Home / 国内旅行 / 伊豆 / 城ケ崎海岸の魅力と楽しみ方

城ケ崎海岸の魅力と楽しみ方

伊東市の南西に位置する城ヶ崎海岸は4千年前に大室山ができた際の火山噴火で海に流れた溶岩によって海岸が埋められ、溶岩流と海水の浸食作用によって複雑な小さな岬と入り江が形成され、一部が険しい断崖絶壁となったものです。

荒々しい地形は伊豆の観光スポットとして人気があります。城ヶ崎海岸の楽しみ方は、遊歩道・ハイキングコースで険しい断崖の上から風景を眺めたり、断崖の上に自生している植物の観察を楽しむことができます。

遊覧船を利用すれば、海上から風光明媚な眺めを楽しむことができます。これらに加えてダイビングで海中散歩を楽しむこともできます。ダイビング初心者でも体験コース(1日)を利用すれば海中の風景を眺める事ができるのです。

スポンサードリンク

城ケ崎海岸の「ピクニカルコース」

定番の観光コースは全長約9kmに及ぶ「ピクニカルコース」の散策です。伊豆急富戸駅から海に向かって歩いて遊歩道に入り、険しい岩場に架けられた吊り橋や展望台などを楽しんでから、遊歩道のゴールである「伊豆海洋公園」に至る散策コースで、所要時間は約3時間です。

富戸駅を下車してから海に向かって歩くと「三島神社」があります。神社の本殿は二間社流造りという珍しい建築様式で、伊東市の有形文化財に指定されています。

三島神社を過ぎて県道沿いを進むと漁港があり、この近くはダイビングスポットとして人気があります。富戸漁港内を歩いて行くと遊覧船乗り場があり、遊歩道の入口に出ます。

険しい岩の間に作られた遊歩道を進むと「砲台跡」が見えてきます。これは、幕末にこの地方の領主であった沼津藩水野氏が黒船に備えて設置したものです。

遊歩道を道なりに進むと門脇岬があり、吊橋と門脇灯台が見えてきます。長さ48m点高さ23mの吊橋がある場所はかつて溶岩流が海に流れた後に海水によって浸食されて出来た窪みで、橋の上から海を見下ろすとスリル満点です。

門脇灯台は展望台になっているので、高い所から遠くの風景を眺めることができます。門脇岬の近くに「ヒメユズリハ」の群落があり、70本もの大木を見ることができます。遊歩道をさらに進むと「穴口」があります。これはかつて流れ出た溶岩流によって出来た岩のトンネルです。岩が崩落している部分に橋が架けられているので、上から眺めることができます。

洞窟の奥を覗くと海水が打ち寄せる様子が見えます。遊歩道を進むと「びしゃご」「しんのり」「ひら根」「つなきり」などの見どころがあり、ゴール地点である「伊豆海洋公園」に到着します。
公園近くにもダイビングスポットがあります。伊豆海洋公園の近くのバス停からは、伊豆高原駅や伊東駅行きの路線バスが発着しています。

城ケ崎海岸の「自然探究路」

ピクニカルコースの先には「自然探究路」が続いています。自然探究路も海岸沿いのコースで、伊豆海洋公園からスタートした場合には伊豆急伊豆高原駅がゴールとなります。

自然探究路では岩場の上部に自生している珍しい植物を観察することができます。秋になると岩場にツワブキ・イソギクの黄色い花が見えます。さらにヤマモモ・シナノガキ・クロマツも見る事ができます。自然探究路を進むと長さ60m、高さ16mの吊橋(橋立海のつり橋)があり、橋の上から遠くの方まで眺めることができます。

吊橋のすぐ近くの岩礁には大小の汐溜まりがあり、大淀・小淀と呼ばれています。これらの汐溜まりの中には磯に住む小魚や貝などの生物が多く、近くで観察する事ができます。

階段を下りて「さいつなの岬」を眺めると、柱上の岩礁が観察できます。天気が良ければ汐溜まりや海岸まで下りてみることをおすすめします。

城ケ崎海岸を堪能できる遊覧船

険しい岩場の遊歩道で上から眺めるだけでなく、遊覧船を利用して城ヶ崎海岸の風光明媚な眺めを眺めることもできます。遊覧船乗り場は漁港の近くにあり、冬季(1月中旬~2月中旬)を除いて運行されています。

遊覧船の所要時間は約30分で、1日8便が運航されています。遊覧船は予約不要なので、気軽に立ち寄って海上からの眺めを楽しむことができます。

城ケ崎海岸でのダイビング

断崖と海上からの眺め以外にも、ダイビングで海中散歩を楽しむこともできます。「Dive Shop TAKARAJIMA」の体験ダイビングコースを利用すれば、初心者でも海中散歩を楽しむことができます。

完全予約制の「日帰りスキューバ体験」(8,000円、レンタル料込。別途700円で昼食を準備)では午前中にインストラクターからスノーケルの使い方を習得し、プールでマスク・フィンでの泳ぎ方・潜り方を練習します。

午後はインストラクター同伴で、海洋でのダイビングを楽しむことができます。ダイビング後にシャワー・着替えを済ませて体験コースが終了します。コースは朝9時に開始して夕方4時に終了します。

体験ダイビングに必要なものは水着・タオル・ビーチサンダルで、これら以外の必要な機材などはレンタルできます。ダイビング体験は人気が高くて観光シーズンになるとすぐに予約が埋まってしまうので、早めに予約をするようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

伊豆ぐらんばる公園の魅力的なアトラクションとイベント、基本情報

「伊豆ぐらんぱる公園」とは、東 …