Home / 国内旅行 / 京都 / 京都南禅寺の水路閣の歴史と魅力

京都南禅寺の水路閣の歴史と魅力

4aae8e33a8bfddbf8aa7fae93125a62c_s

京都左京区、銀閣寺から続く哲学の道の終着点付近にある禅寺。日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇る臨済宗南禅寺派の本山で、京都市営地下鉄東西線の蹴上駅から歩いて行ける距離にあります。もともとは、後嵯峨天皇が文永元年(1264年)に造営した禅林寺殿という離宮でした。その後、後嵯峨天皇の第七皇子であった亀山法皇により、正応4年(1291年)に離宮から寺に改められ、「龍安山禅林禅寺」と呼ばれるようになりました。

南禅寺は室町時代に非常に繁栄し、銀閣寺を創建した足利義満により「五山之上」、つまり京都五山の上におかれる別格扱いを受ける、京都第一の禅寺となりました。応仁の乱や火災により伽藍は焼失し、一時衰退しましたが、江戸時代に入り、徳川家康の側近・以心崇伝により復興が進められ、現在の姿になりました。

三門、天授庵庭園、方丈庭園、水路閣など、見所満載の境内はとにかく広大。紅葉の美しさが特に有名ですが、新緑の季節、冬枯れの季節、いつ行っても緑に囲まれた寺院内は四季折々の表情で、来る者を迎えてくれます。時間がなければ、哲学の道を歩くついでに、ブラタモリでも紹介された水路閣をのぞくだけでもOKです。でも、出来れば、広い寺院の中を時間をかけてゆっくり散歩してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

南禅寺の壮大な三門

入るとまず、三門が出迎えてくれますが、この三門の大きいこと!高さは22メートル。これで普通のお寺一つ分あるんじゃ?と思うような大きさです。ちなみに三門は二層からなり、下層を天下龍門、上層は五鳳楼と呼ばれています。この三門は、大坂夏の陣で戦った武将藤堂高虎が、戦で亡くなった家来を弔う目的で建てたもの。歌舞伎の『楼門五三桐』という演目の二幕目で、石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という名セリフを述べることでも有名です。

今でも上れますので、ぜひ上まで上ってみてください。かなり急な階段ですが、門の上からの眺めはまさに圧巻。上ったあと、門の上を一周することもできます。上るのは少々大変ですがきっと満足できると思います。急な階段に気をつけて、ぜひトライしてみてください。

美しい方丈庭園

方丈庭園は、「虎の子渡し」と呼ばれる、江戸初期の代表的な枯山水庭園です。白妙の奥に配された、石と木と、そして苔。静かな中にも動きが感じられ、見る人、見る時間によって様々な表情を見せてくれます。こちらの方丈では、予約をすれば、座禅体験も可能。
国宝の方丈は、1291(正応4)年の建立で、大方丈と小方丈の二つからなっています。どちらにも狩野元信や狩野探幽ら、狩野派の筆による襖絵が飾られています。特に小方丈の「虎の間」と呼ばれる三室は、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」で名高いです。

歴史ある南禅院

境内の奥まった場所にある南禅院。ここは、南禅寺発祥となる離宮・禅林寺殿の一部でした。応仁の乱など京都を巻き込んだ戦や火災などで、室町時代にはすでに荒廃してしまいましたが、江戸時代、犬将軍として名高い五代将軍綱吉の母・桂昌院によって再建され、現在の姿になりました。周囲の自然風景にとけこむ静かな佇まいには、幽境の雰囲気が漂います。雨の日に、苔の吸い込まれる水滴を眺めているだけでも、心が落ち着く場所です。

庭園を携える天授庵

三門の右手にある天授庵は、室町時代に建立された塔頭です。こちらも一時は荒廃していましたが、戦国時代末期に、細川幽斎により再建されました。方丈の襖絵は長谷川等伯の筆になるもので重要文化財ですが、残念ながら非公開。池泉を主にした庭と枯山水、二つの庭園があります。この天授庵のお庭は、 紅葉の季節には特に美しいことで大変有名です。

大人気の水道橋「水路閣」

1b3492a7247235622d7053ed72599dae_s

ブラタモリでも紹介された人気の水道橋・水路閣。琵琶湖の水を京都に供給するために、明治維新後に琵琶湖疏水が作られました。その水を通すために境内を通る形で作られた水道橋が水路閣です。建設当時は、古都の景観を破壊するという理由で反対の声があがったものの、南禅寺の三門には見物人が殺到したといいます。レンガでつくられた西洋風の水道橋は、当時の日本人には大変珍しくハイカラな建物だったのでしょう。

現在では、テレビドラマの撮影にも使われ、京都の風景として定着しています。レンガの水道橋・水路閣は、なんだか海外にいるような気分にさせてくれる建物。禅寺と水道橋の取り合わせはちょっとアンバランスなのに、それでも不思議にしっくりくるのは、どちらも時代を経た建物だからかもしれません。素敵な写真が撮れるスポットなので、カメラは必携です!蹴上のインクラインから境内の水路閣へ抜けられる裏道は、山深い雰囲気もあって、また雰囲気の違う素晴らしいですよ。

南禅寺の楽しみ方

京都左京区の南禅寺付近は、銀閣寺あり、哲学の道ありと、京都を代表する定番コースの1つで、東山周辺に行く観光客は必ず立ち寄る場所といってもいいでしょう。当然、修学旅行生や国内外の観光客だらけなのですが、10時前、あるいは夕方などは人が少なく、比較的ノンビリ出来ると思います。

南禅寺の門前には湯豆腐で有名な店が何軒もあります。ヘルシーなお豆腐で腹ごしらえしても良し、時を惜しんで風景を愛でるも良し、思い思いの散策を楽しんで下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?京都南禅寺の水路閣は京都の雰囲気と少し異なるレンガ造り。一味違う京都と歴史を感じさせてくれる魅力的な観光スポットです。

是非京都観光際には南禅寺の水路閣にもお立ち寄りくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …