Home / ヨーロッパ / イタリア / 初めてのイタリア旅行に行くなら訪れたい人気観光スポットランキング10選

初めてのイタリア旅行に行くなら訪れたい人気観光スポットランキング10選

duomo-firenze

観光大国イタリア。世界中の旅人たちを魅了してやまないこの国は、数え切れないほどの旅行スポットで溢れています。

今回は初めてイタリアを訪問するという方のために、あなたの期待と好奇心に応えてくれる観光スポットを紹介します。

スポンサードリンク

バチカン市国

カトリックの総本山であり、ローマの中にある世界最小の独立国。バチカン美術館には世界の宝物と言うべき沢山のアートが展示され、サン・ピエトロ寺院を初め、ルネサンス期の芸術家が設計した様々な建造物の芸術性と機能性に感心すること間違いなしです。

ここではカラフルな衣装をまとった憲兵さんたちが警護に当たっています。この衣装はなんと!ミケランジェロがデザインしたのだとか!!記念に一枚、写真に収めることもできますよ。

02aa87d746abdb614b758eeed739fb7b_s

トレビの泉

ローマの象徴ともいうべき噴水で、その壮大な彫刻と噴水のハーモニーが完成された美を演出しています。

ローマを代表するバロック後期の美術作品として曲線の美しさと力強さ、優美さも兼ね備えている彫刻ですが、元は古代ローマ時代に作られた水道の終着点でした。実物にしかない迫力や流れる水の爽やかさ、ライトアップされた噴水も独特の雰囲気があり、とてもロマンチックです。

ミラノのドゥオーモ

500年以上のときをかけて建設され、大戦中も戦火を免れてきた街のシンボル。建物の一角には建設を始めた当時に埋め込まれた石が現在も残っています。14世紀のゴシック建築で天を刺すような鋭い尖塔が特徴的で一番高い尖塔には聖母マリア像が装飾され、ドゥオーモ広場を見守っています。

外観は細かく伸びたつけ柱とそこに施された彫刻で360度どこから見ても美しく、内部は見事なステンドグラスを始め、多くの芸術作品が楽しめます。

duomo-milano

ウフィッツィ美術館

フィレンツェに行くなら訪問したい美術館ナンバー1!メディチ家の事務所として使われていた建物を美術館にしたウフィツィ。ルネサンス美術の絵画だけでなく、中世時代のフレスコ画なども展示され、時代により変化する絵画表現を楽しむことができます。美術館は広いので館内のカフェで休憩をとりながらゆっくりと周りたいスポットです。

サン・フランチェスコ寺院 (アッシジ)

イタリア中部、聖フランチェスコゆかりの地。地下には聖フランチェスコのお墓があり、チマブエのフレスコ画も見ることができます。教会内部天井の一部が空白になっている部分があります。1997年のウンブリア地震で剥がれ落ちてしまったフレスコ画の跡で現在も修復が続けられています。

街を彩るピンク色の大理石や中世時代を思わせる小路、高台からの絶景に雲の上から眺めているかのような錯覚を覚えます。

サン・マルコ広場 (ヴェネツィア)

映画『旅情』の舞台になったヴェネツィアで一番大きな広場。荘厳なサン・マルコ寺院や街のシンボルともいえる大鐘楼もあり、開放的な雰囲気です。

老舗のカフェで一息つきながら、見晴らしの良い運河や行き交うボートを眺めていると、17世紀の世界に紛れ込んでしまったかのような錯覚を覚えます。

s-marco

ナポリのサンタルチア湾 

「ナポリを見て死ね!」と言われた、海と火山の美しいスポット。古くから景勝地として愛され、古代ローマ時代には数多くの著名人が休暇地として利用してきました。紺碧の海を隔てた向こう側にはヴェスヴィオ火山やカプリ島が見え、記念写真をとるのに絶好のロケーションでもあります。

また、海にぽっかり浮かぶ卵城に登ったり、ふもとのバールで心地よい潮風を感じながら冷たいエスプレッソなんていかがでしょうか?南国の雰囲気と古代から変わらない自然の風景を見ていると哲学者の気分になれそうです。

青の洞窟

薄暗い洞窟の中にゴンドラに揺られて入っていきます。洞窟内は蛍光塗料を流したかのような、海が青く光って見える幻想的な現象が起こります。

光の屈折により見られる現象なので、気象条件がそろっていないと見ることができないので、晴れの日が続き乾燥している夏(5月~8月)がねらい目です。一生に一度は是非、体験してもらいたい自然のアトラクション。

grotta-azzura

ポンペイ

 
ヴェスヴィオ火山の噴火で灰に埋まってしまった街。住宅や商店だけでなく、娯楽場として劇場や闘技場なども残っています。遺跡の一角には成人の通過儀式を行ったとされる秘儀荘があり、こちらの室内には鮮やかな赤い顔料を用いた壁画が残り、古代ローマ美術のポンペイ様式としてとても重要な位置を占める作品となっています。

アルベロベッロのトゥルッリ

とにかく目に訴えかける不思議な三角屋根の街。プーリア州で見られる伝統住宅ですが、より集合的に見ることができるアルベルベッロがおススメです。イタリアの豪華絢爛な美術を見た後では、素朴でシンプルな生活を送る人々に本当の意味での豊かさを感じることができると思います。

100_0013

あなたのスタイルに合わせて

歴史、芸術、自然、すべてにおいて、多種多様な顔を持ち、どこから見ていこうか迷いますよね。

行きたいところをチェックし、パッケージツアーを上手に利用するのもおススメです。今回紹介したスポットはイタリアを知るための最初にステップとして参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

コロッセオの壮大な歴史と基本情報、観光スポットとしての魅力

コロッセオはその大きさや剣闘士 …