Home / 国内旅行 / 京都 / 高台寺の美しい歴史と豊臣秀吉の妻ねねとの関係

高台寺の美しい歴史と豊臣秀吉の妻ねねとの関係

3a37fadf7aece2bf13da8e343d641607_s

高台寺は京都東山区にあるお寺で、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉とその妻ねねのゆかりの寺として広く知られています。しだれ桜と萩の名所で、四季を通して美しさを堪能できるお寺です。期間限定ではありますが、夜のライトアップがあり、春の桜、秋の紅葉と昼間とは違った幻想的な景色を見ることができます。

国内外を問わず毎年たくさんの観光客が訪れています。

スポンサードリンク

高台寺とねねの歴史

36ed448039897cf4974198fe3aadde41_s

豊臣秀吉の没後、その正室ねねは朝廷から「高台院」の号を賜り、秀吉の菩提を弔うための寺院の建立を発願しました。ねねは慶長10年(1605年)、江戸幕府を開いた徳川家康の助力もあり、京都東山に寺院を建立しました。家康からは多大な寄進があったとされ、ねねの人望の厚さがうかがい知れます。

寺の名前は高台院の名前に由来しています。
開山時は曹洞宗の寺院でしたが、寛永元年(1624年)に臨済宗建仁寺から三江紹益禅師を招聘した際、臨済宗に改宗しています。禅宗の寺院ではありますが、ねねが建立したこともあり、他の寺院と比べて女性らしい雰囲気を持った寺です。

高台寺の建築当時

建立当時は広大な敷地を持ち、秀吉との思い出深き伏見城の方丈や茶室などが移築され、それは豪華絢爛で壮観なものだったと言われています。門前には、同じく伏見城から化粧御殿を移築し、ねね自身もそこに移り住みました。ねねは亡くなるまで20年近くをこの地で過ごしたと言います。寺の西側にある圓徳院はその屋敷跡であり、ねねの終焉の地ではないかとも言われています。

高台寺に残る重要文化財

後に数度の火災に見舞われ、仏殿や方丈などは焼失しましたが、秀吉やねねを祀る霊屋、伏見城から移築した茶室傘亭や時雨亭、観月台など重要文化財に指定された六つの建物は現在もまだ残っています。

ねねの眠る霊屋

ねねの眠るこの霊屋は、檜皮葺の宝形造の建物で、桃山時代建築の重要文化財です。霊屋は秀吉の眠る東山の阿弥陀ヶ峰・豊国廟に向かって建っています。霊屋の向かって右の厨子には豊臣秀吉の坐像、左の厨子にはねねの片膝立の木像が安置されています。ねねは自身の像の下に葬られているといいます。

霊屋内部にある須弥壇や厨子には、桃山時代の華麗な蒔絵が施されています。寺が所蔵する秀吉やねねが愛用したとされる調度品類にもすべて同じ技法や類似した様式の蒔絵で飾られていることから、一般に高台寺蒔絵と称されています。これは黒漆の表面に、金粉を蒔く平蒔絵、梨地の文様を用いる絵梨地、漆が固まる前に針状のものでひっかいて細かい線模様をつける針描など、簡略な技法を組み合わせた上品で美しい蒔絵です。

園庭

境内東側にある園庭は、江戸時代前期の武士であり茶人である小堀遠州の作とされ、桃山時代を代表する庭園です。見事な石組が特徴で、高台寺の魅力の一つとなっています。庭園内には開山堂と呼ばれる建物を中心に、臥龍池、偃月池という二つの池があります。池泉回遊式庭園で、東山を借景とした壮観な景色が楽しめます。とくに紅葉の季節の美しさは高い人気を誇っています。

開山堂

開山堂はもともとはねねの持仏堂だったものが、その後三江紹益禅師の木像を祀る堂となっています。内部にはねねの兄である木下家定やその妻雲照院、高台寺の普請に尽力した堀直政の像が安置されています。またこの堂の天井は、秀吉の御座船、ねねの御所車の天井を用いたものと言われています。

観月台、茶室

観月台や茶室も、高台寺を代表するスポットとなっています。観月台は開山堂と書院を結ぶ廊下の途中にある唐破風の屋根の小さな建物です。観月台は秀吉が生前愛したものだとも言われており、ねねが亡き夫秀吉を偲びながら、この場所から月を眺めたと伝えられています。

秀吉のみならず、ねねもまたお茶を愛しており、境内にはいくつかの茶室がつくられました。傘亭は境内の東奥の小高い場所にあります。伏見城から移築したものとされており、千利休好みだと伝わっています。茅葺の宝形造の建物で、竹で組まれた天井の様子が唐傘に似ているところが名前の由来となっています。

時雨亭

傘亭と屋根付きの土間廊下でつながれている時雨亭もまた、伏見城から移築したものです。茶室では珍しい2階建てで、茅葺の入母屋造の建物です。傘亭と同じく、千利休好みだと伝わっています。一説によると、慶長20年(1615年)、大阪の役で大阪城が落城する様子を、ねねはこの時雨亭で見ていたと言われています。ねねは秀吉と二人で作り上げた豊臣家が滅んだこの9年後、この世を去ります。

高台寺で開催される茶会

秀吉がお茶をこよなく愛し、しばしば茶会を催していたことから、高台寺では一年を通して、季節ごとにさまざまな茶会が催されています。いくつかの茶室が用意されていて、夜咄や新緑茶会など、予約をすればお茶席に呼ばれることもできます。秀吉も好んで使ったであろう傘亭でお茶を一服できる特別茶席が催されることもあります。

ねねの道

1d3a8454dd3fe5b30a4c2e962d1b2322_s

円山公園近くから寺に続く道はねねの道、ねねの道から寺の境内に続く石段の坂道は台所坂と呼ばれています。ねねは秀吉の菩提を弔うために台所坂を行き来したと伝わっており、当時のねねに思いを馳せながら参拝することができます。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …