Home / 国内旅行 / 京都 / 京都萬福寺の歴史と魅力

京都萬福寺の歴史と魅力

4efe9899152cc6435867a9f654a07219_s

萬福寺は京都市宇治市にある黄檗宗大本山の寺院で、江戸時代の寛文元年(1661年)に中国から招かれた高僧である隠元隆琦(いんげんりゅうき)によって創建されました。臨済宗・曹洞宗らとともに、黄檗宗は日本の禅宗を代表する三宗に数えられています。

スポンサードリンク

明代の中国様式の仏教寺院

黄檗宗が日本に伝えられたのは江戸時代で、近世以前の仏教各派の中では最も新しい宗派です。隠元隆琦は寺院を創建するにあたり故郷中国福州にあった寺と同じ名前を付け、建物や仏像も中国の寺院と全く同じように造らせました。そのため境内にある建物の建築様式や仏像、言葉、儀式の作法、精進料理などは全て中国式です。

境内に入ると本堂の手前に「天王殿」があり、布袋(弥勒如来)像が安置されています。これは日本の仏教寺院には見られないスタイルです。境内にある建物は中国式で、法堂の欄干は中国風の卍崩しのデザインとなっています。当寺にある建物や仏像などは中国明代の仏教寺院をそっくり再現したものなので、一歩境内に入ると昔の中国にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

他の仏教寺院とは異なり、明代の中国様式の仏教寺院を見ることができるのです。

隠元隆琦と萬福寺

隠元隆琦は明時代の万暦20年(1592年)に福建省福州府に生まれ、29歳で仏門に入りました。46歳の時に故郷である黄檗山萬福寺の住職となりました。隠元は中国においても高名な僧で、その名声は鎖国を行っていた江戸時代の日本にも伝わるほどでした。

長崎・興福寺の僧であった逸然性融は隠元の弟子である也嬾性圭(やらんしょうけい)という僧を日本に招きましたが、也嬾の乗った船が遭難して也嬾は亡くなってしまいました。そこで逸然は、也嬾の師である隠元隆琦を日本に招こうとしました。

最初は隠元は高齢を理由に招きを辞退していました。ところが日本側から度重なる招請があったことや、也嬾性圭の遺志を果たしたいとの思いから日本行きを決意して、承応3年(1654年)に30名の弟子とともに来日しました。当初の予定では隠元は3年で中国に帰るつもりでしたが日本側の信奉者が日本滞在を希望し、幕府にもその旨が伝えられました。

そして万治元年(1658年)、隠元は江戸へ赴いて将軍徳川家綱に拝謁した際に家綱が隠元に帰依し、翌年には山城国宇治(京都市宇治市)に隠元のために新しい寺が建立されることになりました。そこで隠元は日本に留まることを決意して萬福寺が建てられることになりました。

萬福寺の宗派の特徴

隠元が中国で住職を務めていた黄檗宗も元々臨済宗の一派です。日本に初めて臨済宗が伝えられたのは鎌倉時代で栄西(1141-1215年)によるもので、それ以後日本独自の発展を遂げてきました。中国の臨済宗も明代までに発展しており、隠元が日本に黄檗宗を伝えた頃には同じ臨済宗であっても日本と中国で作法や習慣などが大きく異なっていました。

隠元が中国から伝えた作法や習慣で有名なものは木魚です。今でこそお経と言われて一番先に思い浮かべるものが木魚ですが、隠元が黄檗宗を伝える前は木魚はありませんでした。さらにお経を唱える際に鐘などを叩いてリズムを取る習慣も隠元によって伝えられたものです。

さらに中国では畳を使う習慣が無く、境内にある建物の床には瓦敷きが施されています。そのため黄檗宗では正座ではなく立ってお経を唱えるというスタイルが取られています。食事の際は椅子とテーブルを使用します。隠元は仏教の作法以外にも多くの物を日本に伝えました。

その中にはインゲン豆、孟宗竹(タケノコ)、スイカ、レンコン、ゴマ豆腐などが含まれています。さらに煎茶道を伝えたのも隠元です。それまで日本では茶道といえば抹茶で、抹茶の粉末をお湯にいれて泡を立てて飲むのが一般的でした。

隠元の伝えた煎茶は葉の状態のお茶を急須などで濾して淹れるスタイルです。現在も全日本煎茶道連盟の事務局は当寺内に置かれ、連盟の会長は当寺の管長が兼務することになっています。

萬福寺と精進料理

02025eb7473750ce48c913534f4356b8_s

隠元は中国風の精進料理も日本に伝えました。隠元が伝えた精進料理の特徴は、色とりどりの華やかな料理、「がんもどき」など何かに見立てた「もどき」料理が多いこと、大皿に盛られた料理を取り分けるスタイル、葛と植物油を多く使った濃厚な味などがあります。江戸時代までは油は非常に高価で、料理に使われることは殆どありませんでした。

精進料理「普茶料理」

萬福寺に伝わる中国風の精進料理は「普茶料理」と呼ばれ、これは「普(あまね)く衆人に茶を施す」という意味があります。法要や仏事が終わった後に僧侶や檀家などが集まって高僧や若い修行僧、大人も子供も立場や性別の分け隔てなく食卓を囲み、お茶を楽しむ食事の事です。

普茶料理は素材が本来持つ味や風味を壊さずに調理され、大皿に盛られた料理を皆で取り分けます。萬福寺では普茶料理を味わうことができます(要予約)。コース料理は2名以上で5,000円または7,000円コースが選択できます。中国風の普茶料理も萬福寺の魅力のひとつです。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …