Home / 国内旅行 / 河口湖で釣りを楽しむための季節ごとの釣果情報とポイント、釣り方

河口湖で釣りを楽しむための季節ごとの釣果情報とポイント、釣り方

__www-pakutaso-com_shared_img_thumb_p1030070

せっかく釣りに行くなら、誰だってボウズはまぬがれたいと思うものです。確実に釣れなければ、釣りに行った意味がないですし、高速代金やガソリン代など出費ばかりがかさむ状態に。確実に釣り上げるために、情報収集して釣りポイントを押さえておきましょう。

「河口湖で釣りを楽しむための季節ごとの釣果情報とポイント、釣り方」をご紹介します。

スポンサードリンク

確実に魚がいる場所で釣りを楽しもう

ブラックバス

ベストシーズンは、夏になります。釣れるポイントとして、ロイヤルワンド・大橋下・国友ボート前・白須ワンド・丸栄・大岩ワンド・さかなやワンド・寺下・長浜/西湖水路・八杭ワンド・キャンプパラダイス下・キャンプパラダイス東・大石公園・所沢センター前ハワイの場所があります。

中でも「大石公園」は、比較的釣りやすいポイントとなっています。水中で岬のような場所に、東西のワンドと岬の出っ張りがあるのでその辺りを狙ってみるといいです。すばやくサーチして数匹釣ってみましょう。うまくいけば大漁も期待出来ます。ボートの下あたりも、バスがいるので狙ってみるといいです。

ルアーで、中層を探ってみて下さい。ブラックバスがうまく釣れない場合は、水切り音を発生させない「ルアー」に変えてみます。水切り音が発声するとバスが逃げていくので、出来るだけ水切り音を発生させないようにします。

又ブラックバスは、ミミズや小魚よりエビをよく食べるので、エビに見えるワームを使用してみる方法もあります。エビは足が沢山付いているので、エビのような波動を生み出し、餌のエビだとブラックバスに勘違いさせることで釣り上げます。

ニジマス

冬の季節におススメなのが、ニジマス釣りです。初心者でも、楽しい釣りになること間違いありません。ディープエリア(深場)と、シャロー(浅瀬)が隣接している「かけ上がり」のある場所が狙い目です。冬場のニジマスは、水温の安定した深い場所を好んで活動をしています。

深い場所からすぐ上がって来ることが出来る場所を、狙ったほうがいいです。ルアーはスプーンを使用します。ニジマスは口が切れやすいので、ドラグを緩めにし、巻き合わせをして調整するようにしましょう。

ワカサギ

釣りをする季節は、10月~4月が良いです。河口湖のワカサギは、シシャモよりも大きいと有名なので、釣った後に天ぷらなどに料理して、食べるのも楽しみになります。氷上に穴を開けて釣る方法がおススメですが、氷が張ってない季節も釣りは出来ます。

船を使用する方法になりますが、ボートに乗って釣る方法とドーム船や屋形船に乗って釣る方法になります。ワカサギ釣りの良い点は、お子様でも釣りを楽しめるので、親子で釣りをしてみるのもいいです。ドーム船内は床に穴が開いていて、そこから竿を垂らして釣ります。

暖房もしてあるので、冬場でも快適に釣りを楽しめます。ワカサギ釣り専用の竿を使用して釣ります。ポイントは沢山あるので、あまり釣れなかったらどうしようと心配しなくてよさそうです。

コイ

河口湖で楽しめる釣りの中で、急速に人気が高まってきたのがコイ釣りです。人気が出てきた背景は、イギリス生まれコイ釣り方法「ボイリー」による餌で、ゆで固めた丸い形状の餌を使用した釣りです。カープフィッシングと呼ばれ、うまくいけば見た目にも美しい1mを超える大きいサイズのコイを釣り上げることが出来ます。

ベストシーズンは、湖の水温が安定する10月から11月中旬くらいです。コイは釣り糸を左右に強く大きく動かすので、糸を切られないように注意しましょう。糸の張りに気をつけて、慎重に調整して下さい。あせらず、少しずつ引き寄せるようにします。

ヘラブナ

釣りの季節は、4月の下旬から6月いっぱいまでぐらいです。河口湖では、50cm以上の大物も釣れていると言われています。陸からの釣りがメインで狙いは、「ワンド」と呼ばれる入江のようになっている場所が、ポイントとなっています。ワンドに、アシや水草などが生えていれば、釣りポイントとしてベストです。

雨が降った後も、狙い目のタイミングです。なぜかと言うと、大雨で湖水が濁るので、濁った場所を好んでヘラブナが入ってくるからです。釣り台は必ず、用意したほうがいいです。竿の長さは、13尺以上から21尺あたりを使用すれば安心です。

浅場長竿の釣りの場合は、短くて浮力のあるウキを使用しましょう。ドボン用のオモリもあるといいです。

まとめ

いかがでしたか?河口湖で主に釣られている魚達ですが、それぞれ攻略方法が違いますので釣り方を勉強しながら、実践で確かめてみて釣れる方法を積み重ねていくことが大事です。季節によって釣りやすい魚も違うので、それぞれの季節で釣る魚の種類を変えてみて楽しむ方法もありますね。

1種類の魚が釣れれば、あとは応用で他の魚釣りにチャレンジしてみるのも、おもしろいかもしれません。富士山と河口湖の美しい自然を眺めながら、釣りをするのは良い気分転換にもなります。


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …