Home / 国内旅行 / 京都 / 京都の鮮やかな紅葉と出会えるおすすめスポット32選

京都の鮮やかな紅葉と出会えるおすすめスポット32選

夏が終わり、過ごしやすい日々が増えてくると「今年はどこの紅葉を見に行こうか」とあれこれ情報を集めるのではないでしょうか。そこで今回は、京都の紅葉におすすめの時期と混雑回避法、紅葉狩りの服装、そして鮮やかな紅葉と出会えるおすすめスポットを32か所紹介します。

京都は紅葉が楽しめる美しい庭園などが多く、また寒暖の差が大きいため紅葉の色も鮮やかです。この記事を参考に、車窓から見える紅葉、紅葉と庭園や歴史的な建物との競演、そして夜にはそれらがライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれる光景を心ゆくまで堪能していただけたらと思います。

スポンサードリンク

京都の紅葉を見るおすすめの時期

ベストの時期は11月中旬頃

ここ数年の傾向として、大まかな京都の見頃は11月中旬~下旬頃のようです。紅葉のスイッチは最低気温が8℃を切るようになると入ると言われていますので、10月からの気温や気候によって紅葉の時期が決まってくるといえます。また色づきの早い年と遅い年では2週間前後の違いがあります。

紅葉は自然相手なので、見頃が大きくずれたりすることも考えられます。「日本気象協会」のサイトで10月になると全国各地の紅葉情報が掲載されますので参考にしたり、神社仏閣や観光地では電話で色づき具合の問い合わせに応じてくれるところもありますので確認をしたりして、ベストシーズンを外さないように計画を立てて下さい。

ベストシーズンに混雑を避けて紅葉観賞を楽しむ方法

紅葉のように期間限定のイベントでは、どうしても観光客が集中してなかなか混雑を避けられないのが現状でしょう。それでもちょっとした工夫で混雑を軽減することができます。

●平日に行く…王道の混雑回避法ですが、都合がつかないことが多いですね。

●自動車を使わない…便利な自動車ですが交通渋滞に巻き込まれたり駐車場が見つからなかったりすると予定が狂ってしまいます。裏ワザとして京都の観光地から離れていて駐車料金が安い所に車を止めて最寄りの駅から観光地に向かう方法があります。

●バス・タクシーを極力使わない…計画を立てる時に極力徒歩と鉄道で移動できるプランを立てると渋滞によるストレスから解放されます。

●観光地には開始直後や終了間際に行く…大体団体客が多いのは10時~16時頃ですので、そこを避けて訪れるとゆっくり見学できます。また終了1時間~1時間半前には随分観光客が減ってきます。寺社によっては朝6時・7時台から開いていますので、この時間帯に訪れるのもおすすめです。

紅葉狩りを楽しむための服装・持ち物

京都に限った事ではありませんが、紅葉シーズンは1日の寒暖差が大きい時期で10℃以上の差が出ることもあります。また標高の高い所は平地より寒いことが多いです。

◎京都の平均気温
11月:最高気温16℃ 最低気温7℃
12月上旬:最高気温12℃ 最低気温4℃

紅葉狩りには基本的に脱ぎ着のしやすい服装で、トップスは温かくなおかつ汗を掻いてもすぐ乾く速乾性のものがおすすめです。アウターはその日の気候にもよりますが、脱ぐことが前提のときは薄くても温かいものや小さく畳んで鞄にしまえるものにすると荷物にならなくていいですね。

靴は歩く時間が長く、また落ち葉で滑りやすいですので、履きなれたスニーカーやショートブーツがおすすめで、ロングブーツなど脱ぎ履きしにくい靴は参拝などで建物に上がる際に不便ですので避けた方がよさそうです。また建物内は足元が冷えますので、出かける時から厚手のソックスを履くか、靴を脱いだ時に履いて寒さ対策をしましょう。

他にあると便利な防寒グッズとして、マフラー・ストール・カイロを用意しておくと安心です。

京都の紅葉を楽しめるおすすめスポット32選

<ご注意>
※ライトアップなど特別拝観の期間や時間は、主に2016年の情報です。一部記載した2017年の情報も含めて、旅行の計画を立てる際には必ず情報を確認して下さい。

※参拝時間は紅葉の時期のものを表記しています。時期によって参拝時間が変えているところが多いですので、紅葉の時期以外に訪れる際は必ず確認して下さい。

1.醍醐寺

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):11月18日~12月4日

境内全体が鮮やかな紅葉に包まれています。特に三宝堂庭園は松の緑、砂の白、紅葉の赤のコントラストが見事です。また池のほとりに建つ弁財天付近も紅葉ポイントです。昼間でも美しい光景はライトに照らされるとまた違った趣の光景を見せてくれます。

住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
TEL:075-571-0002
拝観時間:3/1~12月第1日曜-9:00~17:00 12月第1日曜日~翌2月末日-9:00~16:30 ※拝観券の発券は閉門1時間前まで 各所入場は閉門の30分前まで 夜間拝観(ライトアップ):18:00~20:50(20:10受付終了)

拝観料 3か所共通券(三宝院・霊宝館・伽藍):大人1500円 中高生1000円 小学生以下無料 ※秋期(10/15~12/10)春期(3/20~5/15)の料金。この時期以外(通常期)は大人800円 中高生600円 夜間拝観(ライトアップ):1000円

駐車場:約100台 5時間1000円(秋期・春期) 700円(通常期) 以降30分ごとに100円(通年)
樹木:イロハモミジ・ドウダンツツジ・イチョウ・ハゼ・カエデ・コナラ・リョウブ
※夜間拝観には17:45から入場できる「事前予約拝観券」が販売されています。1300円(記念品付き)と1400円(記念品と甘酒またはぜんざい付き)があります。前日までに電話(075-573-2011)で申し込んで下さい。

2.南禅寺

見頃:11月中旬~下旬 天授庵ライトアップ期間(2016年):11月15日~30日

京都屈指の紅葉の名所です。枯山水の白砂と紅葉が美しい「方丈庭園」や池泉回遊式庭園で紅葉が見られるのに人が少なくゆっくり観賞できる「南禅院」、赤レンガのアーチと紅葉がコラボレーションする「水路閣」、ライトアップされた枯山水庭園と紅葉が幻想的な「天授庵」など多くのみどころがあります。

住所:京都市左京区南禅寺福地町
TEL:075-771-0365
拝観時間:12/1~2/28-8:40~16:30(16:10受付終了) 3/1~11/30-8:40~17:00(16:40受付終了) 天授庵ライトアップ:17:30~21:00

拝観料:境内散策は無料 「方丈庭園」・「三門」(それぞれ) 大人500円 高校生400円小・中学生300円 「南禅院」大人300円 高校生250円 小・中学生150円 天授庵ライトアップ:大人500円 高校生400円 小中学生300円

駐車場:約25台 2時間1000円 以降1時間ごとに500円
樹木:モミジ約300本

3.法然院

見頃:11月中旬~下旬

三門周辺が紅葉のベストポイントで、茅葺の山門と白砂檀と紅葉が京都らしい落ち着いた雰囲気で出迎えてくれます。観光客が多い「哲学の道」から離れているので観光客が少なめでゆっくり散策できます。また秋期伽藍内特別公開期間中は方丈庭園や中庭の三銘椿なども拝観できます。

住所:京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
TEL:075-771-2420
拝観時間:6:00~16:00  秋期伽藍内特別公開(毎年11月1日~7日)9:00~16:00
拝観料:散策は無料  秋期伽藍内特別公開 800円
駐車場:なし
樹木:カエデ・モミジ

4.トロッコ列車

見頃:11月下旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):10月15日~12月4日

「嵯峨野トロッコ列車」は景勝地保津渓に沿って運行されている列車です。山側は見事な紅葉、反対側は美しい渓谷、その両方を一度に楽しむことができます。そして紅葉のベストスポットでは列車が停止しますので、写真撮影をしたり絶景を堪能したりすることができます。

より景色を楽しみたい方は窓がなく側板や床も素通しになっている「ザ・リッチ5号車」がおすすめです。

区間:トロッコ嵯峨駅=トロッコ嵐山駅=トロッコ保津峡駅=トロッコ亀山駅 片道7.3㎞ 約25分
営業時間:9:01~17:03 ライトアップ時間:16:30~19:30
料金:大人620円 小人310円 全席指定
樹木:カエデ・イチョウ・ウルシ

5.天龍寺

見頃:11月中旬~12月上旬

曹源池庭園は1994年に世界遺産に登録された庭園です。この庭は嵐山・亀山・小倉山を借景としていて曹源池庭園の紅葉だけでなく山々の紅葉も取り込むことで、壮大な景観を産み出しています。また、大方丈や書院から見る曹源池庭園もおすすめです。紅葉シーズンには「曹源池庭園早朝参拝」を行っており、普段より1時間早く入場することができます。

[曹源池早朝参拝] 期間:11月11日~12月3日(2017年)
入場:7:30~

住所:右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
TEL:075-881-1235
拝観時間:8:30~17:00(閉門)
拝観料:庭園「曹源池」「百花苑」 大人500円 小人(小中学生)300円 諸堂「大方丈」「書院」「多宝殿」 庭園の料金プラス300円
駐車場:120台 1日1000円
樹木:カエデ・ドウダンツツジ・ハナミズキ・サクラ

6.嵐山もみじ祭り

見頃:11月下旬~12月上旬

紅葉の名所として有名な嵐山を京都の文化と共に楽しむイベントです。常緑樹と赤や黄色に色づいた紅葉のコントラストが美しい嵐山をバックに、前を流れる桂川に多くの船が浮かび、船上で行われる狂言や雅楽、郷土芸能などを紅葉と共に楽しむことができます。

場所:嵐山渡月橋上流一帯
問い合わせ:嵐山保勝会 075-861-0012
開催日:毎年11月第2日曜日(2017年は11月12日)雨天中止
時間:午前の部 10:30~ 午後の部 13:00~
料金:無料
駐車場:なし 近隣に駐車場があります
樹木:モミジ・カエデ

7.圓徳院

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):10月21日~12月11日

白砂の南庭と石組が力強い北庭があり、どちらも美しい庭園ですがあまりゆっくり庭を堪能できない場合は国指定名勝の北庭から見学することをおすすめします。また室内から庭を観賞できるため、雨の日も安心です。雨に濡れる紅葉も風情があります。

住所:京都市東山区高台寺下河原町530
TEL:075-525-0101
拝観時間:10:00~17:00(17:30閉門) ライトアップ期間:日没後点灯~21:30 ※昼夜入れ替えなし
拝観料:大人500円 中高生200円 3か所(高台寺・掌美術館・圓徳院)共通割引拝観券 大人900円
駐車場:150台 1時間600円 以降30分ごとに300円 3か所共通割引拝観券…2時間無料 「高台寺」または「圓徳院」の拝観券…1時間無料

8.北白川天然ラジウム温泉

見頃:11月中旬~下旬

比叡山の山裾にあるラジウム含有量日本トップクラスの天然温泉で、露天風呂に浸かりながら、客室の窓から間近に紅葉を見ることができるちょっと贅沢な宿です。市内中心部から車で20分、銀閣寺から車で5分の好立地にあります。

住所:左京区北白川地蔵谷1-125
TEL:075-781-4525
客室:6室
日帰り入浴:大人(中学生以上)1450円 小学生800円 幼児(0歳~)500円 プラス入湯税100円 定休日:毎週火曜日
駐車場:12台
樹木:モミジ・カエデ

9.岩戸落葉神社

見頃:11月中旬~下旬 ライトアップ:11月第3土曜日頃

樹齢400年と謂われる風格のある4本の大銀杏が植えられている神社です。色づきはまず境内内側の2本から始まり落葉して地面を黄色に染める頃、残りの2本が色づきます。地面も空間も黄色に染まる11月の中頃の1日のみ、神社は地域の人たちが持ち寄った明かりでライトアップされ、太鼓奉納が行われるなど目と耳を楽しませてくれます。

住所:京都市北区小野下ノ町170
TEL:北区役所小野郷出張所 075-406-2004
入場時間:自由
入場料:無料
駐車場:なし
樹木:イチョウ4本

10.永観堂

見頃:11月中旬~下旬 ライトアップ期間(2016年):11月8日~12月4日

「もみじの永観堂」とも呼ばれ、古今和歌集にも詠まれた古くから紅葉で名高い場所です。放生池周辺の紅葉が美しく、見上げれば色づいた木々の隙間から多宝塔が見えます。また、多宝塔からは紅葉越しに京都の街並みを眺めることができます。夜はライトアップされた境内に1時間おきに雅楽が流れ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

住所:京都市左京区永観堂町48
TEL:075-761-0007
拝観時間:9:00~17:00(16:00受付終了)夜間特別拝観(ライトアップ):17:30~21:00(20:30受付終了) ※昼夜入れ替え制
拝観料:大人1000円(11/8~12/4以外は600円) 小人(小・中・高生)400円 夜間拝観(ライトアップ):600円
駐車場:岡崎公園駐車場 506台 1時間500円 以降30分ごと200円 1日上限1300円(日・祝日を除く) ※境内に駐車場(20台)がありますが、寺宝展期間中(11/8~12/4)は駐車禁止になります。
樹木:イロハモミジ・ヤマモミジ・カエデ約3000本

11.下鴨神社の森

見頃:11月下旬~12月中旬

「糺(ただす)の森」と呼ばれる約12万㎡の森です。ケヤキやムク・ヤマモミジ・タカオカエデなどが様々な色に紅葉しており、特に「紅葉橋」付近の景色がおすすめです。

住所:京都府左京区下鴨泉川町59(下鴨神社)
TEL:075-781-0010(下鴨神社)
時間:自由
入場料:無料
駐車場:200台 30分200円(下鴨神社)
樹木:ケヤキ・ムク・エノキ・ヤマモミジ・イロハモミジ・タカオカエデ約500本

12.実相院

見頃:11月上旬~12月上旬

境内にある二つの庭のうち、池泉回遊式庭園を「滝の間」から見ると、庭の紅葉が室内の磨き上げられた床に映る「床もみじ」を見ることができます。この光景は太陽の力を借りていますので、強い日差しが室内に差し込むお昼頃が一番美しく映るようです。またもう一つの枯山水の石庭は、比叡の山々を借景にした力強い景色を楽しむことができます。

住所:京都市左京区岩倉上蔵町121
TEL:075-781-5464
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:大人(高校生以上)500円 小中学生250円
駐車場:あり 無料(11/15~12/5頃までの紅葉時期は駐車できません。)
樹木:ヤマモミジ・イロハモミジ・カエデ

13.大原三千院

見頃:11月中旬~下旬

傾斜を生かして造られた上段の有清園と下段の聚碧園があり、杉木立と苔の緑そして鮮やかな紅葉が相まって見応えのある光景を観賞することができます。杉苔の上に赤や黄色の紅葉が降り積もった「散り紅葉」も風情があります。「もみじ祭り(11/1~30)」中はお茶席が設けられています。(抹茶1杯500円)

住所:京都市左京区大原来迎町540
TEL:075-744-2531
拝観時間:8:30~17:00(17:30閉門)
拝観料:大人700円 中高生400円 小学生150円
駐車場:なし 近隣に駐車場があります。
樹木:モミジ・カエデ・ヤマザクラ

14.下鴨神社

見頃:12月上旬~中旬

平地にある神社のため、紅葉は少し遅い11月下旬頃から始まります。大鳥居近くの参道や瀬見の小川のあたりの紅葉が見所です。

住所:京都府左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010
開閉門時間:6:30~17:00
入場料:無料
駐車場:200台 30分200円
樹木:ニレ・モミジ・ケヤキ・ムク

15.貴船

見頃:11月上旬~下旬 貴船もみじ灯篭(2016年):11月5日~27日

「京都の奥座敷」とも呼ばれる貴船エリアでは、紅葉シーズンに街を灯篭で彩る「貴船もみじ灯篭」が行われています。叡山電鉄「貴船口駅」から貴船神社に至る街道沿いが灯篭などの灯りに照らされます。

また叡山鉄道の「二ノ瀬駅」と「貴船口駅」がライトアップされ、「市原-二ノ瀬間」では線路の両側のモミジがライトアップされた「もみじのトンネル」の中を電車が速度を落として進みます(日没~21時頃)。光に彩られた紅葉をより楽しむためには、窓が大きく設計された展望列車「きらら」がおすすめです。

会場:京都市左京区鞍馬貴船町 貴船神社と貴船エリア一帯
TEL:貴船観光会 075-741-4444
点灯時間:日没~21時頃(貴船エリアは~20:30)
料金:街歩き無料 叡山電鉄:出町柳―貴船口 大人420円 小人210円 市原―貴船口 大人260円 小人130円
駐車場:貴船観光会大型駐車場 1回1000円(時間制限なし)
樹木:イロハモミジ・オオモミジ・ヤマモミジ約2500本

16.源光庵

見頃:11月中旬~下旬

本堂にある四角窓「迷いの窓」丸窓「悟りの窓」から見る紅葉は室内のほの暗さもあって大変鮮やかに見えます。ちなみに四角窓は「人間の生涯」、丸窓は「禅と円通」という禅の教えを表わしています。また、本堂の裏にある「鶴亀の庭」は北山を借景にした枯山水で本堂の縁側に座って観賞するのがおすすめです。

住所:京都市北区鷹峯北鷹峯町47
TEL:075-492-1858
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:大人(中学生以上)500円(11/1~30以外は400円) 小人200円
駐車場:25台 無料 (11月第一土曜日~12月第一日曜日まで駐車できません)
樹木:モミジ

17.大徳寺高桐院

見頃:11月中旬~12月上旬

庭園は「楓の庭」と呼ばれ、一面の苔地に数本のカエデ石灯篭のみの簡素な造りながら、苔の上をモミジが覆う「散り紅葉」が大変美しい庭です。参道にはカエデが並んで植えられており、見頃の「モミジのトンネル」と落葉時期の「モミジの絨毯」、どちらも魅力的です。散り紅葉を堪能するなら見頃を過ぎた頃がよいようです。

住所:京都市北区紫野大徳寺73-1
TEL:075-492-0068
拝観時間:9:00~16:30(16:00受付終了)
拝観料:大人(高校生以上)400円 中学生300円 小人200円
駐車場:50台 500円
樹木:カエデ

18.清水寺

見頃:11月下旬~12月上旬 ライトアップ期間(2017年):11月11日~12月3日

清水の舞台の下にある錦雲渓の紅葉が見事で、舞台からの眺めもさることながら、奥の院から本堂や舞台と錦雲渓の紅葉、そして京都市街が一望できる眺めは山の中腹にある清水寺ならではの光景で、日中・夕方・夜のライトアップなどどの時間帯ごとに魅力的な眺めを楽しむことができます。また仁王門からの眺めや放生池に映る紅葉もおすすめです。

住所:京都市東山区清水1丁目294
TEL:075-551-1234
拝観時間(秋の夜間特別拝観時):6:00~21:00(受付終了) ※昼夜入れ替えなし 夜間特別拝観受付開始は17:30~
拝観料:大人(高校生以上)400円 小人(小中学生)200円
駐車場:なし 近隣に「京都市清水坂観光駐車場(59台 1日1000円)」などがあります。
樹木:ヤマモミジ・カエデ約1000本

19.哲学の道

見頃:11月下旬~12月上旬 

桜の名所として有名な場所ですが、桜の葉が色づく紅葉の季節も春とはまた違った美しさを見せてくれます。混雑を避けて早朝や夕方の散策がおすすめですが、日没頃に周辺のお店が閉店してしまいますので注意しましょう。

住所:京都市左京区 若王子橋から浄土寺橋
樹木:サクラ(約500本)・イロハモミジ

20.知恩院

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2017年):11月3日~12月3日

国宝の「三門」とその先にある「男坂」「女坂」が紅葉スポットです。特に荘厳な「三門」と周辺の常緑樹と紅葉した木々のコラボレーションは見応えがあります。またライトアップされる夜は、友禅苑にある補陀落池と池に建つ観音菩薩像、そして紅葉が光に照らされて幻想的な光景が広がります。

住所:京都市東山区林下町400
TEL:075-531-2111
拝観時間:9:00~16:30(16:00受付終了) 夜間特別拝観(ライトアップ):17:30~21:30(21:00受付終了) ※昼夜入れ替え制
拝観料:境内無料 「友禅苑」大人(高校生以上)300円 小人(小中学生)150円 「方丈庭園」大人400円 小人200円 「共通券」大人500円 小人250円 夜間特別拝観(ライトアップ):大人800円 小人400円
駐車場:タイムズ総本山知恩院新門南 35台 20分400円(近隣にも駐車場あり)
樹木:イロハモミジ(約220本)・イチョウ

21.高台寺

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):10月21日~12月11日

池泉回遊式庭園の臥龍池周辺では、庭の紅葉と共に鏡のようになった池に周辺の木々が一枚の絵画のように映る見事な光景を見ることができます。ライトアップされると昼間とはまた違った華やかな光景を見せてくれます

夜には方丈前庭で、毎年違うテーマで3Dプロジェクションマッピングが上映されており、光と音で紅葉と枯山水を彩ります(3分間・繰り返し上映)。光に演出された美しい高台寺の光景はライトアップの名所として大変人気です。

住所:京都市東山区高台寺下河原町526
TEL:075-561-9966
拝観時間:9:00~17:30(17:00受付終了) 夜間特別拝観(ライトアップ):日没後点灯~22:00(21:30受付終了) ※昼夜入れ替えなし
拝観料:大人 600円 中高生 250円 3か所(高台寺・掌美術館・圓徳院)共通割引拝観券 大人900円
駐車場:150台 1時間600円 以降30分ごとに300円 3か所共通割引拝観券…2時間無料 「高台寺」または「圓徳院」の拝観券…1時間無料
樹木:モミジ・カエデ

22.高雄(神護寺)

見頃:11月上旬~下旬 ライトアップ期間(2016年):11月1日~27日(神護寺は11月5日~20日)

高雄(尾)山神護寺・槇尾山西明寺・栂尾山高山寺は「三尾(さんび)」と呼ばれ京都北西部の紅葉の名所として有名で、高雄山中腹にある神護寺は京都でいち早く紅葉シーズンを迎えます。境内は木々が多く、朱色の金堂などの伽藍は美しく色づいた紅葉に埋もれているような光景が見られます。

紅葉シーズンには「高雄もみじのライトアップ(神護寺参道・清滝川沿い・西明寺付近)」「神護寺・金堂夜間特別拝観」があり、紅葉や建物を美しく照らします。(高山寺・西明寺では夜間拝観は行われません)

[高雄山神護寺] 住所:京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
TEL:075-861-1769
拝観時間:9:00~16:00(閉門17:00) 金堂夜間拝観(ライトアップ):17:00~19:00 ※昼夜入れ替え制
拝観料:大人(中学生以上)600円 小人(小学生)300円 金堂夜間拝観:800円
駐車場:なし 神護寺に至る道沿いにいくつか有料駐車場があります。
樹木:カエデ・イロハモミジ・オオモミジ

23.圓光寺

見頃:11月中旬~12月上旬

書院前にある池泉回遊式庭園「十牛之庭」は紅葉と杉苔が相まって大変美しく、庭園をゆっくり散策したり、水琴窟の涼やかな音色を聞きながら書院の縁側に座ってじっくり眺めたりするのがおすすめです。また12月初旬の敷紅葉も絶景です。紅葉の最盛期には早朝特別拝観が行われています(要予約)。

[秋の早朝特別拝観(2016年)] 人数:1日70組
期間:11月18日~27日
時間:7:30~
拝観料:1000円
予約受付:10月20日~電話にて(9:00~17:00)

住所:京都市左京区一乗寺小谷町13
TEL:075-781-8025
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:大人500円 中高生400円 小学生300円
駐車場:30台(11月中は駐車できません)
樹木:モミジ(約200本)

24.大覚寺

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):11月11日~12月4日

日本最古の人工林泉(林や泉水などがある庭園)である大沢池の周辺にはカエデとサクラが交互に植樹されており、五大堂の濡れ縁(観月台)から大沢池と紅葉した木々を眺めることができます。夜には水面に映るライトアップされた紅葉と伽藍の競演を堪能できます。

住所:京都市右京区嵯峨大沢町4
TEL:075-871-0071
拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了) 夜間特別拝観(ライトアップ):17:30~20:30(20:00受付終了) ※昼夜入れ替え制
拝観料(昼夜とも):大人500円 小人(小・中・高生)300円 大沢池200円(文化財維持協力金として)
駐車場:30台 2時間500円
樹木:サクラ・モミジが約700本

25.北野天満宮

見頃:11月中旬~12月上旬 ライトアップ期間(2016年):11月12日~12月4日

「御土居」は水防施設の一部で、自然林だったものに手を加えて「もみじ苑」としました。北側にある鶯橋の下を紙屋川が流れており川面に映る紅葉は大変風情があります。また、展望所からは国宝の本殿と紅葉のコラボレーションは必ず見ておきたい絶景です。夜はライトアップされ、光が幻想的な空間を作り出します。

住所:京都市上京区馬喰町
TEL:075-461-0005

[北野天満宮] 楼門の開閉時間:5:30~17:30 もみじ苑ライトアップ期間は~20:00
入場料:無料 
駐車場:300台 9:00~17:00 無料 ※毎月25日は駐車できません。但し第2駐車場(今出川通七本松東側)約40台は駐車できます。

[もみじ苑] 公開期間(2016年):10月25日~12月4日
入苑時間:9:00~16:00 ライトアップ時~20:00
入苑料:大人700円 小人350円(茶菓子付き)
樹木:イロハモミジ・ハウチワカエデ・ノムラ・オオモミジ・イチギョウジが約300本

26,大本山東福寺

見頃:11月下旬~12月上旬

通天橋から眺める洗玉澗(せんぎょくかん)の紅葉は、雲海のように美しく広がる絶景です。この中に「通天紅葉」と呼ばれる葉先が三つに分かれている三葉楓が数十本あり、黄金色に色づきます。京都の中では遅めの紅葉のため「秋の京都における最後の紅葉」といわれています。

住所:京都市東山区本町15丁目778
TEL:075-561-0087
拝観時間(11/1~12/4「看楓特別公開」):8:30~16:00(16:30閉門)
拝観料:境内は無料「通天橋・開山堂」400円 「東福寺本坊庭園」400円 「龍吟庵」大人(高校生以上)500円 小人(小中学生)300円
駐車場:30台(紅葉期間の10/25~12/10は駐車できません)
樹木:イロハモミジ・ヤマモミジ・トウカエデ(2000本)・ノムラモミジ

27.詩仙堂

見頃:11月下旬~12月上旬

書院から見える白砂と丸く刈られた緑のツバキ、そしてその奥の紅葉の配置が見事で、縁側に座って、または散策しながら、どこから見ても美しい庭園です。時折響く鹿威し(ししおどし)の音が心に沁み渡ります。

住所:京都市左京区一乗寺門口町27
TEL:075-781-2954
拝観時間:9:00~17:00(16:45受付終了)
拝観料:大人500円 高校生400円 小中学生200円
駐車場:近隣に有料駐車場(30台)があります。

28.建仁寺

見頃:11月中旬~12月上旬

みどころは本坊中庭「潮音庭」で、三尊石の石組と杉苔を赤く色づいた紅葉が包みこみ、見事な色の調和を見ることができます。そして、この庭越しに国宝「風神雷神図屏風(複製)」を眺めることができます。

住所:京都市東山区大和大路四条下ル小松町584
TEL:075-561-6363
拝観時間:10:00~16:00(16:30閉門)
拝観料:大人500円 中高生300円
駐車場:約45台 30分200円(拝観の方は1時間無料)
樹木:カエデ

29.平安神宮

見頃(神苑):11月中旬~下旬

神苑は回遊式庭園で桜の名所として有名ですが、紅葉も見事です。特に東神苑栖鳳池にある泰平閣からは、眼前の紅葉と水面に映った紅葉とが楽しめます。

住所:京都市左京区岡崎西天王町97
TEL:075-761-0221
参拝時間:6:00~17:00 「神苑」8:30~16:30(17:00閉門)
入場料:無料 「神苑」大人600円 小人300円
駐車場:なし 近隣に「京都市営岡崎公園駐車場」など岡崎公園周辺に有料駐車場があります。
樹木(神苑):カエデ・サクラ

30.宇治平等院

見頃:11月下旬~12月上旬

平等院は極楽浄土を意識して造られているため、境内のあちらこちらに紅葉スポットがあり、華やかで趣のある雰囲気を醸し出しています。特に鳳凰堂とお堂を囲むように植えられたカエデの競演は見応えがあり、水面に映った景色や散り浮かんだ紅葉も風情ある光景となっています。

住所:宇治市宇治蓮華116
TEL:0774-21-2861
拝観時間:「庭園」8:30~17:30(17:15受付終了) 「平等院ミュージアム鳳翔館」9:00~17:00(16:45受付終了)
拝観料:「庭園+平等院ミュージアム鳳翔館」大人600円 中高生400円 小学生300円(別売はありません)
駐車場:なし 近隣に有料駐車場があります・。
樹木:モミジ・カエデ

31.修学院離宮

見頃:11月中旬~下旬

宮内庁管轄の庭園で入るには事前申し込みが必要です。約3㎞の道のりをガイドの説明を聞きながら約1時間20分かけて園内を回ります。下離宮・中離宮・上離宮と3つの離宮がありますが、紅葉が美しいのは上離宮です。浴龍池の周りの紅葉した木と緑色の木が鏡面のような水面に空の色と共に映り、一枚の鮮やかな絵画のようになる光景は必見です。

住所:京都市左京区修学院藪添
TEL:075-211-1215 宮内庁京都事務所参観係
見学時間:要問合せ ※参観開始は9:00~・10:00~・11:00~・13:30~・15:00~
料金:無料
駐車場:なし
樹木:モミジ・カエデ・イチョウ

32.京都金閣寺

見頃:11月中旬~12月上旬

金閣寺の紅葉は他の名所とは少し違い、松と杉の中に差し色のようにカエデが植えられており緑と紅葉の赤や金色のコラボレーションを見ることができます。そして木々が鏡湖池にさかさ金閣と共に映る光景は金閣寺でしか見ることができない貴重な光景です。

住所:北区金閣寺町1
TEL:075-461-0013
拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)
拝観料:大人(高校生以上)400円 小人(小中学生)300円
駐車場:3か所 約150台 1時間300円
樹木:カエデ

まとめ

いかがでしたか。紅葉の名所として京都で1・2を争うような所から穴場的な場所まで、多くの紅葉のスポットの中から実際に自分の目で見てみたい場所は見つかりましたか。紅葉シーズンは混雑を100%避けることはできませんが、出発時間や回る順番などを調整して紅葉狩りに出発しましょう。また急に寒くなることがありますので、寒さ対策をお忘れなく。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …