Home / 国内旅行 / 伊豆 / 伊豆箱根鉄道の魅力と鉄道を使ったおすすめ旅

伊豆箱根鉄道の魅力と鉄道を使ったおすすめ旅

93708c6f3e1d73407005d254a5a42aab_s

伊豆箱根鉄道は、神奈川県の小田原・箱根地区の小田原から大雄山を走る大雄山線と、静岡県の伊豆半島を南北に走る、三島から修善寺を結ぶ駿豆線の2つの鉄道路線を有しています。地元では「いずっぱこ」と呼ばれて親しまれています。

スポンサードリンク

伊豆箱根鉄道駿豆線

829ecc5cb031baa36e3d9027b122b676_s

まずは、伊豆箱根鉄道の本社がある三島駅が始発の駿豆線から紹介します。駿豆線は伊豆半島の玄関口・三島市から温泉観光地・修善寺までの20kmを結んでいます。駿豆線の沿線には数々の魅力的な観光地があります。最大の特徴は富士山のビュースポットがたくさんあることです。鉄道を使って行くことができる主な観光地としては三嶋大社、函南仏の里美術館、伊豆長岡温泉、韮山反射炉、そして終点の修善寺温泉といったところが挙げられます。

話題のスポットは韮山反射炉

その中でも、今が旬の話題のスポットは韮山反射炉です。韮山反射炉へは三島駅から駿豆線に乗って約20分で行くことができます。また、観光周遊型韮山反射炉循環バスも運行されていてとても利便性も良く観光することができます。循環バスは途中、蛭ケ島公園や江川邸・北条の里といった歴史探索ができるスポットや韮山いちご狩りセンターも経由しますので、周辺でいろいろな楽しみ方ができるのも魅力です。

明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産として登録

韮山反射炉がなぜ旬かと言うと、昨年2015年7月5日にUNESCOの第39回世界遺産委員会で明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産登録されることが決定したからです。韮山反射炉は元々日本国内で唯一現存する実用反射炉として名を馳せていました。韮山反射炉は江戸時代後期の1840年の中国で勃発したアヘン戦争に危機感を持った韮山代官・江川英龍が海防政策として鉄砲を鋳造するために必要とされる反射炉の建設を計画しました。

そして、幕末の1853年に黒船の来襲を受けると江戸幕府直営の反射炉として建設が決定されました。この年、下田に築造を開始しましたが、翌年の1854年にアメリカのマシュー・ベリー艦隊の水平がその敷地内に侵入してきたため築造場所を下田から韮山に移しました。その翌年の1854年に江川英龍が逝去してしまいますが息子の江川英敏が後継者となって築造を進め1857年に完成しました。

幕末から現在までの反射炉

その後1864年まで反射炉本体で鋳造が行なわれていました。幕末期の日本では、佐賀藩や薩摩藩をはじめとして各地に反射炉が建設されましたが、そのほとんどは失われてしまったので当時のまま残っているのは、山口県萩とこの韮山だけです。特に韮山反射炉は実際に長く稼動して大砲を鋳造することができる反射炉として大きな特徴を持っていました。明治維新後は陸軍の所管となり、附属する機械は造兵司令によって引き渡されてしまいましたが、反射炉本体は現在まで残っています。

その後、韮山反射炉は荒れるがままの状態で放置されていましたが、英龍の没後50年を機に日本における砲兵工廠の鼻祖として保存しようという気運が高まってきたのです。そして1901年に陸軍省により補修工事が行なわれ、さらに戦後になって1957年に大規模補修が行なわれました。また、現代になって1985年から1989年(平成元年)にかけて保存修理が施されて現在に至り、その労苦が報われるかのごとく国指定史跡から昨年世界文化遺産に登録されたという、脈々と受け継がれた歴史を誇っているのです。

伊豆箱根鉄道大雄山線

e77341e29b9ceb4ab449e6db45d4775f_s

次に大雄山線の紹介です。大雄山線は、大雄山最乗寺の参拝客輸送などを目的として、1925年(大正14年)に開通しました。大雄山最乗寺は曹洞宗に属し、全国に4000以上もの門流を持っています。開創以来600年の歴史を持つ霊場として知られ、境内の山林は130町歩、老杉茂りの霊気は山々に漲り、堂塔は30以上もある壮大なお寺です。本尊には修行専門の道場があります。大雄山には四季を通じて折々の花や植物を楽しむことができ、ハイキングコースとしても魅力的な観光スポットです。

和田河原駅周辺の散策コースがおすすめ

大雄山線沿線には観光地・箱根を満喫できる観光スポットが数々ありますが、その中で四季折々の美しい花を観賞しながら散策できるおすすめのスポットを1つ紹介します。それは、和田河原駅周辺の散策コースです。特におすすめの季節は初夏の6月と晩秋の11月です。6月には酒匂川上流の川辺を中心にアジサイとハナアオイが咲きます。

酒匂川の風に吹かれながらあじさいの里とハナアオイの農道を歩く清々しいピクニックが楽しめます。11月には、菊が咲きます。南足柄の伝承地を巡りながら色とりどりに咲き誇るざる菊の景観を満喫できます。和田河原駅には、小田原から大雄山線に乗って20分弱で到着します。

魅力的な伊豆箱根鉄道

なお、今年の10月1日には『~大雄山線開業90周年~ファイナル・イベントが開催されます。このイベントではオールドカラー復刻バージョンの電車運行と記念切符の発売が実施されます。大雄山駅では、名誉宣伝部長のディスクジョッキー・HAGGYの司会による記念式典が執り行われます。


スポンサーリンク

Check Also

伊豆ぐらんばる公園の魅力的なアトラクションとイベント、基本情報

「伊豆ぐらんぱる公園」とは、東 …