Home / 国内旅行 / 北海道 / 六花亭本店が素晴らしすぎる!本店で食べられるもの

六花亭本店が素晴らしすぎる!本店で食べられるもの

六花亭は北海道の東の方に位置する帯広市に本店を構えており、北海道を代表する菓子店です。

北海道の中でも十勝地方は豆類や砂糖の原料でもある甜菜糖が豊富に収穫されることもありお菓子作りが盛んな地域で、帯広市内にもは菓子店が数多く並びますがその中でも六花亭は大人気となり、今では全国的に有名な菓子店となりました。

スポンサードリンク

六花亭の店舗

帯広市内にはほかに二店舗あり、その他にもスーパーや空港などにも販売店が多数あります。さらには北海道の中心でもある札幌にも店舗があり、近年札幌本店も誕生し帯広市内でしか購入できなかった商品が札幌でも購入できるようになりました。その他にも道東の釧路市など道内各地にたくさんの店舗があります。

六花亭の人気商品

六花亭でも人気になっている商品にマルセイバターサンドがあります。マルセイバターサンドは北海道産の生乳で作られたバターにホワイトチョコレートを加え、そこにレーズンを混ぜ込んだものをしっとりとした食感のビスケットに挟んだものです。

北海道土産の定番にもなっていますが、マルセイバターサンドだけではなくチョコレートも人気となっています。チョコレートは品揃えが豊富で、シンプルな板チョコレートから北海道の花を表現したかわいらしいチョコレートなどがあります。フリーズドライのいちごにホワイトチョコレートをコーティングした商品も定番商品です。

その他にもたくさんの種類のお菓子が販売されており、ドレッシングやジャムやヨーグルト(店舗限定商品)、さらには十勝名産の豆を使ったおこわも数種類発売されていて、どれもがそれぞれの店舗で購入可能となっています。

六花亭の本店

そんな大人気の六花亭ですが、本店は観光名所としても有名になっています。帯広市内の中心部でもある駅前から近い場所に位置し、外観は気に囲まれた緑が印象的で店舗になっています。

大通りに面していますが決して目立つ店構えではなく、落ち着いた雰囲気を感じさせてくれる外観です。店内にはお菓子の数々が販売されていて、和菓子からケーキまで幅広く用意されています。

店内ではイートインスペースもあり、コーヒーが無料で用意されているので自由に購入したお菓子をここで食べることができます。お店の二階には喫茶室もあり、喫茶室では軽食などのメニューも味わうことができます。

六花亭の店舗限定のお菓子

六花亭には店舗限定のお菓子というのがあり、北海道の生乳を使ったソフトクリームに「雪やこんこ」というお菓子のビスケットを乗せたものなどがあります。これらの店舗限定のお菓子は衛生環境が整っている店舗で販売されているので、道内でも数店舗のお店でしか取り扱っていません。

六花亭本店で食べられるサクサクパイ

本店ではこれらの店舗限定のお菓子を取り扱っており、その実演販売のお菓子の中でも特に有名になっているのが「サクサクパイ」です。

サクサクパイはコルネ状に焼かれたパイ生地の中心が空洞になっており、そこにたっぷりのカスタードクリームを詰めたものです。パイがクリームの水分を吸収してしまうこともあり、賞味期限が三時間とされていてその場で食べるのがおすすめの商品となっています。

パイがとってもサクサクで、カスタードクリームは北海道の生乳を使っておりこれを求めて来店する観光客も多数います。サクサクパイは一日の数量が限定で販売されているので無くなり次第その日の販売は終了になってしまいます。

とかち帯広発

またそのサクサクパイを長方形の板状にしたものに、ラズベリーチーズクリームとホワイト生チョコレートを挟んだ「とかち帯広発」という商品も店頭でつくりたてで販売されています。

ラズベリーチーズクリームが甘酸っぱく、ホワイトチョコレートの甘さとのバランスが絶妙な商品です。それから雪やこんこのビスケットにチーズケーキを挟んだ「雪こんチーズ」もあります。雪こんチーズは食べ頃が二時間しかなく、注文してからビスケットにチーズケーキを挟んでくれます。

六花亭本店のマルセイバターサンドアイス

そして帯広と札幌の本店でしか食べることのできないのが「マルセイバターサンドアイス」です。こちらはマルセイバターサンドがアイスになったものなのですが、ただバターサンドを冷凍しているわけではなく、ビスケットは少し薄めになっていてさっぱりとした甘さに工夫されています。

2015年にオープンした札幌本店は10階建てのビルになっていて、店舗や喫茶室だけではなく、ギャラリーや多目的ホールもあります。喫茶室ではここでしか味わえない「窯出し大平原」や「サクサク苺ミルフィーユ」といったメニューもあります。

ギャラリーには六花亭の包装紙にもなっている花の原画やスケッチ、動物のオブジェなどが展示されていて展示物は定期的に変更されるものもあります。多目的ホールの他にも音楽専用の「ふきのとうホール」があり、こちらは音響技術にこだわっていて定期的に音楽コンサートなどが開催されています。

ビルが建っている場所も札幌駅から近く、アクセスも便利なのでオープン当初から観光名所として大変人気になっています。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …