Home / 国内旅行 / 神秘の国、霧島観光をするなら外せないおすすめスポットと魅力

神秘の国、霧島観光をするなら外せないおすすめスポットと魅力

秋、冬に温暖な地域で過ごしたいと思う方は案外多いのではないでしょうか?そんな方には南九州にある霧島を観光することをおすすめします。そう、霧島連山や温泉地として有名なあの霧島です。

霧島は九州の南端にあることから、年間を通して温暖で過ごしやすく、これに加えて近くに活火山が多く存在することから温泉地としても全国的に有名です。そんな霧島の見どころをどんどん紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

霧島へのアクセス

9220eb67e333617c285bb28b874af5a4_s

霧島とは

先程も触れましたが、霧島は九州地方の鹿児島県中央部に位置する、霧島市のことです。昔から鹿児島の中心地として繁栄し、現在も鹿児島空港や九州自動車道などが通っている交通の要衝なので、とてもいきやすい場所となっています。

長い歴史もあり、交通の要衝である地域なので、昔から伝わる伝統芸能などから、現在のハイテクなものまで、いろいろなもので現在も繁栄し続けている都市の一つです。

列車でのアクセス

新幹線の他、特急きりしま、肥薩線の特急はやとの風があります。所要時間は、新幹線の場合、九州圏内からであれば1時間前後、中国地方から関西地方からだと2~4時間前後かかります。特急きりしまは、だいたい1時間ほどが目安です。特急はやとの風はさらに早く、30分前後で霧島まで行くことができます。

バスでのアクセス

九州圏最北端の北九州市から霧島市にある鹿児島空港まで3時間前後、温泉などがある地区までは大体30分くらいなので、ぎりぎり日帰りができるかできないかの所要時間です。鹿児島県庁などがある鹿児島市までは1時間前後なので、便利ですね。

飛行機でのアクセス

日本国内線が最も多い東京の羽田空港からおよそ1時間30分なので、関東、甲信越、東北にお住まいの方は飛行機で行ったほうが楽ですし、逆に安く収まるのではないでしょうか。最後にまとめて表として作成してあるサイトを見つけたので、そのURLを貼付しておきたいと思います。

アクセス

霧島の歴史スポット

9eb2929999c4b109dd1b9f5d0d6c83c1_s

霧島神宮

6世紀頃に建立された神社で、もともと火山の近くにあったため、火山噴火で何度も炎上しています。その後、ぜんざいの位置に移されましたが、それでも火山噴火によって何度も炎上しています。現在の社殿は約300年前に当時の藩主である島津家によって奉納されたもので、作りが大変豪奢なことから、「西の日光」とも呼ばれています。

霧島神宮 トップページ

鹿児島神宮

おそらく6世紀頃に建立されたのではないかとされている神社で、古くから九州の第一の神社として重要視されてきました。社殿は霧島神宮と同じく島津家によって奉納されました。全国的に有名な初午祭が行われる神社でもあります。

交通アクセス

車: ・溝辺鹿児島インターより車で15分 ・鹿児島空港より車で15分 ・東九州自動車道隼人西インターより車で5分(隼人道路)

電車: ・JR隼人駅より徒歩15分 ・JR日当山駅より徒歩15分

営業時間:8:30~16:30 初午祭:9:30~16:00

営業期間:通年、初午祭:旧暦1月18日を過ぎた次の日曜日

上野原縄文の森

約10000年前から江戸時代前半あたりまで長い間使用されていた遺跡である上野原遺跡が発掘された場所で、現在は遺跡は保護するために埋め戻されてその上に再現した建築物などを展示した公園になっています。

鹿児島県上野原縄文の森トップページ

嘉例川駅

日本最古の木造駅舎が現在も使われている無人駅で、とても趣があります。土曜日と日曜日には、予約無しで買える駅弁「百年の旅物語かれい川」、通称かれい川弁当が売っています。この弁当は九州の駅弁ランキングでも3本の指に入る美味しさで、駅舎以外で購入するには事前予約が必要な弁当でもあります。

住所:鹿児島県霧島市隼人町嘉例川2176

アクセス:鹿児島空港より車で約10分

塩浸温泉龍馬公園

日本で初めて新婚旅行をしたと言われている坂本龍馬とその妻、お龍が滞在したとされているのが塩浸温泉で、この公園内には竜馬が使った湯船や、資料館などがあります。温泉にも入れます。

アクセス:JR国分駅から車で約30分

住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606

料金:温泉 大人360円、小人140円

営業時間

月曜日:9:00~17:00(温泉受付は16:30まで) 火曜日~日曜日:9:00~18:00(温泉受付は17:30まで)

熊襲の穴

妙見温泉にある洞窟で、古代にクマソと呼ばれる先住民の長が住んでいたそうです。入り口にはモダンアートが書かれています。

交通アクセス:鹿児島空港・溝辺鹿児島空港ICより車(タクシー)で15分、JR日豊本線隼人駅より車(タクシー)で15分、東九州自動車道・隼人西ICより車(タクシー)で20分

住所:鹿児島県霧島市隼人町嘉例川

料金:無料

営業時間:制限なし

営業期間:通年

霧島の観光スポット

374108acbf9561fcf4bdd3cb8a0f3feb_s

霧島アートの森

霧島の雄大な自然を完成度が高く、芸術性あふれる彫刻作品と一緒に鑑賞してもらおうと開かれた野外美術館です。国内外から多くの作家が自然、歴史、文化を表した作品を制作して展示しています。ゲートのアートホールには創作活動体験などができる多目的ホールなどのほか、休憩ができるようにカフェなども整備されています。

霧島アートの森

霧島 神話の里公園(道の駅霧島)

大自然の中にある公園で、自然を使った遊びが多く楽しめます。子供の頃やって以来なんていう、草すべりですとか、子供、大人に関わらず楽しめるゴルフなどもできます。あまり体験することができないブルーベリー狩りなども季節によりますが体験することができます。

お昼にはレストランがあるので、そこで地元特産の数々の美味に舌鼓を打てます。また、特産品も売っているので、帰るときにふらっとよってみてはいかがでしょうか。

霧島神話の里公園

旧田中家別邸

海運業によって一代で財を築き上げた故田中省三氏が建てたもので、一流の職人が高級な材料を惜しみなく使って装飾を手がけました。日本庭園も一緒に作られたのですが、これも凝った作りをしています。明治初期から大正時代にかけて急激に発展した日本の繁栄ぶりを表す建築です。

アクセス:東九州自動車道国分ICより車で約10分、国道220号線沿い、福山中学校バス停より徒歩1分

住所:鹿児島県霧島市福山町福山2926番地

料金:見学無料

営業期間:通年

営業時間8:30~17:00

休日:水曜日、年末年始(12/29~1/3)

霧島民芸村

霧島神宮の隣りにあり、霧島の歴史や、屋久島に育つ屋久杉など、地域に関するものを展示している資料館のほか、食事処などもあるので休憩したいときにも利用できます。霧島神宮に行ったついでに立ち寄ってみれば、霧島神宮の歴史を紐解く意外な事実が発見できるかもしれませんね。

霧島民芸村

新日本航空 遊覧飛行

霧島連山の山々を空の上から一望できる遊覧飛行です。火山の火口なども見えるので、火口を真上から見るのはなかなかできないと思うので、いい機会だと思います。飛行機を使うのですが3人ほどであればだいたい4万円ほどで1時間近く山々を空から望むことができます。

チャーター・遊覧飛行|NIA 新日本航空(鹿児島空港)

丸岡公園

明治100周年を記念して建設された公園で、ゴーカート場や多目的グラウンドなどのアクティヴィティができるところから、日本庭園やさまざまな活動に利用できるコミュニティーセンターなどがあり、食事処もあるので1日目一杯遊ぶことができます。また、霧島山が一望できる上に、桜やツツジがあるので、花の名所として春には多くの行楽客で賑わいます。

鹿児島県霧島市|丸岡公園

松下美術館

約3000点の美術作品が収められていて、世界的に有名な日本の画家の黒田清輝などの作品や、レンブラント、モネ、ピカソなどの世界的な巨匠の数々の名画が展示されています。また、古代文明に関する資料なども展示されているので、見応え充分です。

松下美術館

霧島の自然・絶景スポット

9f99df11c77d6b8656e5881cec1e5e93_s

大出水(おおでみず)の湧水

南国である鹿児島は年間降水量が多く、降った雨を土壌によってろ過されるので名水が多く湧きます。この大出水の湧き水もその一つで、近くに住む人たちが飲用水としてわざわざ汲みに来るほどです。ものすごい水量で、きれいな清流ですので、夏などに涼みたいときなどに来るととても気持ちいいと思います。

大出水(おおでみず)の湧水|霧島市観光協会

霧島錦江湾国立公園

鹿児島県と宮崎県の8市3町にまたがる広大な自然公園で、そこには霧島の主要な温泉郷と、多くの火山が含まれています。また、広大な範囲が国立公園として指定されているため、地形的な変化にとても富んでいます。韓国岳などの山岳地帯から、桜島などの海岸地域、さらにはカルデラなどもあるので山から海に行くように順々に回ると面白いかもしれません。

霧島高原 まほろばの里

天然芝の芝スキー場やゴルフ場などのスポーツ施設から、陶芸、ガラス工芸が体験できる施設など、多種多様な施設が集まっています。休憩も取れるよう食事処もあるのでふらっと立ち寄ることもできます。とにかくいろいろある施設なので、もしかしたら1日で回りきることはできないかもしれません。

霧島高原 まほろばの里

丸尾滝

テレビなどで見たこともある人はいるのではないでしょうか。この滝、周りの温泉からお湯が集まってできた川が流れてきているので、全国的にも珍しいお湯が流れる“湯の滝”として有名です。

春夏秋冬に関わらずお湯が流れているので、冬などは湯気が立ち込めて幻想的な風景を見ることができます。また、ライトアップされる夜もあるので、その夜は神秘的な光景を見ることができます。

アクセス:九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから車で約40分

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂丸尾

料金:無料

霧島の温泉スポット

130b896fbc32f13af5acf7d13341c4bd_s

霧島温泉郷

韓国岳の西南に点在する温泉の総称で、付近には先に説明した丸尾滝の他、布引滝、千畳敷、霧島最古といわれる岩風呂などの名所旧跡があります。温泉街なので、旅館、ホテルが多くあり、霧島を観光する際の拠点の一つとなっています。

妙見・安楽温泉郷

霧島市のほぼ中心部に位置する温泉郷で、坂本龍馬が新婚旅行に訪れた塩浸温泉などもここにあります。幕末にすでにあるくらいなのでとても古く、歴史があるので、時期によって違う独特な風景を見ることができます。秋に紅葉があるのは当然といえば当然ですが、初夏には鮎釣りなどが見られるようになります。

関平温泉

霧島温泉郷のさらに南西に行ったところにあります。この関平温泉と、もう一つ他に新床温泉からも温泉を引いているので、2種類の温泉に浸かることができます。旅館やホテルなどはなく、日帰り温泉として霧島温泉郷などの付近の温泉郷から入りに来る人が多いそうです。また、飲用水として飲むこともできるので、ペットボトルが販売されています。

日の出温泉 きのこの里

森や川などに囲まれた自然豊かな場所にある温泉で、鹿児島空港から車で10分のところです。近くには妙見・安楽温泉郷があるので、温泉郷の方に泊まって行ってみるのも一手でしょう。また、敷地内に1日一組だけ素泊まりできる宿があるので、そこに泊まるのもいいかもしれません。ただ、一組だけですので早めに予約したほうが良いでしょう。

日当山温泉郷

霧島市中心部にほど近い温泉郷で、鹿児島県内で最も古い温泉郷と言われています。幕末から明治にかけて活躍した西郷隆盛も好んできたと言われています。旅館やホテルなどがあり、古くから鹿児島の奥座敷として栄えてきた面影を残しています。もともと水位が低かったため足湯として利用されてきましたが、技術の発展により温泉として人気が出ました。

霧島神宮温泉郷

山の奥深くにある霧島神宮を泊りがけで参詣できるように、昭和初期に作られた温泉郷で、比較的新しい温泉です。旅館やホテルなどのリゾート施設があるのでゆったりと過ごすことができます。ただ、霧島市中心部からは少し離れているので、妙見・安楽温泉、日当山温泉は少し行きにくいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。あまり歴史には触れずに書いてきましたが、日本の創世神話の一番最初に出てくるイザナギ、イザナミが降り立った場所が霧島に近い高千穂峰であることに気づいたでしょうか。古来から霧島が大切にされ、繁栄してきたのはこれが理由です。

といっても、歴史が理由となるのはほんの一部です。どちらかと言えば桜島に代表される自然の大いなる力に人々が魅せられてきたというのが理由の大半だと思います。この魅力を内に秘めた霧島をぜひ、皆さんも見にいってみませんか?


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …