Home / 国内旅行 / 北海道 / 小樽観光をするなら絶対外せないおすすめ観光地10選

小樽観光をするなら絶対外せないおすすめ観光地10選

札幌から車で30分程度西に行ったところに位置する小樽は歴史的な観光地です。もともとはアイヌ語で「砂浜の中の河」を意味する「オタルナイ」と呼ばれていました。

明治時代になり、蝦夷地を北海道と改称した時に「小樽」と改称されました。北海道の港湾都市として栄えて来ました。今では年間700万人が訪れる観光地としても栄えています。

スポンサードリンク

小樽運河

大正時代に沖合いを埋め立てることで作られました。約1kmの緩やかなカーブを描く運河は立ち並ぶ倉庫への荷積みの船のため使われていました。

現在では倉庫を改装して商業施設として運営しています。外観は昔のまま残っているので、ロマンティックな佇まいをしています。1986年に運河の幅を半分にして散策路としたことからより魅力的なスポットとして生まれ変わりました。

夜には運河沿いに立つガス灯のライトが神秘的な夜景を作り出します。運河クルーズで水上からの散策もできます。

天狗山

坂の街として知られる小樽は山に囲まれた地形です。そのうちの一つであれる天狗山にはロープウェイで登ることができます。

町中から運行されるバスでロープウェイ乗り場まで行くことができます。降りたところには鼻をなでると願いが可能と言われている「鼻なで天狗さん」や「天狗山神社」、「シマリス公園」などの施設があります。

その他に展望台が5つあり、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでひとつ星を獲得した絶景を見ることができます。夜には北海道三大夜景に選ばれた「おたる夜景」が堪能できます。

堺町通り

小樽の南側に位置する堺町通りは有名店が所狭しと立ち並ぶ観光名所です。通りが始まるメルヘン交差点には、オルゴール堂があります。

店内は所狭しとさまざまなオルゴールが置かれていてます。見たこともないオルゴールがたくさんあるので時間を忘れて見てしまいます。

オリジナルのスイーツが話題のルタオ本店もこの通りにあります。系列店も何点かあり、その店舗でしか食べられないものもあり、スイーツ好きの心を揺さぶります。

ガラス細工で有名な北一硝子や大正硝子には、可愛らしい置物やアクセサリーに目を奪われます。約1kmですが、お店の数が多すぎて半日でも回れないくらいです。

ガラス工房

町のいたるところにガラス細工の体験を行える工房があります。ガラスを溶かしてコップなどにする「吹きガラス」やガラスの表面に砂で模様をつける「サンドブラス」。

色ガラスを溶かして球状にする「トンボ玉」の作成やビーズを溶かし込む「フュージング」などがあります。

中でも「フュージング」は火を使わないでもできるので小さなお子さんでも体験できます。出来上がった作品は世界でたったひとつのお土産です。

朝市

海の幸も港湾都市の名物のひとつです。新鮮な食材が食べることができるのが朝市です。

「鱗友市場」や「三角市場」などは食材を買うことはもちろん、中にある食堂で朝食を食べることもできます。早起きして新鮮な海の幸を堪能しに行くのも楽しみのひとつです。

青の洞窟

春から秋にかけて港からクルージングボートで沖合いを観光することができます。海側から町並みを楽しむことができます。

また、海岸国定公園にある洞窟では太陽の光の当たり方で海面が青く染まります。北の青の洞窟として観光スポットとなっています。

お寿司

海鮮の街だけあって、お寿司屋さんの多さにびっくりします。店頭には豪華なネタが映った看板が出ていて目を奪われます。堺町通りと北側で交差する寿司屋通りには多くの有名店が軒を並べています。

どのお店もネタに自信があるところばかりなので選ぶのに困ってしまいます。希少なエゾバフンウニは地元ならではのネタなので必ず食べて帰るべきです。

ニシン御殿

かつてこの辺はニシンの量が盛んに行われていて、かなりの財を成した方がいたそうです。そのニシン漁の恩恵で作られたニシン御殿が有形文化財として展示されています。

館内は当時のニシン漁や加工に使われた道具の展示や生活の様子などを見ることができます。豪邸レストランとして運営されているところもあり、豪華な食事が楽しめます。

人力車

歴史的な建物が多い街を人力車で回ることができます。坂が多い問われている土地でも人力車なら疲れ知らずで回ることができます。

引き手はいろいろな名所を知っている方ばかりなのでいろいろなリクエストを聞いてくれます。

おたる水族館

水族館は車で20分ほどのところにあります。ウミガメに迎えられて入る館内にはオホーツク海の海の様子や北海道の希少生物などを見ることができます。

すぐ横が海につながっているため仕切りを付けただけの自然あふれる展示もあります。1日一回ペンギンが海までお散歩しに行きます。併設のイルカスタジアムでは、イルカやオタリアのショー。海に近い海獣公園では、トド、アザラシなどのショーを楽しむことができます。

冬季は雪上を元気に歩くペンギンの雪中さんぽが見られます。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …