Home / 国内旅行 / 京都 / 清水寺のライトアップ時間と期間、おすすめの見所ベスト3

清水寺のライトアップ時間と期間、おすすめの見所ベスト3

kiyomizudera7

紅葉の京都のライトアップ、どこに行くか迷っていませんか?もし今迷っているなら、清水寺をおすすめします。ライトアップの定番と言われる清水寺ですが、定番と言われるには理由があります。今回は清水寺のライトアップの期間や時間と、おすすめの見所ベスト3を紹介します。

スポンサードリンク

紅葉の時期はいつ?ライトアップの期間と時間、拝観料は?

autumn-1199229_1920

京都の紅葉の時期は例年11月上旬ごろ、最盛期は11月下旬~12月上旬ごろです。通常は昼の拝観のみですが、この期間に合わせて「秋の夜間特別拝観」が催されます。

ライトアップの基本情報

拝観時間:11月12日~12月4日
拝観時間:17:30(開門)~21:00(受付終了)
※年によって時間と期間は変動することがあります。
拝観料:大人400円、小・中学生200円
所要時間:約60分
所在地: 京都府京都市東山区清水1丁目294
電話:075-551-1234

ベビーカーや車椅子で参拝できる?ペットは入場OK?

child-464439_1920

清水寺は車椅子で境内を参拝できる順路が整っています。さすが世界的観光地ですね。参拝順路のすぐ横からバリアフリーで本堂までいけるので、車椅子やベビーカーの人はこちらを利用しましょう。
車椅子の境内参拝マップ

また、入り口すぐ横と地主神社横にユニバーサルトイレがあるので、こちらでおむつ交換が可能です。入り口近くのトイレは比較的すいているので、先に済ませておくとベターです。

ペットについて、介助犬はもちろん入場OKです。その他のペットも抱くかかごに入れるなどすれば参拝OKとなっています。

11月~12月の京都の平均気温と用意しておきたい持ち物

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-0i9a7056isumi

京都の11月の平均気温は12.1度ですが、12月になるとぐっと下がって7.0度になります。さらに最低気温は11月でも7.8度とかなりの冷え込み。紅葉が見られる場所は風通しが良い場所が多く、より寒く感じるためしっかり防寒対策をしていきましょう。

特に小さな子どもさんやペットは注意が必要です。マフラーなど首元を温める衣類や、ポケットカイロなども用意しておきましょう。ペットのかごの中にもあたたかい毛布を忘れずに!

また、境内はライトアップされているとはいえ階段や坂が多くなっています。手元を照らせる小さなライトや、年配の方は杖などがあったほうが安心でしょう。

授乳中の赤ちゃんがいる場合、授乳室がないので授乳ケープが必要です。境内に何箇所かお茶屋さんがあるので、風の入らないところで授乳させてもらいましょう。おむつは入り口横と地主神社脇のユニバーサルトイレで交換できます。

昼と夜の入れ替え制に注意!混雑を避けて見られる時間帯は?

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-gak_raitoup

お昼や夕方から場所取りはできる?

「夕方拝観して、そのままライトアップまで待っていればいい場所が取れるかな?」という人もいるかもしれませんが、それはできません。

清水寺では、夜間特別拝観の際に昼夜入れ替え制をとっています。そのため、もしお昼に拝観したとしても夜のライトアップを拝観する際はもう一度拝観券を購入して入場する必要があります。

お昼の拝観時間:9:00~16:00(受付終了) 拝観料:大人300円、小・中学生200円

混雑せずに見られる可能性が高い時間帯は?

平日と日曜日の閉門間際、20時以降がおすすめです。ただし、金曜日と月曜日が祝日でお休み前の日曜日は閉門前まで混雑しています。「次の日が平日の閉門間際」が一番混雑せずに楽しめる時間帯です。

はずれなし!おすすめの見所ベスト3

kiyomizudera5

1. 清水の舞台を眺める「奥の院」

清水の舞台を眺めるアングルといえばこの「奥の院」。阿弥陀堂から進んだ先にあり、崖にせり出した寄棟造の五間堂です。真下は音羽の瀧になっているので、その高さがわかるかと思います。

ここから眺めると、紅葉の海に浮かぶような本堂とキラキラ輝く京都市内を楽しむことができます。定番のアングルですが、定番だけに美しさは折り紙つき。また、順路に入っているため車椅子やベビーカーでも見ることができますよ。

2. 清水の舞台を正面から楽しめる「子安の塔」

「奥の院」を過ぎて「仁清記念碑」を下ったところにある、明応9年(1500年)に建てられた桧皮葺の三重塔です。中には千手観音(子安観音)様をお祀りしています。

ここからは清水の舞台が真正面に見えます。燃えるような真っ赤な紅葉に浮かび上がる清水の本堂と舞台は、まさに「壮観」の一言!真っ暗な空をつらぬく青い光と真っ赤に染まった山並みも荘厳な雰囲気です。時間が許すなら、ぜひ見てほしいお勧めスポットです。

3.普段は非公開の月の庭「成就院」

国の名勝に指定されている日本庭園です。 江戸時代初期の作庭といわれ、「心字池」に映る月影が見事なため「月の庭」と呼ばれるようになったと言われています。普段は非公開なのですが、特別拝観に合わせて年に数回公開されます。

昼の鑑賞もおすすめですが、紅葉とカエデが幻想的にライトアップされ、ゆらゆらと月がたゆたう庭園はえもいわれぬ美しさ。境内の拝観料とは別に拝観料を支払う必要がありますが、それを差し引いても価値があると思います。

公開期間:お昼の公開 11月18日~12月4日9:00~16:00(受付終了)、夜間の公開18:00~20:30(受付終了)
拝観料:大人600円 中学生300円 小学生以下無料

ブルーのライトはどんな意味がある?

crw_2125_jfr

真っ赤に染まる紅葉のライトアップの中、一際目立つブルーのライト。これは、音羽の瀧に夜ごと隆が飛来して水を飲むという伝説から来ています。この龍、実は観音様の化身だそうで、光は観音様の慈悲の心を表すそうです。

清水寺の最寄駅、最寄バス停とアクセスルート

・最寄り駅
最寄駅は「京阪電鉄 清水五条駅」です。下車後徒歩25分。大通りをひたすら東に歩いてゆくので、わかりやすい道です。

・最寄バス停(京都駅から)
最寄バス停は「京都市バス 五条坂」もしくは「京都バス 東山五条」です。
・京都市交通局(市バス)206系統「東山通北大路バスターミナルゆき」、または「100系統清水寺祇園 銀閣寺ゆき」に乗り「五条坂」下車、徒歩10分です。
・京都バス18系統(土・休日のみ運行) 「大原ゆき」に乗り「東山五条」下車、徒歩10分です。

1日に3回以上バスに乗るのであれば、「京都市バス1日乗車券」の購入がおすすめです。500円で指定の区間のバスが1日乗り放題になります。バスの中で購入できるほか、京都駅中央出口付近のバスセンターでも購入できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。京都の紅葉の定番、清水寺。もしまだ行ったことのない見所があれば、ぜひ見てみてくださいね。写真で見ても美しい清水寺ですが、実際にみるとより美しく感じます。新しい魅力が発見できますように!


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …