Home / 国内旅行 / 京都 / 京都駅から高台寺へのおすすめアクセスルート

京都駅から高台寺へのおすすめアクセスルート

6654265899e9d3c682f653c241c81fcd_s

京都駅から高台寺にアクセスするのであれば京都市営バス206系統に乗車して「東山安井」バス停で下車して徒歩5分ですが、この間には多くの観光スポットがあり、途中で寄り道をしてゆっくり散策をしながら行くこともできます。

街歩きが好きな方であれば四条烏丸から錦市場・先斗町、祇園花見小路などを散策する街歩きのコースがおすすめです。

スポンサードリンク

京都駅から高台寺までの魅力的なアクセスルート

アクセス方法ですが、最初に京都駅から地下鉄烏丸線(国際会館行き)に乗車して2駅目の「四条駅」で下車します。四条烏丸交差点に出たら、四条通りよりも一筋北の錦小路通を東に進みます。東洞院通と高倉通を過ぎて堺町通から「錦市場商店街」のアーケードに入ります。

錦市場は魚・京野菜、生鮮食材、乾物・漬物・おばんざいなどの専門店や老舗が立ち並ぶ商店街で、「京の台所」とも呼ばれています。老舗料亭や旅館で出される食事も錦市場で仕入れられた食材や加工食品が用いられています。

錦市場商店街の終点

錦市場商店街の終点は寺町商店街です。寺町商店街を横切って進むと正面に錦天満宮があり、新京極商店街に出ます。寺町商店街を北に進むと三条商店街に出ますが、三条通との交差点には創業明治6年のすき焼きの老舗「三嶋亭」があります。現在も創業当時の建物で営業が続けられており、名物は最高級の霜降り黒毛和牛のすき焼きです。三条商店街を東に歩くと終点の河原町通に出ます。河原町通を渡って東に向かって歩くと、左(北側)に「池田屋跡」があります。

「池田屋事件」の池田屋跡

幕末の1864年7月8日に旅館池田屋で会合を行っていた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を新撰組が襲撃した「池田屋事件」が起こりましたが、ここはその池田屋があった場所です。現在この場所には「海鮮茶屋 池田屋 はなの舞」という居酒屋があります。池田屋を過ぎて進むと高瀬川と木屋町交差点に出ます。木屋町通を北進すると「大村益次郎遭難地」の石碑があります。

大村益次郎は長州藩出身の医者・兵学者であり日本陸軍の父と呼ばれ、第二次長州征伐・戊辰戦争で薩長中心の官軍を勝利に導きましたが、欧化政策に反対する攘夷派浪士にこの場所で襲撃されました。すぐ近くには「佐久間象山遭難地」の石碑があります。勝海舟、坂本龍馬、吉田松陰らの師であった佐久間象山もここで襲撃されました。

かつての処刑場「三条河原」

三条木屋町を東に進むと三条大橋があります。三条大橋の下にある鴨川河川敷はかつて「三条河原」と呼ばれ、処刑や処刑後の晒し首が行われました。この場所で晒し首にされた有名人は、石川五右衛門(盗賊)、豊臣秀次とその妻子側室侍女(合計39名)、石田三成(戦国武将)、近藤勇(新撰組局長・池田屋事件の首謀者)などがいます。現在、三条河原の河川敷には遊歩道が整備されています。

賑やかな先斗町

70bf027dd6b70cf6a80a8fbc2c2953de_s

三条大橋を渡らずに右に曲がって狭い路地を進むと「先斗町(ぽんとちょう)」があります。石畳が敷かれた狭い路地には多くの飲食店が立ち並び、鴨川沿いの店は夏になると納涼床を出して客をもてなします。先斗町の終点の四条通を左に曲がり、四条大橋を渡って少し進むと「南座」(京都四條南座)があります。南座は国の登録有形文化財に登録され、現在も歌舞伎が上演されています。

四条通をさらに東に進むと「一力(いちりき)茶屋(祇園一力亭)」と祇園花見小路通に出ます。一力茶屋は江戸中期に吉良邸に討ち入りをする前に大石内蔵助が遊んだ茶屋です。幕末には長州藩家老の周布政之助が藩士(長州五傑)を秘密裏にロンドンに留学させるために、廻船問屋にロンドン行きの船の手配を行った場所でもあります。さらに近藤勇や大久保利通、西郷隆盛もこの茶屋に出入りしました。

舞妓さんの姿を見ることができる花見小路通

0ad1429e9883c10e68589ce03b9af0cb_s

石畳が敷かれた花見小路通の両側には老舗料亭やお茶屋が立ち並び、華やかで美しい街並みが続いています。夕方になると本物の舞妓さんの姿を見ることができます。祇園花見小路通を過ぎて四条通を東に進むと東大路通交差点があり、正面に八坂神社があります。

八坂神社は飛鳥時代に創建された古い神社で、有名な「祇園祭」はこの神社の神事です。境内には美の神様である多岐理毘売命・多岐津比売命・市杵島比売命が祀られている「美御前社」という境内社があり、右横には「美容水」という水があります。美容水を肌につけると美肌効果のご利益があるとされており、若い女性に大人気のパワースポットです。

円山公園

八坂神社の境内を抜けると円山公園があります。公園内を東に進むと公園を南北に横切る「神宮道」があります。神宮道で右に曲がって道なりに進むと「大雲院」があります。大雲院は非公開ですが、境内墓地には石川五右衛門の墓があります。大雲院を過ぎると「寧寧之道」があります。寧寧(ねね)は豊臣秀吉の正室で、戦国時代では珍しく秀吉と恋愛結婚した人物です。秀吉の没後に出家し、高台院湖月心尼として秀吉の菩提を弔うために高台寺を創建しました。寧寧之道を少し進むと高台寺の入口(石段)があります。

高台寺までのルートは魅力がいっぱい

京都駅から高台寺に至るルート上には多くの観光スポットがあり、一日で全部見ることはできません。そのため、あらかじめ立ち寄るスポットを決めてから出発することをおすすめします。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …