Home / 国内旅行 / 大分県 / 大分旅行で大分の名物にまみれよう!大分名物のグルメ、温泉、地酒、お土産

大分旅行で大分の名物にまみれよう!大分名物のグルメ、温泉、地酒、お土産

「大分県」と言えば、別府や湯布院に代表される温泉をあげる方が多いのではないかと思います。しかし、温泉以外にも見どころやおいしいものがたくさんあることをご存じですか。そんな温泉だけじゃない、大分県の名物グルメ、温泉、地酒、お土産を紹介します。

温泉に圧倒されて他の名物は少し目立ちませんが、魅力的なものが数多くあります。記事を参考に大分の名物にまみれてみませんか。

スポンサードリンク

大分旅行に行くなら食べたい名物料理

鶏天

大分県中部(大分市・別府市周辺)の郷土料理で、鶏肉(もも肉・胸肉・ささみなど)に醤油やニンニクなどで下味をつけて、天ぷらの要領で衣を付けて揚げた料理です。

鶏天はふわっとしたものや二度揚げしてからっとしたものなど、付けダレは酢醤油やポン酢に辛子が定番ですがタルタルソースや、初めから醤油ベースの甘辛ダレが絡めてあるものなど様々です。また千切りキャベツなど生野菜が添えられています。

県内いたるところで食べられるため、全国にある料理だと思っている人も多いといわれる、地元で愛され続ける名物です。

りゅうきゅう丼

「りゅうきゅう」と呼ばれる、アジ・サバ・ブリ・カンパチなどの切り身を醤油・酒・みりん・しょうが・ゴマなどが入ったタレで漬けたものを、アツアツご飯の上にのせてねぎ・大葉・海苔を散らした郷土料理です。「りゅうきゅう」は家庭によって、お店によってレシピが違いますので、食べ比べをしてみるのもいいですね。

から揚げ

大分県は1人当たりの鶏肉消費量日本一で、「から揚げ専門店発祥の地」「聖地」ともいわれています。「発祥の地」は宇佐市、「聖地(日本唐揚協会認定)」は隣の中津市となっていて、多くの専門店やスーパーなどで販売されているソウルフードです。

鶏肉に醤油・ニンニク・ショウガ等をベースにした漬けダレにしっかり漬け込んでから揚げられており、漬けダレのレシピは店舗によって違いがあります。また専門店などでは、揚げたものを販売するのではなく、注文を受けてから揚げるという販売スタイルになっています。

地獄蒸しプリン

別府八湯のひとつ、「明礬温泉」の蒸気を利用して作られたプリンです。最初に温泉の蒸気を利用してプリンを作ったといわれており、近年は他の温泉でも様々なプリンが作られるようになりました。「明礬温泉」では岡本屋が製造しており、カスタードの他にバナナ・サツマイモ・コーヒー・いちご・抹茶があります。

岡本屋
住所:別府市明礬4
TEL:0977-66-3228

大分のブランド牛「豊後牛」

●「おおいた豊後牛」に認定:・大分県内で最も長く肥育されている・36カ月齢未満の黒毛和種・肉質等級2級以上
●「おおいた豊後牛 頂(いただき)」に認定:肉質等級4級以上
●「豊味いの証(うまいのあかし)」に認定:オレイン酸含有率55%以上

「おおいた豊後牛」はきめ細かい霜降り肉、食感はまろやかで口に入れるととろけてしまう、そんな上質のお肉を県内で堪能していただけます。スーパーなどでお肉を購入する際、上記に認定された肉のパックにはシールが貼られていますので参考にして下さい。

大分の定番スイーツ「ぷりんどら」

由布市に本社・工場がある『菊屋』が発祥、現在では大分県内で販売されています。

普通のどら焼きの生地よりやわらかくふわふわの生地、生地とプリンを繋ぐやさしい甘さのカスタードクリーム、食べた時に形が崩れずほどよい固さのプリン、ほろ苦のカラメルソース、これらを重ねた「ぷりんどら」は老若男女に愛される大分スイーツの新定番となっています。

「ぷりんどら」は普通のカスタードプリン、黒豆入りの抹茶プリンの他、季節限定のプリン(春-あまおうなど)があります。また要冷蔵の商品ですのでお土産として購入する際は注意して下さい。(賞味期限5日)

由布院 花麹菊屋
住所:由布市湯布院町川上1524-1
TEL:0977-28-2215

日本一の「おんせん県」大分の名物温泉

別府温泉

泉質:単純温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素泉・塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉・含アルミニウム泉・含銅―鉄泉・硫黄泉・酸性泉・モール泉
湧出量:83,058ℓ/分(全国1位) 源泉数:全国1位

別府市内に数百ある温泉の総称で、「別府温泉」「浜脇温泉」「観海寺温泉」「堀田温泉」「明礬温泉」「鉄輪温泉」「柴石温泉」「亀川温泉」の八温泉郷に分かれており、「別府八湯」「別府温泉郷」とも呼ばれます。また「別府八湯」のうちの「別府温泉」だけを指す場合もあります。源泉数・湧出量共に日本一のまさに「泉都」と呼ばれるに相応しい温泉都市です。

八湯それぞれ違った泉質や歴史・雰囲気があり、毎年4月に「別府八泉温泉まつり」の他、体験型の「別府八泉温泉泊覧会(オンハク・春と秋に開催)」や温泉道名人を目指す「別府八泉温泉道」などのイベントが行われています。

由布院温泉

泉質:単純温泉
湧出量:38,600ℓ/分(全国3位) 源泉数:全国2位

由布市湯布院町の由布岳傍にある、大きな宿泊施設や歓楽街など大規模温泉地にありがちなものが少ない田園的で落ち着いた雰囲気に包まれた温泉です。また温泉がどこでも出るため宿泊施設が一か所に集まることなく点在し、また一軒一軒がゆったりとした造りになっています。温泉地らしい落ち着いた佇まいを堪能できる高級旅館が多いのも特徴です。

塚原温泉

泉質:硫酸塩泉
pH値:pH 1.4の強酸性(全国2位)

由布市湯布院町の伽藍岳中腹にある酸性度が強い緑色の温泉で、特に皮膚疾患(アトピーや水虫など)に効果があるといわれる「医者が薦める奇跡の温泉」です。ちなみに石鹸は泡立ちません。源泉付近に日帰り温泉が1つあり宿泊施設は少し離れた所に点在しています。

源泉地の地獄地帯に雨が降るとそれが熱せられて温泉になるため、降雨量が温泉成分や湯量に関係している温泉となっています。

日帰り温泉「塚原温泉 火口乃湯」
住所:由布市湯布院町塚原1235
TEL:0977-85-4101
駐車場:60台

大浴場(2時間以内):大人500円 小人(1歳~小学生以下)200円
露天風呂(2時間以内):大人600円 小人200円
家族風呂(5部屋・1時間以内):2000円~
休憩室(5部屋・1時間以内)1000円

※冬期は積雪のため休業することがありますので、旅行前に電話で問い合わせをした方がよいようです。

湯平温泉

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉・弱食塩泉

由布市湯布院町湯平、花合野川沿いの谷間にある温泉街でレトロな雰囲気が外国人に人気の温泉です。温泉水は飲泉としての効能が高いといわれ、温泉水を使った料理を提供いているところもあります。慢性消化器病・慢性便秘に効果があるといわれています。

温泉には共同浴場「金の湯」「中の湯」「砂湯(中央温泉)」「銀の湯」「橋本温泉」があり、入浴料は200円(湯平温泉宿泊施設の宿泊者は100円)です。

日田温泉

泉質:単純温泉・ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物泉

日田市の三隅川沿いに8軒の旅館、中洲に「かんぽの宿日田(ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉・弱食塩泉はここの温泉のみ)」があります。

三隅川の屋形船(日田では「遊船」と言います)と鵜飼が観光の目玉となっており、40艘以上の遊船が川面を埋める様子は日田の風物詩となっています。5月下旬の鮎解禁に合わせて行われる「三隅川観光祭」では花火が打ち上げられます。

筋湯温泉

泉質:単純温泉・ナトリウム-塩化物泉

玖珠郡九重町の湧蓋山南東麓標高1000mにある『九重九湯(九重”夢”温泉郷)』のひとつです。

「日本一の打たせ湯」として有名な共同浴場「うたせ大浴場」には高さ2mの滝が18本あり、そこから落ちる湯が肩こりなど「筋の病」に効くといわれることから「筋湯」と呼ばれるようになったといわれています。また旅館の中にも打たせ湯があるところがあります。

約30軒の旅館と共同浴場「うたせ湯大浴場(裏に足湯あり)」「岩ん湯」「薬師湯」「せんしゃく湯」があり、夏は避暑地として賑わうのどかな温泉です。

天ヶ瀬温泉

泉質:硫黄泉・単純温泉

日田市の玖珠川沿いに約20軒の宿泊施設、そして天ヶ瀬駅から徒歩15分圏内の玖珠川の河原に共同露天風呂「駅前温泉」「薬師湯」「神田湯」「益次郎温泉」「鶴舞の湯」があり、100円で入浴できます(他に旅館所有の露天風呂があります)。ただし地元の方も入浴するためマナーが厳しいので注意が必要です。

観光案内所で「あまがせ温泉なんでもパスポート(1冊1000円・3枚綴り)」が販売されており、14か所の温泉入浴と1施設の入場に使えます(1施設1枚使用)

大深度地熱温泉

泉質:アルカリ-塩化物泉・アルカリ-炭酸水素塩泉

大分市内に34か所ある温泉で、地下600~800mに貯留する深層熱水です。温泉水に含まれる炭酸ガスは古代の植物に由来し、温泉水を含む地層は新生代第三期~四期にかけて形成されたと考えられています。太古の大分に想いを馳せながら入浴できるロマンあふれる温泉です。

深耶馬溪温泉

泉質:アルカリ性単純温泉

中津市耶馬渓町の山移川の谷にある温泉です。景勝地の「一目八景」「麗谷」など深耶馬渓風景地があり、新緑・紅葉・雪景色など四季折々の自然をゆっくり楽しめる温泉です。

九重”夢”温泉郷

泉質:単純温泉・強アルカリ性単純温泉・硫黄泉・ナトリウム-塩化物泉・炭酸水素塩泉・単純硫化水素泉・硫化水素泉・酸性緑礬泉・冷鉱泉・含茫硝重曹酸土類泉・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・単純硫黄泉

球磨郡九重町にある、『九重九湯』の「宝泉寺温泉」「壁湯温泉」「川底温泉」「龍門温泉」「湯坪温泉」「筋湯温泉」「筌の口温泉」「長者原温泉」「寒の地獄温泉」に同町内の「九酔渓温泉」「星生温泉」「牧の戸温泉」「馬子草温泉」「水分温泉」を加えた温泉郷です。

2007年に町内温泉の統一名称を公募し、町の名所「九重“夢”大吊橋」にちなんだ「九重”夢”温泉郷」に決定しました。毎年9月9日に「九重”夢”温泉郷無料入場」のイベントがあります(ポスター掲示施設)。

日出温泉

泉質:ナトリウム-塩化物泉

速見郡日出町にある温泉で、別府湾沿いにあるため海を眺めながら入れる露天風呂もあります。県内屈指の名水の里で町内に50か所以上の名水スポットがあります。

大分名物の人気地酒といえばコレ

西の関

萱島酒造が製造する日本酒で、水は両子山・文珠山の伏流水で軽やかでやさしい甘みを持つやや軟水(硬度4)を使用し、原料米は大分県産ヒノヒカリ・広島県産八反錦・兵庫県産山田錦を使用しています。西日本を代表する清酒にとの願いを込めて「西の関」と名付けられた日本酒で、大分の濃くて甘い醤油を使った料理によく合うお酒です。

萱島酒造有限会社
所在地:国東市国東町綱井392-1
TEL:0978-72-1181

鷹来屋

浜嶋酒造が完全手造り・槽しぼりで製造する日本酒で、水は久住山系伏流水(軟水)、米は蔵元自ら減農薬で育てた山田錦・若水・日本晴・五百万石・大分三井を使用しています。蔵元杜氏の酒造りに対する情熱とこだわりから造られたお酒は、米本来の複雑なうまみを残した、食事との相性がよい食中酒です。

浜嶋酒造合資会社
所在地:豊後大野市緒方町下自在381
TEL0974-42-2216

千羽鶴

佐藤酒造が製造する日本酒で、水は久住山の伏流水(軟水)、米は山田錦と若水を使用しています。標高700mの寒造りに最適な地で杜氏と蔵元が丁寧な酒造りを行っています。また川端康成がこの地で執筆いていた間片時も離さず飲み、命名したお酒でもあります。

佐藤酒造株式会社
所在地:竹田市久住町久住6197
TEL:0974-76-0004

智恵美人

中野酒造が製造する日本酒で、水は地下200mから湧き出す六郷満山の御霊泉、米は山田錦や大分産ひとめぼれなどを使用しています。「智恵美人」には漢字の商品名のものとひらがなのものとがあり、「智恵美人」は昔から地元の人に愛されていたお酒で、原料米に山田錦を使用しており、米のうまみが口の中でやさしく広がり癒されていくような味わいです。

「ちえびじん」はワンランク上のシリーズとして造られ、香り高くフルーティで円やかな口当たりが特徴のお酒です。「ちえびじん 純米吟醸 山田錦」は2017年発売の書籍『世界が憧れる日本酒78』で90点以上を獲得した日本酒として紹介された、新しい大分の名酒です。

有限会社中野酒造
所在地:杵築市大字南杵築2487-1
TEL:0978-62-2109

八鹿

八鹿酒造が製造する日本酒で、九重連山の伏流水を使用して作られるお酒は時代によって味を変えて進化しており、現在は淡麗辛口のものとなっています。品評会などでの金賞受賞回数も多い大分を代表する逸品のひとつです。ちなみに「大分麦焼酎 銀座のすずめ」もこの会社の商品です。

八鹿酒造株式会社
所在地:玖珠郡九重町大字右田3364
TEL:0120-39-8240 0973-76-3071

大分名物のお土産・特産品

りゅうきゅう

もともとは漁師が魚を保存するために作っていた料理で、アジ・サバ・ブリ・カンパチなどの切り身を、醤油・酒・みりん・しょうが・ゴマなどを合わせたタレに漬け込んだもので、薬味としてネギやワサビを添えます。作る人によってタレの分量等のレシピに違いがあり、また魚によって漬け込む時間を変えるなどのこだわりが光る一品です。

名前の由来は、琉球(沖縄)から伝わった料理だからとも、ゴマの料理を好んだ千利休にちなんだ「利休和え(りきゅうあえ)」が訛ったものともいわれていますがよく分かっていません。

ざびえる

「ざびえる本舗」が販売している大分市の銘菓で、お土産として、地元の方のお茶請けとして大人気のお菓子です。戦国時代、この地で布教した「フランシスコ・ザビエル」にちなんで名付けられたもので、バターを効かせたビスケット生地で白あんまたはラムレーズン入りあんを包んで焼いた和洋折衷菓子です。

カボス

収穫量全国1位で、全収穫量の約97%を占めている大分県の特産品です。酸味の強い果汁が特徴で、味噌汁や麺類、焼酎に入れて風味を楽しむのが大分流です。調味料・ジュース・和・洋菓子などに加工して販売されている他、養殖魚の飼料にカボスを加えて切り身の変色や臭みを抑えた「かぼすブリ」「かぼすヒラメ」を出荷しています。

柚子こしょう

九州では一般的な調味料のひとつで、唐辛子を荒く刻んで柚子の果皮と塩を加えてすり潰して熟成させた物で、「こしょう」とは「唐辛子」のことです。青唐辛子と青柚子で作ると辛みの強い緑色の柚子こしょうに、赤唐辛子と黄柚子で作ると香りの強い朱色の柚子こしょうになります。日田市が柚子こしょうの発祥という説もあります。

まとめ

いかがでしたか。「おんせん県」と呼ばれるだけあって多くの特徴ある温泉があります。そして温泉に負けない、魅力的な料理やお酒、お土産もたくさんあります。次の旅行は大分の温泉と名物を楽しむ旅に決まりですね。


スポンサーリンク

Check Also

別府温泉を楽しむための目的別おすすめ人気宿泊施設

「おんせん県」と自らを呼称する …