Home / 国内旅行 / 北海道 / 北海道で観れるライラックの名所と基本情報、花言葉

北海道で観れるライラックの名所と基本情報、花言葉

北海道でライラックといえば札幌市が有名です。札幌市内には名所がいくつもありますので、ご紹介しましょう。

スポンサードリンク

創成川公園

こちらは2011年に完成したばかりの新名所で園内には200本ものライラックが植えられており、しかもその種類も豊富で、様々なものを見ることができます。この公園は南4条から北1条まで続き、全長820mほどの花と水辺の散歩道のような感じです。

周囲の観光スポットとして道内一の歓楽街「ススキノ」、北海道グルメをたっぷり購入できる「二条市場」、そして歴史がある商店街の「狸小路」などがあります。見ごろは5月中旬から6月頃にかけてです。

この公園に来たら、ぜひ札幌のランドマークでもある「さっぽろテレビ塔」とライラックを一緒に撮ってみるのがオススメです。札幌へ来たという良い記念になります。

北海道大学植物園

明治19年にできたこの植物園は札幌農学校や北海道大学の教育・研究の場として利用されている他、市民の憩いの場にもなっています。園内にはなんと4000種類もの植物が研究のために植えられています。

こちらの植物園へ出かけるのであれば、やはり札幌で最古のリラを見ておくのが良いでしょう。園内にある「宮部金吾記念館」の前に1本のリラがあります。リラとはライラックの別名です。この記念館前にあるものは1890年に現在の北星学園の創始者であるサラ・スミスさんがアメリカのニューイングランドから持ってきた苗木から育てられたものです。

当初は温室付近に植えられていましたが、現在の場所に移動させることになり、ソリを使って運搬しました。ところが、植えるために掘った穴にソリごと入れてしまったためにそのソリを取り出すことができなくなり、現在でも木の下に入ったままだといわれています。この植物園ではリラの並木道も有名です。

大通公園

約400本のリラが植えられており、白系が30本、紫系が370本となっています。毎年5月下旬頃には「さっぽろライラックまつり」が開催されています。

このお祭りでは音楽祭や野外でお茶を点てる野だて、スタンプラリーなども開催されています。公園の他の植物は92種類4700本ほど植えられています。冬はイルミネーションが美しいと訪れる人が多いですし、雪まつりも開催されます。

一年中いろんな植物を眺め、ゆっくりとすることができるのが魅力的なスポットです。近代公園の先駆者である長岡安平氏によって設計された公園で、本格的に整備されてからおよそ105年ほどになります。

百合が原公園

この公園は昭和58年に開園した総合公園で、昭和天皇陛下の御在位五十年記念の事業で造成されたことから公園内の世界の百合広場にはシンボルとなっている100種類の百合が植えられています。

リラやチューリップなどもありますが、テーマを持ったそれぞれの花壇などに植えられています。リラは「ライラックコレクション」というエリアにあります。このエリアは緑化植物園の一角にあり、美しい芝生を取り囲むようにして植えられています。

リラは約50種類ほどがあり、シーズンになると良い香りを放ち、ゆっくりと過ごせる場所となっています。正面入り口にある公園西側に面する歩道沿いに約650mほどリラの並木があり、散策できるようになっています。

川下公園

札幌郊外にあるこちらの公園にはリラが植えられている森があり、その種類はなんと200種類にも及びます。本数にして約1700本ほど植えられているので、見ごたえがあります。

5月中旬頃から早咲きタイプが咲き始め、その種類によって順番に咲いていきます。森といっても明るい感じに整備された場所なので花見のような感覚でリラを楽しむことができます。

この公園のリラは大通公園のものが咲き終わるくらいに咲き始めるので、大通公園のほうを見た方はこちらへ足を運んでみるのも良いでしょう。

中島公園

地下鉄南北線の中島公園駅と隣接していて、園内には重要文化財となってい「豊平館」や「八窓庵」があります。こちらのリラは菖蒲池の周囲に咲いており、池とリラのコントラストを眺めることもできます。日本の都市公園100選にも選ばれている公園です。

池の付近にはカモも生息しており、シーズンになるとたくさんの子ガモの愛らしい姿を見ることができます。

まとめ

リラが咲く頃は急に寒くなる時期でもあり、「リラ冷え」と呼ばれています。この頃の札幌へ出かけるのであれば何か暖かい羽織物を持って出かけるほうが良いでしょう。

またクローバーには幸せの四葉のクローバーがあることで有名ですが、実はリラにも同じように幸せになれるといわれている5枚の花びらがついているものがあるのです。リラは一般的には4枚の花びらをつけているのですが、このように5枚ついているものはほとんどありませんのでハッピーになれる5枚花びらのものを探してみるのも面白いです。

見つけたら記念に写真に撮っておくのも良いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …