Home / 国内旅行 / 北海道 / パッチワークの路の観光スポットとしての魅力と周辺情報

パッチワークの路の観光スポットとしての魅力と周辺情報

北海道のほぼ真ん中には、大雪山系と十勝岳連峰がそびえています。その間の山麓地域にある丘の街美瑛は、日本で最も美しい村連合に名を連ねる、北海道を代表する景勝地の一つです。

美瑛の丘では、北西部のパッチワークの路と、南部のパノラマロードが人気を集めています。十勝岳の噴火でできたため、十勝岳に近いパノラマロードは起伏が激しく、少し離れたパッチワークの路はなだらかになっています。

美瑛町ではこの他にも、中心部や青い池のある白金温泉付近が観光スポットとして有名ですが、どこまでも広い360度の絶景のパノラマの中を、自転車などでのんびりと回るには、やはりパッチワークの路が一番でしょう。

スポンサードリンク

パッチワークの路の魅力

美瑛の丘の畑は碁盤の目のようになっていて、それぞれに植えられる作物や花の種類が違うので、それがパッチワークのように見え、この名前が付けられました。航空写真などを見るとまさしくパッチワークです。また季節によって植えられる野菜や花の種類も次々に変わり、パッチワークの色も季節の移り変わりとともに様々に変化していきます。

ジャガイモ畑の生き生きとした緑の葉や白い花。黄金色に色づく麦。ポピーやサルビア、ひまわり、ラベンダーなどが整然と植えられた花畑は、まるで虹のようにグラデーションを描いて遠くまで続きます。

その先にはまた緑が広がり、パッチワークの地平線から上を見上げると、遮るもののない、抜けるような青空と白い雲が限りなく広がっています。この雄大な景色の中にいると、たとえようもない開放感に浸ることができ、日常の気ぜわしさから心を解き放ってくれるかのようです。

パッチワークの路の風景

爽やかで開放的なパッチワークの風景は、たびたびテレビコマーシャル等の題材にもなりました。広大な風景の中、ところどころに立っている魅力的な木々が、シンボルとして登場します。

セブンスターの木は、ジャガイモ畑に一本だけ佇むカシワの大木。1976年からほぼ30年間、セブンスターというタバコのパッケージになりました。ケンとメリーの木は、1972年の日産スカイラインという車のテレビCMで有名になりました。

当時スカイラインは大変人気のある車で、この木が登場したのはケンとメリーのCMシリーズの15作目。バックに流れる「愛と風のように」という歌も大ヒットしました。

このポプラの木は、もともとは所有者の違う畑の境界線を示すものでしたが、雪を頂く青い山並みを背景に、美しい畑の中に凛と佇む姿が印象的で、今では美瑛を代表する人気の観光スポットです。マイルドセブンの丘は、1978年に、マイルドセブンというタバコのCMに登場しました。

広い麦畑の向こうに並ぶカラマツの防風林の風景が有名ですが、このカラマツ林の道に沿って丘を歩くと、あたりに広がるパノラマが絵のようで、しばらく先に離れて立つ2本のポプラも、兄弟の木と呼ばれフォトスポットになっています。

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘は花のテーマパーク。一年を通じて30種類もの花々を楽しめ、パンジー、ラベンダー、サルビア、ベコニア等が元気に咲き誇っています。

ぜるぶとは、「かぜ」「かおる」「あそぶ」の最後の文字をつないだもの。展望台、亜斗夢の丘の近くにはケンとメリーの木もあり、広いお花畑の中の道は、バギーやカートで回ることもできます。

レストランではジンギスカン丼や豚丼、ラベンダーソーダ等メニューが豊富。その他にもカフェ、新鮮野菜直売所、お土産ショップがそろっていて、ぬいぐるみや絵本のあるキッズルームもあります。

一方、北西の丘展望公園は5haの敷地にラベンダーやポピーが咲き誇る公園で、ピラミッド型の展望台からは、大雪山連峰や十勝岳連峰、美瑛の丘全体が一望のもとに見渡せます。観光案内所やガラス工房もあり、売店も充実しています。

北西の丘展望公園

北西の丘展望公園の近くには、写真ギャラリーもいくつかあります。菊地晴夫写真ギャラリーでは、最新撮り下ろしの写真の数々を楽しめる他、映像でも活躍する菊池氏が美瑛・富良野の四季を撮影したDVDを、大型ハイビジョンテレビで鑑賞することができます。

また阿部俊一ギャラリーには、スクエアに切り取られた美瑛の印象的な写真が展示されています。代表作である「夕映えの丘」は、雄大な夕焼けの空とオレンジ色に染まった丘の風景が心に響きます。

冬の日の出や日没時に大気中の氷晶に太陽光が反射する太陽柱の写真も珍しく、また遠くの木へと雪上に続くウサギの足跡を写した写真等、見飽きることがありません。

また、個性的な英国人アーティスト、ジェフ・チャップリンの作品を堪能できるジェフ写真館では、珍しいゴム印画による白黒写真が独特の味わいを醸し出しています。画家の家に生まれケンブリッジ大学やオクスフォード大学で数学等を研究した後、天文台や金融街で働き、美瑛に魅せられて移住したという経歴の持ち主は、とても知性的。

写真にも、華やかではないものの思わず引き込まれるような深い魅力があります。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …