Home / 国内旅行 / 石川県 / ツアーで楽しもう!金沢ツアー旅行で巡りたいコースと観光の見所

ツアーで楽しもう!金沢ツアー旅行で巡りたいコースと観光の見所

観光旅行で人気の金沢には市内から広域にかけて多くの観光名所があり、見どころが満載です。そんな金沢旅行にはツアーで行くことをお勧めします。ツアーを利用すれば交通費やホテル代がお得になります。到着すればフリープランの場合もあり、自分でコースを組んで各名所を巡ることも可能です。

本記事では金沢の魅力を余すところなくふんだんに取り入れながら、金沢観光の魅力あるコースをご紹介していきます。それぞれのテーマに合わせた名所選びや美食堪能、手作り体験などを多数掲載していきますので、ツアーで金沢を巡る際に、これだけは外せないという自分の観光の目的を探してみましょう。

スポンサードリンク

1.ツアーで行く金沢旅行で巡りたい金沢市内の観光コース

金沢の主要な観光名所は市内に広くあります。たくさんある名所を上手くコースに取り込んで計画的に回っていきたいですね。

1.茶屋街・兼六園の定番コースは初めての金沢ツアーにおすすめ

062522a62444817f4276ae66fed5ec69_s

金沢の定番コースといえばひがし茶屋街を通り兼六園・金沢城公園を観光した後金沢21世紀美術館へ行き、長町の武家屋敷跡を見て回ってから近江町市場へ行くコースです。

見どころの多い金沢を一日で見て回るのは駆け足ですが金沢の主要な観光名所を抑えてあるので初めて来た人にはおすすめのコースです。時間があれば石川県観光物産館で手作り体験を盛り込むとより充実した観光になるでしょう。

2.兼六園と周辺の見どころをめぐるツアーも趣があってオススメ

76a7589d408133f51a5f13a2054d8511_s

日本三名園の一つである兼六園は宏大・幽邃(ゆうすい)・人力・蒼古・水泉・眺望を兼ね備えていることからその名がつきました。中でも霞ヶ池やことじ灯籠など趣のある景色や唐崎松の雪吊り、兼六園菊桜、曲水のカキツバタ、紅葉と四季折々美しい景色を見ることができます。

兼六園から真龍院の御殿である成巽閣へ行き石川県立美術館、本多の森・美術の小径を抜けると中村記念美術館や鈴木大拙館へとたどり着きます。その後は金沢21世紀美術館を見学してコース終了です。近江町市場へ立ち寄ってお土産を買って帰ってもいいですね。

3.茶屋街と浅野川河畔をお散歩して文化を感じるツアーも素敵

ca1b6db6b0e4f349886db509db586e6b_s

久保市乙剣宮の裏手からひっそりとしたくらがり坂を下っていくと情緒ある主計町茶屋街へと出ます。そこから浅野川沿いに歩いて行き橋を渡ってからゆったりとした川の景色を眺めながらひがし茶屋街へと向かいましょう。古い町並みの残る茶屋街は日が暮れる頃になると軒灯がともり太鼓や三味線の音が聞こえてきます。

ひがし茶屋街は観光客へ向けての施設の充実しているのでぜひ日中に訪れて欲しいです。お茶屋の文化に触れられるお茶屋文化館や志摩、懐華樓といったお茶屋建築を見学するのもいいでしょう。

4.金沢の百万石の城下町の歴史を感じるツアーも歴史ファン垂涎

132858f9a15c6115c0d5cdb72eef463a_s

まず犀川大橋を渡り忍者寺として有名な妙立寺がある寺町寺院群を観光します。その後西茶屋街へと向かいましょう。作家島田清次郎が青年時代を過ごした吉米楼の跡地に建つ西茶屋資料館は清次郎の資料が展示されているほか観光案内人である「まいどさん」がいるので西茶屋街周辺のガイドを頼んでもいいですね。

その後雨宝院を見学して犀川の優美な流れを愛でながら長町武家屋敷跡へと向かいます。武家屋敷跡野村家は一般に公開されていて茶室ではきれいに手入れされた庭園を眺めながらお茶とお菓子を頂くことができます。武家屋敷を後にしたら香林坊を抜け和洋に中国の文化も取り入れて造られた神門で有名な尾山神社を観光して終了です。

5.グルメが一番!金沢の美食を堪能するツアーコース

d6a35c742f7b6f4c1402fb2e47c81e9e_s

南町へ向かうと風格ある建物で有名な大友楼があります。大友楼では予約をすれば本格的な加賀料理を頂くことができます。そこから国の重要文化財である尾崎神社を見て回ったら十間町に向かいましょう。

ここには和菓子屋が点在していて上生菓子を堪能することができます。有名な料理旅館の浅田屋もあり十間町から徒歩4分の武蔵町には氷室饅で有名な頭越山甘清堂などがあります。

美食堪能といえば近江町市場です。新鮮な魚介類や海産物、加賀野菜などが揃いまさに市民の台所といった場所です。市場内にもたくさんの飲食店が入っているので食事も楽しめますし、ここでお土産を買って帰る人も多いです。

6.金沢を全て堪能したいなら21世紀美術館周辺もおすすめ

df0e8d690758092debe1417feaa2607a_s

神門で有名な尾山神社へ向かいそこから金沢・クラフト広坂のギャラリーを鑑賞しガラス張りの円形状で「公園のような美術館」をコンセプトにした金沢21世紀美術館へと向かいます。美術館には現代アートやコミッションワークと呼ばれる建物と一体化したアートを楽しめます。

金沢21世紀美術館を後にしたら石川県立美術館へ向かいましょう。美術の小径や本多公園を抜けて金沢市立中村記念美術館を見学したり鈴木大拙館の美しい造形美に触れるのもいいでしょう。その後石川県立歴史博物館の見学をするのもいいですね。

7.江戸期の武家屋敷をめぐるツアーも歴史を感じて素敵

24654836256_5d9e5459c4_c

出典:https://kojodan.jp/

まず忍者寺と呼ばれる妙立寺まで足を延ばします。ここから寺町寺院群を観光しながら西茶屋街まで向かいましょう。西茶屋街では西茶屋資料館や甘納豆で有名なかわむらに立ち寄ってもいいでしょう。そこから雨宝院へと移動し、犀川をゆったりと眺めながら長町へと向かいましょう。徐々に土塀に囲まれた趣ある屋敷が見えてきます。

加賀藩の中級武士が住んでいた長町武家屋敷跡には今でも多くの古い土塀や長屋門が残されています。武家屋敷跡野村家は観光客にも公開されていますからぜひ訪れて欲しいですね。他にも旧加賀藩士高田家跡や前田土佐守家資料館などの武士の暮らしに触れられる施設へも立ち寄ってみましょう。

2.金沢ツアーで楽しみたいアーキテクチャー・ツーリズム

アーキテクチャー・ツーリズムとは建築観光のことで、古い建物の残る金沢ではさまざまなアーキテクチャー・ツーリズムを楽しむことができます。ツアーで金沢旅行に行く際には、この建築観光を楽しめるかチェックしましょう。

1.レトロ建築めぐり

f0324532_11561468

出典:http://kugesanpo.exblog.jp/

犀川大橋南方に位置するにし茶屋街に大正11年に建てられた西検番事務所は芸妓衆の稽古場兼管理事務所として利用されていました。水色の鮮やかな建築物を後にロマネスク様式を再現した木製の聖堂が美しい金沢聖霊修道院へ向かいましょう。近世史料館・金沢市立玉川図書館の赤レンガ造りの建物は一見の価値があります。

その後近江町市場で昼食を取ったら和館と洋館が隣り合わせに建つユニークな谷庄古美術店を見学しギャラリー三田の喫茶フレールで休憩をしましょう。最後に当時の超モダンな建物としてもてはやされたGEUDA(旧村松商店)を見学して終了です。

2.近代建築めぐり

img_6568

出典:http://sagaminomen.blog.fc2.com/

和洋折衷の建物である町民文化館を皮切りに金沢文芸館に訪れ洋館風の建物が素敵なとどろき亭かもしくは昭和8年に改装された当時の面影を残した老舗洋食店で自由軒で昼食を食べましょう。

その後石川四高記念文化交流館や石川県立歴史博物館石引分室、石川県立歴史博物館の近代的で美しい建物を見学してアメリカンコロニアルスタイルの建築を今に残す北陸学院ウィン館へ向かいます。最後に中学校の校舎として建てられた木造校舎を活用した金沢くらしの博物館を見学して終了です。

3.時代建築めぐり

20150815060239

出典:http://kq.hatenablog.com/

江戸時代の街並みや建物を多く残す金沢では寺院や町や、武家屋敷などの時代建築巡りを楽しめます。まず金沢駅近くの本願寺金沢別院へ向かい趣深い建築物を見学した後はひがし茶屋休憩館で一休みしたら天保元年創業の高木糀商店へ。ギャラリー椋は木材店を改装してギャラリーとカフェとして活用されています。

お茶屋をそのまま和食の店として活かしてある十月亭で食事をしたら少し歩いて大樋美術館へ向かい兼六園内にある成巽閣や寺町まで足を延ばし高岸寺本堂・鐘楼を見学しましょう。そこから長町の武家屋敷へと向かい武家屋敷跡野村家に隣接する茶菓工房たろう鬼川店で甘味を楽しみます。最後に国宝の尾山神社の見学でコース終了です。

3.金沢ツアーで楽しみたいクラフト・ツーリズム

クラフト・ツーリズムとは金沢の伝統工芸や文化に触れる旅のことです。自ら体験すれば素晴らしい旅の思い出になることでしょう。

ツアーで行く際には観光プランにクラフトツーリズムがオプションとして用意されているかもしれません。金沢旅行を満喫するためにも、伝統工芸にふれあえる時間を持つようにすることがおすすめです。

1.兼六園周辺で伝統の手作り体験

589988a3df35ebc5b1d618ad26b6fbc0

出典:http://megurin.hot-ishikawa.jp/

兼六園や金沢城公園の散策を済ませたら石川県観光物産館で手作り体験をしてみましょう。ここでは多くの伝統工芸を体験することができます。

石川県観光物産館
所在地:金沢市兼六町2-20(兼六園下)
電話:076-222-7788
営業時間:10:00~18:00
(4月~11月の土・日・祝と、8月~10月は9:00~18:00)
定休日:12月~2月火曜休館(年末年始除く)

和菓子手作り体験

・開催日時 「1月~11月」
・体験時間 約30~40分程度
・料金 1,230円(税込)500円の買い物券プレゼント付き

金箔プレート手作り体験

・開催日時 毎日 (12~2月の毎週火曜日は休館日)
・体験時間 約40分~60分
・料金 1,230円(税込)

小さな締太鼓づくり体験

・開催日時 毎日 ※休館日を除く
・体験時間 約15分程度
・料金 600円(税込)

砂彫ガラス体験

・開催日時 毎日 ※休館日を除く
・体験時間 60分程度
・料金 材料によって異なります。

2.近江町から尾張町、加賀毛針アクセサリー作り

bae96394eb6faca2061520d7ce035288

出典:http://megurin.hot-ishikawa.jp/

伝統的な加賀毛針をアクセサリーに応用した目にも鮮やかな手作り体験です。アクセサリーにするのはさまざまな種類のフェザーです。着色してあるものもありとてもカラフルでどれにしようかと迷ってしまいます。

目細八郎兵衛商店
所在地:金沢市安江町11-35
電話:076-231-6371
営業時間:9:30〜18:00(体験は10:00~15:00※要予約)
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
料金:アクセサリーづくり体験(ブローチ)1,500円

3.西茶屋街・寺町周辺で美体験

150204tentou

出典:http://mizuhiki.jp/

西茶屋町を散策したら九谷焼の窯元、九谷光仙窯へ向かいましょう。ここでは絵付け体験ができます。伝統の和絵具を使った絵付けは貴重な体験です。その後は寺町で妙立寺や寺町寺院群を見学して犀川河畔で川の流れを愛でたら津田水引折型の店舗へと向かい引水細工の手作り体験をしましょう。

九谷焼の絵付け体験

所在地:石川県金沢市野町5-3-3
電話:076-241-0902
営業時間:9:00~17:00
定休日:元旦
体験時間:約60分
料金:1,300~5,400円

引水細工の手作り体験

所在地:石川県金沢市野町1-1-36 
電話:076-214-6363
営業時間:月曜~金曜(平日)10:00~18:00 土曜10:00~12:00 体験時間は10:00~15:00 月~金の平日のみ受付
定休日:元旦
体験時間:約60分
料金:1,000円~ 

4.加賀友禅染め制作体験

extra_large_150202___________45

出典:サイトドメイン

京都と並んで友禅染で有名な金沢で友禅染め体験をしてみましょう。

加賀友禅会館
住所:金沢市小将町8-8
電話:076-224-5511
営業時間:9:00〜17:00
定休日:毎週水曜(祝日は営業)、年末年始
入館料:310円、小中学生200円
体験時間:約20分〜約60分
料金:型染め体験1,620円/手描き体験2,700円(税込)

4.金沢ツアーでお寺を巡る三寺院群めぐり

卯辰山山麓寺院群めぐり

p1100839-thumbnail2

出典:http://chisama.seesaa.net/

  1. 圓長寺
  2. 宝泉寺
  3. 蓮昌寺
  4. 西養寺
  5. 全性寺
  6. ひがし茶屋街

ひがし茶屋街から望める卯辰山には古くから多くの寺社が建立されました。卯辰山山麓寺院群は国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている歴史ある寺院群です。寺と寺の間の小道を散策するのも楽しいものです。

ひがし茶屋街の入り口にある圓長寺には御輪堂がありひと回しすると全てのお経を読んだことになると言われています。ひがし茶屋街を抜けると宝泉寺に着きます。境内から眺める金沢市街の景色は最高です。次に向かう蓮昌寺には金沢の四大仏である釈迦如来立像があります。

西養寺に向かうと四季折々に美しい景色を見せる保存樹木にも指定された樹木を見学することができます。この寺には秘蔵の掛け軸である釈迦出山図も見ることができます。全性寺には美しい仁王門があり奉納されたわらじが掛けられています。寺の周辺で見られる塀も趣があり散策しながらひがし茶屋街へと向かい終了です。

寺町寺院群めぐり

047

出典:http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/

  1. 神明宮
  2. 妙立寺(忍者寺)
  3. 願掛け寺 香林寺
  4. 松月寺の大桜
  5. 伏見寺の阿弥陀如来
  6. 西茶屋街

犀川西岸地域にある寺町寺院群は加賀藩が城下の備えとして造らせた寺院群です。西茶屋町と犀川河畔とを合わせてゆったりと観光したいですね。

神明宮には樹齢千年を超える神明の大欅があり神明宮の近くには詩人中原中也が幼少時代を過ごした雨宝院もあるのでぜひ観覧してください。次には忍者寺で有名な妙立寺へと向かいます。敵に備えるために多くのからくりが仕掛けてあるので忍者寺と呼ばれた妙立寺は前田家の祈願所として建立されました。

その後願掛け寺の香林寺から寺町の裏通りをのんびりと散策して松月寺の大桜を鑑賞しましょう。春になれば美しい桜の花を見ることもできます。最後に伏見寺の阿弥陀如来を拝観したら西茶屋街へと向かい終了です。

金沢三寺院群めぐり

2014-06-24-14-26-46

出典:http://kanazawa-burari.blogspot.jp/

加賀藩が金沢城の防備や管理のためにそれぞれの寺院を移転・配置したのが「小立野寺院群」、北東の「卯辰山寺院群」、南西の「寺町寺院群」です。上記の卯辰山寺院群・寺町寺院群に合わせて小立野寺院群である真行寺や慶恩寺、天徳院や宝円寺、桜が見どころの慶恩寺など3つの寺院群をぜひ散策してみてください。

5.金沢を中心とした広域観光ツアーもお得感があっておすすめ

1.金沢から白川郷へ日帰りツアーコース

995657fb0f2678f1aa1752327757f52e_s

金沢駅から北陸新幹線で新高岡まで行き世界遺産バスに乗り換えてまず相倉合掌造り集落へ向かいます。見学を済ませたらバスで上梨へ向かい五箇山総合案内所で上梨地区の説明を受けましょう。五箇山総合案内所に隣接するこきりこ民芸ではささら編みの体験もできます。

上梨からバスでいよいよ白川郷へ向かいます。道中には世界遺産の菅沼合掌造り集落を見ることもできます。白川郷ではであい橋を渡るとお土産店や合掌造りの家屋が広く並び立ちます。せせらぎ公園の先には野外博物館合掌造り民家園があり重要文化財指定建造物を見学することができます。

2.七尾湾の能登島へ

l140168766250066000

出典:https://www.notoaqua.jp/

金沢駅から特急で和倉温泉駅へ向かいます。ここからバスで七尾湾に架かる能登島大橋を渡ってのとじま水族館へ向かいます。のとじま水族館ではトンネル水槽やイルカショー、ペンギンのお散歩など見どころ満載です。次にバスで能登島ガラス美術館を訪れガラス美術館を見学しましょう。隣の能登島ガラス工房では工房見学やガラス工芸体験ができます。

見学や体験が終わったら温泉で疲れを癒しましょう。能登島にはひょっこり温泉・島の湯という温泉施設があります。能登大橋を渡って和倉温泉街で温泉に浸かってもいいですね。

3.白山神社総本社へ

image

出典:http://www.chuguonsen.com/

金沢駅からJR北陸線で新西金沢駅に着いたら北鉄石川線に乗り換えて鶴来駅で下車しましょう。タクシーで一の鳥居のある表参道駐車場まで行ったら老杉並木の静かな参道を通り白山神社の総本社である白山比咩神社へとたどり着きます。広大な敷地を有する境内には御神木である三本杉が見られます。厳かな雰囲気を神社を後にしたら宿場町である鶴来戻って街並みを散策しましょう。

鶴来駅から北鉄石川線で野町駅まで行ったら九谷光仙窯へはすぐです。九谷焼の絵付け体験や製作工程の見学を楽しみましょう。西茶屋街までもすぐに着くのでコースに組み込んでもいいですね。。

まとめ

金沢旅行はさまざまな観点から面白味ある観光コースを組める観光名所が満載です。定番の観光ももちろんいいですが、神社仏閣を見て歩くのも趣があっていいです。建物・建築の見学や手作り体験、少し足を延ばして多くの名所も巡って欲しいですね。魅力ある金沢には何度でも足を運びたいです。


スポンサーリンク