Home / 国内旅行 / 北海道 / モエレ沼公園の観光の魅力とおすすめ情報

モエレ沼公園の観光の魅力とおすすめ情報

モエレ沼公園は札幌市東区にある札幌市が運営する公園です。もともとこのモエレ沼は三日月湖、つまりうねるように蛇行して流れる河川が浸食の結果、流れを変えた後に出来る池沼でした。

スポンサードリンク

モエレ沼公園の歴史

昔を見ると周辺地の水田へ農業用水を供給する重要な存在であったのですが、減反政策の影響で水田は姿を消し、結果として池沼だけが残ってしまった形になります。

この減反政策によって水田が姿を消し始めたのは1966年の頃でしたから、それから40年近くの間、このモエレ沼はゴミの埋め立て地として利用されていました。

しかしその後の1982年ごろ、札幌市の市街地を公園や緑地で囲むことで環境を整備しようという環状グリーンベルト構想が立ち上がり、その一環としてゴミの埋め立て地として利用されていたモエレ沼はモエレ沼公園としての開発が始まったのです。

モエレ沼公園の概要

沼全体の埋め立てに使用されたゴミの量は270万トン、その後造成のために公共工事で発生した建築残土165平方メートルが使用されており、環境に配慮した観光施設としては国内最大規模であると言えます。

加えてモエレ沼公園では再生可能エネルギーを利用した冷暖房システムの運用を行っているのも特徴です。

この施設では夏場に使用される冷房のエネルギーを電気だけではなく冬場に降り積もった雪のエネルギーを利用しており、冬場には太陽光によって暖められた空気を送ることで暖房としています。
再生可能エネルギーを効率よく運用するための取り組みをアートに落とし込んでいるというのも大きなポイントで、もしそうした建築などに興味がある人であれば間違いなく楽しめる構造になっています。

こういった工事を経て公園が完成したのは2005年のことであり、全体的な構想は高名な彫刻家であるイサム・ノグチが行いました。

モエレ沼公園の遊具・施設

一般的にイメージされる公園の姿としては滑り台やブランコなどの遊具があって、子どもが遊んで親は見守るといった姿が挙げられるでしょうが、モエレ沼公園の場合はそうした子どもが遊べるエリアを設けつつもテニスコートや野球場といった運動設備を配置し、その他歩くスキーなどが楽しめるモエレ山、また大人でも楽しむことが出来る芸術施設なども設置されており、老若男女を問わず楽しむことが出来る公園として、札幌市民に親しまれています。

モエレ沼公園の人気施設

代表的な施設としては公園全体を象徴するモニュメントでもある「ガラスのピラミッド」、カラマツ林に隠れるようにして配置されている直径48メートルにもなる巨大な「海の噴水」、約2600本もの桜が植栽され子どもが楽しめる遊具を設置した「サクラの森」などがあります。

中でも注目するべきは海の噴水であり、直径48メートルという巨大な噴水から水が吹きあがり、海をイメージさせる雄大で豪快な波が作られ、そして最大25メートルの高さまで水が吹きあがるプログラム、ビッグワンは見る人を魅了してくれます。

この海の噴水には40分のロングプログラムと15分のショートプログラムの二つのプログラムで噴水のショーを行っており、夜になるとライトアップされて光と水の幻想的な風景を、家族連れにもカップルにも楽しませてくれるでしょう。

2013年には落雷による故障で運転が停止されましたが、その後復旧していますから、事前にプログラムを確認しておけばいつでも楽しむことが可能です。

モエレ沼公園で開催されるイベント

またモエレ沼公園は札幌市内でも有数の大きさを誇る公園であり、郊外に位置しているということもあって毎月さまざまなイベントが催されているのも観光の魅力と言えるでしょう。

例えば1月にはスノーキャンドル、5月には春の花の観察会、8月には小・中学生が参加できるロードレース大会、9月には日本を代表する長距離自転車ロードレース大会であるツール・ド・北海道、12月にはホワイトクリスマスといった催し物が行われています。

これらのイベントはモエレ沼公園だけで運営されているものではないため、その年によっては行われていないこともありますが、ほぼ毎月さまざまなイベントが行われているため、もしタイミングが合えば参加してみるのも一興です。

野外ステージではコンサートなどの音楽イベントが行われていることもありますから、音楽ファンにとっても楽しめる場所になるでしょう。

モエレ沼公園で楽しめる食事

飲食店としては北海道産食材の地産地消にこだわったフレンチレストラン、ランファン・キ・レーヴと、公園内で食べることが出来るランチボックスなどを販売しているテイクアウトショップ、パニエの二店があります。

ランファン・キ・レーヴはランチでも1人3500~4000円ほど、ディナーだと5000円以上と少々お高めの値段設定がされていますが、もし札幌に来て思い出に残る食事をしたいということであれば、その価値は間違いなくあります。

モエレ沼公園へのアクセス方法

札幌市内からの直通バスも出ているために観光客にとってのアクセスも良いですから、札幌市街地だけでは満足が出来ない、しかし他のエリアに行くには遠いと感じているのであれば、まずこの公園に足を運んでみると良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …