Home / 国内旅行 / 伊豆 / 伊東の基礎知識と観光地としての魅力

伊東の基礎知識と観光地としての魅力

伊東温泉は別府や熱海とあわせて日本三大温泉郷と呼ばれています。東京からも近く、最短では1時間40分ほどで到着できます。静岡県東部、伊豆半島のほぼ真ん中にあたります。

スポンサードリンク

伊東の基本情報

松川沿いにあり、湯量は豊富で東日本一とされ、源泉の数は800以上あるのではといわれているほどです。発見されたのは平安時代かそれより前だとされており、海岸寄りの松原や玖須美地区が食塩泉や芒硝泉、山側にある岡地区が単純泉となっています。

1598年には江戸城で御前湯として使うために献上しています。庶民が利用するようになったのは江戸時代中期以降でした。源泉の数が急激に増えたのは明治以降で、明治・大正・昭和初期になると多くの文豪などが訪れたといわれています。

伊東の温泉街

駅前から海側にかけて温泉街がひろがっています。温泉街には共同浴場が10軒ほどありますが、そのほとんどに七福神の像が飾られています。これは中心部にある寺院に七福神にまつわるものがあるためだとされています。

共同浴場ではスタンプラリーも行なわれていますので参加してみるのも面白いでしょう。それではそんな伊東の観光スポットについて、いくつかご紹介しましょう。

道の駅 伊東マリンタウン

こちらは道の駅である伊東マリンタウンに併設している温泉施設で、朝5時頃から朝湯をやっており、入浴することができます。地下1000mから湧き出る温泉を使っており、大きな窓のある大浴場と露天風呂があります。

グループや家族で利用できるのが好評のジャグジーの貸切もできます。午前6時から10時頃までは朝食を食べることもでき、温泉に入らずとも食事だけで利用することも可能です。

松月院

伊東駅の東側の高台にある「松月院」は1607年創建で、山門から入ると正面にすぐ本堂が見えます。ここからは市街や海の手石島などなどを眺めることができます。

本堂の左側にある池には弁天堂があります。境内はきちんと手入れされていてまるで庭園のようになっており、春には桜の開花を楽しむことができます。他にも多くの花木が植えられており、蕉風の俳人である山本六丁子の句碑や墨画の内山雨海の筆塚などがあります。

東海館

東松原町にある昭和初期の建築様式の建造物で、木造3階建てとなっており、かつて和風旅館として利用されていました。1997年頃に廃業された後で市に寄贈され、現在では一般公開されるようになりました。

書院の欄間や客室の飾り窓などはぜひ見ておきたいものです。土日祝日には立ち寄り入浴をすることもできるようになっています。

松川遊歩道

竹の内の辺りにあるこの遊歩道は岡橋から河口まで全長約1kmほどあり、柳などの樹木が植えられており、藤棚もあります。また歩道には石が敷き詰められており、木下杢太郎の解説パネルが立っています。

静岡の町並み50選の一つとなる大川橋近くの木造旅館街はぜひ見ておきたいものです。入浴後にゆっくりと散策するのも良いでしょう。

アジアンオールドバザールIZU

こちらは抱っこするかリードでちゃんとつないで歩くことでペットの同伴も可能となっています。入口にはバリ門があり、まるでバリに本当に来たかのような雰囲気を感じることができます。

敷地内にはレストランやショップなどがいくつもあり、バリの芸術的な村ウブドで見つけた面白いものがたくさんあるので、おみやげにもぴったりです。バリでは定番のナシゴレンなどの料理は日本人でもおいしく食べられるようにアレンジされていますので挑戦してみるのも良いです。

伊豆高原ステンドグラス美術館

この美術館には1800年代に実際に使われていた英国のステンドグラスを展示してあります。またセント・ミッシェル教会やセント・マリーズ礼拝堂で毎日定時にアンティークパイプオルガンやオルゴールの生演奏が行われていますのでそれらの演奏を聴きに足をのばしてみるのも素敵です。

一碧湖

紅葉シーズンには特に見ごたえがあるのがこちらの湖です。周囲4キロほどの湖で、周辺には森があり、湖面に天城連山が映りこむ様子が非常に美しいため、「伊豆の瞳」と呼ばれることもあるほどです。

ボート乗り場がありますし、釣りをすることも人気です。また北東岸は宿泊施設やいくつかの飲食店、おみやげ店などがあります。桜も多いのでお花見の時期に出かけるのも良いです。南岸に与謝野鉄幹と晶子夫妻の歌碑がたてられています。

伊豆ガラスと工芸美術館

大室高原にあるこちらはいろんな体験をできる工房があるミュージアムで、アール・ヌーヴォーやアール・デコ時代の代表的なガラス作家の作品を展示してあります。

ティファニーの「リリー・ランプ」やラリックの「勝利の女神」など見ごたえのあるものもあります。ステンドグラスやガラス片を使うアクセサリー作りのフュージング、インテリアキャンドル、万華鏡、ビーズアクセサリーなども体験でオリジナル作品を作ることができますので記念になります。


スポンサーリンク

Check Also

伊豆ぐらんばる公園の魅力的なアトラクションとイベント、基本情報

「伊豆ぐらんぱる公園」とは、東 …