Home / 旅行アクティビティ / 釣り / カワハギ釣りを極めるための順序と学ぶべき基礎知識

カワハギ釣りを極めるための順序と学ぶべき基礎知識

カワハギはおちょぼ口でつつくようにエサを食べますので釣る場合はアタリがとりづらく、アタリも何も感じないままエサだけ取られてしまう事も多く「海の忍者」と称される事もある魚で、その釣りは難易度が高いものとなっています。

本記事ではカワハギ釣りのポイントと基礎知識についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

カワハギ釣りのポイント

このカワハギ釣りを極めるにはまず何よりも正確な底ダチを取る事です。それは基本中の基本となるのですが、この魚の場合は非常に大事な事で、重りが常に底を叩くようなタナをキープし、誘っていかなければなりません。

船に乗っていれば停まっていても若干流される為、ポイントは少しずつ移動していってしまいます。
すると海底の様子も変わってきますので、何もしなければ常に一定のタナというわけのはいかなくなるのです。ですので海底の変化に合わせて細かく底ダチを取り、常に重りが底を叩く状態をキープしていかなくてはならないのです。

この底ダチをきちんと取るという事の次に大事なのが誘いです。

カワハギの習性

カワハギほ好奇心旺盛な魚で興味を持ったものに寄って行く習性があります。ですので仕掛けを降ろした後はしっかりとエサを動かし誘いをかけて魚にアピールする事が大事です。

カワハギの誘い方

誘いの方法はゆっくりと竿を上下させる、大きく早く竿を上下させる、竿を細かく早く上下させ重りで底を叩くようにするといったパターンがありますが、ゆっくりとした誘いが基本となりどんな状況でも通用しますが、魚の喰いが悪い時などはアピール力が少々足りない場合があります。

大きく早く竿を上下させる誘いは魚へのアピール力はありますがアクションが大きい分、アワセが遅れる場合があります。竿を細かく上下させて誘うやり方は魚へのアピールは抜群なのですがアタリが取りづらいという事があります。

この欠点を補うやり方が、細かく5回程度底を叩き一度竿を止めてアタリを待つ、アタリが来なければやり直すというやり方になり、このやり方ですとアタリもきちんと取れますしアワセが遅れる事もありませんが、海底の状況によってはこういう誘い方は出来ない場合もあります。

この誘いは状況に応じて常にかけていくという事が大事で誘いを上手くかけた分だけアタリも出ますし釣果にもつながります。

ここまでの底ダチをきちんと小まめに取り、誘いをしっかりとかけていくという基本中の基本のような事ですが、これがカワハギ釣りを極めるという事では一番大事な事で、その他の技術がいくらあろうがアタリが出ない事には話になりませんので、ここからしっかりとするようにしましょう。

カワハギのアワセと餌づけ

その先の事も基本をきちんとするというのが大事ですが、それはアワセとエサ付けです。

エサのアサリは水管から針先を通し、縫うように針に刺していきます。このエサ付けで釣果が分かれると言う船長もいますのでこれもしっかりと基本通りやります。

アワセはこの釣りで一番難しい面かも知れません。ピクピクっと分かり易くアタリがでる場合もありますが、大抵の場合はモゾモゾっとしたものや少しのたれるような違和感といった感じの小さいものがほとんどだからです。

このアワセを覚える為には、とりあえず違和感を感じたらアワセてしまうという事が大事です。カワハギ釣りの仕掛けは3本針や4本針の胴突き仕掛けです。

これは一つの仕掛けで何匹も掛ける為というよりは、アワセを何回か失敗しても大丈夫なようにといった面が大きいのです。3本針でしたら2回失敗しても、4本針でしたら3回失敗しても最後に残ったエサで一匹を釣れば大丈夫という事で、そう考えればアワセの失敗というのはそれほど気にする事は無いのです。

そうして何度もアワセてみて何回か失敗し、また何匹か釣っているうちにアタリの感覚とアワセのタイミングというものは自然と身に付いてくるでしょう。

カワハギ釣りの上達のコツ

カワハギという魚は前述したとおりおちょぼ口で器用にエサだけをさらっていくような魚です。

それを狙って釣るという事は意外と難しいもので奥が深いものとして玄人さんを中心に人気があります。これを極めるとなると更に難しく考えてしまうかも知れませんが、その近道というのは基本に忠実にやるという事に尽きます。

多少腕が上がりますと自己流の釣法となっていくものです。それは悪い事ではありませんが、むしろ狙いすぎて釣果を落としてしまうという事も多い事なのです。ベテランの方よりも初心者の方の方が船長さんの言う事を良く聞いて基本に忠実にするので釣果が良い場合が多いというのと同じです。

仕掛けにこだわりビーズや集魚板で目立つようにするのも効果があるでしょうし、そうした事にこだわるのも良い事です。ですが、そうした細かい技術的なところよりも、やはりきちんと底ダチを取り、色々な方法で常に誘いをかけていくという基本中の基本の部分をしっかりとするという事にはかないませんし、どんなにアワセが上手だと言ってもそもそもアタリが無ければどうしようも無い事です。

どんな釣りでもそうなのでしょうが、極める為にこそ基本をしっかりとマスターする事が大事な事なのです。


スポンサーリンク