Home / 国内旅行 / 熊本県 / 熊本県で堪能できる人気グルメとおすすめB級グルメ

熊本県で堪能できる人気グルメとおすすめB級グルメ

魅力的な温泉や豊かな自然、そして人気のご当地グルメが数多く有る熊本県。全国区の知名度を誇るグルメの他に、熊本県内でしかあまりお目にかかれないようなB級グルメもたくさんあります。

熊本旅行に行くならぜひ食べてみたい、そんな美味しいモノをまとめました。

スポンサードリンク

熊本県の人気おすすめグルメ

定番中の定番、これを食べなきゃ熊本に来た気分にもなりません!県内の飲食店であればメニューに用意しているところも多いので、食べたことがない人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

お店によって少し味付けが違ったり独自アレンジされていたりするので、食べ比べてみるのもおすすめです。

馬刺し

馬刺しは読んで字の如く、馬肉の刺身です。なかなか生肉を食べることに抵抗があるという方も多いと思いますが、実は馬肉はとても安全で安心して食べられる食材だとも言われています。牛や豚と比べてアレルギー発症のリスクが低く、反芻動物ではないので大腸菌などを保菌しているリスクも低いためです。

刺身として食べられる部位はいくつかありますが、その中でも定番なのがヒレ・コウネ・フタゴエ・霜降りといった部分です。

ヒレは赤身として最も一般的な部位であり、初めて馬刺しを食べるという人はヒレから挑戦してみることをおすすめします。馬刺しの他にもステーキとして調理されることもあります。

コウネは馬のたてがみ部分のことを指します。黄色がかった白で弾力のある歯ごたえで、脂が多く含まれているのでほのかな甘みと溶けるような舌触りになります。

フタゴエは馬肉でしか味わうことのできない部位であり、ちょうど腹部のあたりです。コリコリとした食感の赤身で生食向きです。

霜降りはブリスケとも呼ばれ、前足あたりの部分です。フタゴエ同様にコリコリとした食感が人気の赤身肉です。

辛子れんこん

熊本の代表的な郷土料理で、古くから各家庭で愛されてきました。かつては正月などの特別な日に用意されるものでしたが、今では辛子れんこんの専門店もできるほどにメジャーな料理になってきています。

よく洗ったれんこうをゆでて水気を切り、中に辛子や蜂蜜、味噌などを混ぜ込んで作った辛子味噌を詰め込み寝かせます。ターメリックと小麦粉で衣をつくり揚げることで、表面が黄色い辛子れんこんが出来上がります。

九州の他の地域では辛子の代わりに明太子を詰めたりとアレンジされているものもありますが、熊本県では変わらず辛子れんこんが一番人気です。

辛子れんこんの味をリアルに再現した「辛子れんこんチップス」なるお菓子も販売されているのでお土産におすすめです。

太平燕

太平燕(タイピーエン)は中国料理をルーツとする熊本の郷土料理であり、学校の給食に登場するほど県民にとっては身近な料理です。

素材から出た旨みがぎゃっと詰まったスープの中には、春雨や野菜、魚介類、卵などが入っていてとても食べやすいので旅行客にも人気のメニューです。太平燕の専門店だけでなく、ホテルのレストランやラーメン屋にも置いてあるところが多いので人気の高さが伺えますね。

たっぷりの野菜を使用していながら優しい味わいなので、野菜嫌いの子供でもぺろっと平らげてしまいそうです。

本場の中国では鶏ガラベースのあっさりとしたスープが多い中で、熊本では九州らしくとんこつスープを使用していたり、とんこつと鶏ガラをブレンドしているお店も多いんだとか。また趣向を変えてトマトベースにしてみたりとお店ごとにさまざまなアレンジがされているのも特徴です。

熊本ラーメン

熊本ラーメンの消費が盛んなのは主に熊本市内であり、古くから店を構える老舗店からアイディア勝負の新参店まで軒を連ねています。

熊本ラーメンの特徴はまず麺とスープにあります。九州地方のラーメンといえば博多ラーメン(長浜ラーメン)が有名ですが、それに比べると少し太めの歯ごたえある麺を使用しています。そしてコテコテのとんこつスープに鶏ガラを加えるというのも熊本ラーメンならでは。

とんこつのコクがしっかりとありながらも、鶏ガラを加えているのでしつこくなりすぎずに最後まで味わうことができます。そしてスープは継ぎ足し方式ではなく、その日に仕込んだ分はその日に使い切るので、とんこつ臭と呼ばれるものを抑えています。

ニンニクチップやフライドガーリックを加えて味を整えるのも他のとんこつラーメンとは異なる点ですね。

白くま

九州地方の甘味といえば白くまが有名です。ふわふわのかき氷の上に旬の果物をふんだんに盛り付け、さらにその上からバニラアイスやあずきをトッピングした熊本の白くまはボリューム満点。疲れた身体にほどよい甘さが染み渡ります。

もともと発祥の地である鹿児島では、かき氷の上に練乳をかけ、果物と小豆を盛り付けたものを白くまといいます。カップアイスとしてスーパーやコンビニに並ぶこともあり、白くまといえば鹿児島が有名ですが、熊本でもアレンジを加えた熊本流白くまを食べられるお店も多々あります。夏の暑い日にはたまらないスイーツですね。

白くまという名前の由来ははっきりしておらず、練乳の缶に白くまのイラストが描いてあったから、盛り付けたかき氷を上から見ると白くまに見えたから、など諸説あります。

熊本県のグルメスポット

食べたいものは決まったけど、どこのお店が美味しいの?たくさん飲食店が並ぶ繁華街ではどこへ入ればいいのかあっちこっち目移りしてしまいますよね。

観光客も地元客もおすすめする、ここならハズレなし!のグルメスポットをご紹介します。

馬刺しが食べられる店

馬刺し・馬肉料理の有名な熊本ですか、中でも「馬桜」では上質な馬刺しを食べられる店として人気を集めています。

鮮度を重視し、徹底された衛生管理のもとで提供される馬刺しはまさに絶品。美味しい馬刺しは馬刺し専門店で食べるに限ります。冷凍された馬刺しを出すところが多い中で、馬桜ではとろけるように柔らかく、適度に脂ののった馬刺しを堪能できます。

生卵と特製のタレで和えたユッケもご飯がいくらでも食べれるような絶妙な味付けで、お酒のつまみにぴったり。馬肉を生で食べるのは苦手という方でも、馬肉のカツレツやステーキといったバリエーションに富んだメニュー展開なのでぜひ足を運んでみてください。

住所:熊本県熊本市中央区下通1-12-1光園ビル2F

太平燕おいしい店

熊本市にある老舗の中華料理店・紅蘭亭は太平燕発祥の店として有名です。中国福建省の郷土料理をアレンジして誕生した太平燕は、本場のアヒルの卵の代わりに鶏の卵を揚げたものがのせられています。

紅蘭亭ではエビやイカといった魚介とたっぷりの野菜を使用しており、麺が細い春雨でも十分満足できるボリュームがあります。

スープは薄めのあっさり系で初めは物足りないかな?と感じるかもしれませんが、野菜や魚介から出た旨み成分を殺すことのないような絶妙なバランスに仕上げられています。

スープまだ飲み干しても通常の麺類に比べればカロリーも低いので、ダイエット中の旅行にもおすすめです。

住所:熊本県熊本市中央区安政町5-262

熊本ラーメンのおいしい店

熊本ラーメンを食べるならどこがおすすめ?そう聞けば必ず名前が挙がるといっても過言ではない「いっぷくラーメン」では、王道の熊本ラーメンを味わうことができます。

もちっとした食感の平打ち麺がスープとよく絡み、ボリュームもあるのでがっつり食べたい時にはぴったりです。30年以上作り続けているというこだわりの自家製麺は一度食べたら忘れられない味ですね。

ほどよく調合されたマー油が味に深みを生み出し、トッピングされたチャーシューはしっかりと味が染み込んでいるのでそのままでもスープにつけても美味しく食べられます。

住所:熊本県熊本市南区田迎町大字田井島221-1

白くまが食べられる店

白くまといえば鹿児島のイメージがありますが、熊本県内にある甘味処・あまみやでもオリジナルの白くまが人気を集めています。

本家の白くま同様にふわっふわに削られたかき氷の上にたっぷりとかけられた練乳、そしてくどい甘さを感じさせないフレッシュな果物を贅沢にあしらい見た目も華やか。上にのせられた小豆も忘れてはいけませんね。

昔からかわらないほっとするような味わいに、落ち着いた雰囲気の店内は旅の休憩にもぴったりの場所です。手書きのイラスト付きで描かれたメニューには他にも豊富な品揃えで、いくつかオーダーした分をシェアして楽しんでみるのもいいですね。

住所:熊本県熊本市中央区上通町4-16

熊本県で堪能できるB級グルメ

定番を抑えたらぜひ次はB級グルメへ。なかなか聞きなれない名前で、一体どんな味なんだ?といろいろ想像してしまいますが、一口食べればやみつきになってしまうかも。

熊本らしい食材を使い、リーズナブルに美味しく食べれるように考案されたB級グルメはお酒との相性も抜群です。

ちくわサラダ

名前だけをきくとちくわを野菜と一緒に使ったサラダなんかが浮かびますが、熊本のローカルフード・ちくわサラダは全く違います。

まるまる一本カットしていないちくわの中にたっぷりとポテトサラダを詰め込み、それを天ぷらにしたもののことをちくわサラダと呼びます。さくっとした衣をかじると、弾力のいいちくわにほくほくのポテトサラダ、この相性がたまりません。切らずにそのまま丸ごとおやつ感覚で食べられます。

発祥は熊本県内になるお弁当屋さんだといわれており、ちくわの中に詰められているポテトサラダのバリエーションも豊富で、さまざま味を楽しむことができます。ご家庭でも手軽に作れるB級グルメですが、ぜひ一度本場の味を食べてみてください。

桜コロッケ

馬肉料理が多いことで知られる熊本ならではの、じゃがいもの代わりに馬肉を使ったコロッケです。見た目は普通のコロッケそのもの、しかし食べてみるとジューシーさに驚くはず。

上質な厳選された部位を使用しているので臭みなどがなく、馬肉の風味が口いっぱいに広がります。子供のおやつやお弁当、お酒のつまみにも合いそうですね。カラッと揚がった衣とお肉、想像しただけでもお腹が空いてきそうです。特製の味付けもされているので、まずはソースなどなにも調味料を使わずにそのままの味を堪能してみてください。

肉みやべという馬刺しを専門的な扱うお店でネット通販も行っているので、気に入ったらお土産にもどうぞ。

桜ソーセージ・桜ベーコン

こちらも熊本らしく馬肉を使用したソーセージとベーコンです。そのまま食べるもよし、桜ソーセージとトマトソースを合わせてピザの具材にしてみるのもおすすめです。桜ベーコンは適当なサイズにカットし、パスタの具材としても使えます。

熊本県内のレストランや居酒屋のメニューにも“桜ベーコン”と書かれた料理が載っていることも多いので試してみてください。

和風にも洋風にも味付けを選ばないので、普段のおかずに入れてみるだけで香ばしさが増します。明太子やキムチなどとの相性は抜群!自分だけのお手軽アレンジメニューを考案してみてはいかがでしょうか。料理好きな人への贈り物にも喜ばれそうですね。

うにコロッケ

馬肉のコロッケであればまだなんとなく味も想像できますが、うにコロッケとは・・・?中を割ってみると色はうにそのものの鮮やかなオレンジ色で、とろっとしたクリームコロッケの一種のような出で立ちです。

使われているのはジャガイモ、タマネギ、ベーコン、牛乳といったコロッケの定番ですが、そのなかに特製のホワイトソースを仕込み、生うにをぎゅっと包み込んでじゃがいもと合わせて成形したのがこのうにコロッケなのです。

あつあつのうにを食べる機会なんてなかなかありませんが、ほくほくのじゃがいもとサクサクの衣、ここにとろーりうにクリームがマッチしています。

たこ天丼

たこめしとも違うたこ天丼は、食べやすくカットしたたこを天ぷらにして、醤油・みりん・だし汁などを合わせた特製のツユをかけて食べるB級グルメです。

たこのほかにしそやたまねぎ、にんじんといった野菜の天ぷらをのせることもあり、たこを混ぜ合わせたかき揚げ丼のことをたこ天丼として販売しているお店もあります。

普段天丼の具材としてはあまり見かけないたこですが、想像以上の美味しさです。ぷりっとしたたこの食感がきっとクセになります。

まとめ

人気グルメは食べたこともあるけどB級グルメは名前すら聞いたこない、そんなものもあったのではないでしょうか。

旅行客向けの定番のお店に行くのもいいですが、せっかくなら地元の人が足繁く通う地元の人向けのディープなスポットに訪れてみるのも面白そうです。食を通じて、今まで知らなかった熊本を感じてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

阿蘇旅行に行くなら宿泊したい人気ホテル・旅館・ペンション14選

阿蘇の温泉地は、火の国のごとく …