

京都駅から龍安寺駅へのおすすめアクセスルートと周辺の観光スポット

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e9%a7%85

京都の洛西エリアにある龍安寺駅は、名前の通り龍安寺の最寄り駅です。龍安寺を訪れる際に利用する方も多いと思いますが、駅周辺には他にも見るべき観光名所が目白押しです。京都駅から龍安寺駅へのアクセスルートとともに、合わせて訪れるべき観光スポットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

京都駅から龍安寺駅へのアクセスルート

電車の場合、龍安寺駅は京福電鉄になりますので、京都駅から直通の電車はありません。1番おすすめの行き方は、京都駅からJR嵯峨野線に乗り、太秦駅まで行きます。太秦駅から歩いて3分ほどのところにある京福電鉄の撮影所前駅に行き、そこから龍安寺駅に到着します。所要時間は30分、料金は410円です。

バスの場合は京都駅から26系統の御室仁和寺・山越行に乗ります。妙心寺北門前で下車し、徒歩4分ほどで龍安寺駅に到着します。所要時間は40~50分ほど、料金は230円です。

龍安寺

%e9%be%8d%e5%ae%89%e5%af%ba%e7%9f%b3%e5%ba%ad

龍安寺駅を通ったのなら、やはりここはマストでしょう。世界文化遺産にも登録され、エリザベス女王が来日した際に絶賛した「ロック・ガーデン」こと石庭でも有名です。石庭は正しくは方丈庭園といい、枯山水の平庭です。作庭時期も作者も未だ特定されておらず、それが一層観る者の想像力を掻き立てます。

石庭のほかにも鏡容池と呼ばれる広い池があり、こちらは四季折々の風雅な草花の姿を楽しむことが出来ます。古くは「おしどり池」と呼ばれ、おしどりの名所でした。

基本情報

名称:龍安寺(りょうあんじ)
住所:〒616-8001 京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話番号:075-463-2216
拝観日時:3月1日~11月30日  8:00 ~ 17:00
     12月1日~2月末日  8:30 ~ 16:30
アクセス:京福電鉄「龍安寺駅」下車、徒歩7分

等持院

%e7%ad%89%e6%8c%81%e9%99%a2

立命館大学の裏手にある、足利尊氏ゆかりのお寺です。こちらは方丈の東と西の池を中心とした庭をじっくり堪能していただくのがおすすめです。方丈の東には尊氏のお墓があります。西庭には清漣亭(せいれんてい)と呼ばれる茶室があり、華美ではありませんが、しっとりと落ち着いた佇まいは必見です。

観光客の多い名所に少し疲れた際は、のんびり訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

基本情報

名称:等持院(とうじいん)
住所:〒603-8346 京都市北区等持院北町63
電話番号:075-461-5786
拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)年中無休
※年末年始12月30日~1月3日の5日間のみ 9:00~15:00(14:30受付終了)
アクセス:京福電鉄「等持院駅」下車、徒歩約10分

京都府立堂本印象美術館

堂本印象は京都出身の芸術家で、日本画の大家です。堂本印象美術館では、生涯にわたって数多くの作品を残した印象の壮麗な日本画をはじめ、油彩画、陶鉢、人形などを鑑賞することが出来ます。建物は、外装から室内の装飾に至るまですべて印象自らがデザインしており、華やかで独創的な雰囲気となっています。年に4回ほど企画展を行っているので、ぜひチェックしてください。

%e5%a0%82%e6%9c%ac%e5%8d%b0%e8%b1%a1

基本情報

名称:堂本印象美術館(どうもといんしょうびじゅつかん)
住所:〒603-8355 京都市北区平野上柳町26-3
電話番号:075-463-0007
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日に休館) 及び 年末年始(12月28日~1月4日)※その他、展示替えなどで臨時休館することがあります。
アクセス:京都駅より市バス50番系統「立命館大学前」下車

退蔵院

妙心寺の塔頭の1つで、山水画の始祖と言われている如拙(じょせつ)の描いた『瓢鮎図(ひょうねんず)』を所蔵していることでも有名です。こちらは国宝に指定されています。かの有名な剣豪宮本武蔵が参禅に通っていた事でも知られており、方丈で修業に励んだ、と伝わっています。

国の名勝史跡庭園に指定された元信の庭や、敷き砂の異なる2つの庭からなる陰陽の庭、四季折々の優美な姿を楽しめる余香苑(よこうえん)などがあり、余香苑完成当時に植えられた紅しだれ桜が咲くころは、まことに華やかで美しい眺めとなります。

%e9%80%80%e8%94%b5%e9%99%a2%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c

大休庵というお茶席では、お菓子付きのお抹茶を一服500円でいただくこともできます。お庭を眺めながら、ゆっくり心落ち着くひと時を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

基本情報

名称:退蔵院(たいぞういん)
住所:〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町35
電話番号:075-463-2855
拝観時間:9:00~17:00
アクセス:京都駅より市バス26番系統 御室仁和寺・山越行き「妙心寺北門前」下車、徒歩約5分

東林院

こちらも妙心寺の塔頭のうちの1つです。通常は非公開ですが、四季折々の行事の際に一般公開され、特に梅雨の頃に行われる「沙羅の花を愛でる会」が有名です。『平家物語』の冒頭部分に「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」とある通り、朝咲いて夕方には落ちてしまう儚い花なのが特徴です。儚くも美しいこの花を、6月の雨とともに鑑賞していただくのをおすすめします。

%e6%b2%99%e7%be%85%e5%8f%8c%e6%a8%b9

「沙羅の花を愛でる会」以外にも、新年に「小豆粥の会」秋に「梵燈のあかりに親しむ会」が開かれますので、ぜひそちらもチェックしてください。

宿坊があり、予約をして申し込めば誰でも宿泊することが出来ます。住職さんは精進料理研究家としても有名なので、精進料理をいただくのもおすすめです。

基本情報

名称:東林院(とうりんいん)
住所:〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺59
電話番号:075-463-1334
拝観時間:9:30~16:00(「沙羅の花を愛でる会」)
アクセス:京都駅より市バス26番系統 御室仁和寺・山越行き「妙心寺北門前」下車、徒歩約10分

まとめ

龍安寺駅周辺には、まだまだたくさんおすすめスポットがあります。仁和寺や妙心寺、きぬかけの路を通って金閣寺へ向かうこともできますね。ぜひ周辺をじっくり散策してみてください!


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …