Home / イギリス / イギリスは時間との関係が深い!イギリスと「時間」の関係と時差

イギリスは時間との関係が深い!イギリスと「時間」の関係と時差

イギリスではグリニッジ天文台やサマータイムなど、イギリスならではの時間に関する特徴があります。本記事では時間と関係の深いイギリス人ならではの時間に対する考え方や、日本や他国とのイギリスの時差についてもご紹介していきます。

イギリス旅行に行く前にイギリスと時間の面白い関係について勉強し、よりイギリス旅行を満喫できるようにしていってください。

スポンサードリンク

1.イギリスの時間に関する基本情報

1.日本からイギリスへのフライト時間

uni124151146_tp_v

日本からイギリスへは、JAL・ANA・British Airwaysの航空会社から直行便が運航されています。直行便での飛行時間の目安は成田国際空港からロンドンのヒースロー空港までは12時間40分、東京国際空港(羽田)から同じくロンドンのヒースロー空港までは12時間30分程かかります。

イギリスから日本へは11時間40分~50分程かかります。イギリスから日本への運航時間がわずかに短かくなります。ただし、このフライト時間はあくまでも目安となります。飛行機情報や天候などにより、変わってきます。参考程度にしてください。

2.時差ボケについて

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

時差ボケが起こるのは、体内時計と実際の時刻に大きなズレが生じて起きる障害のことです。時差ボケの症状には、不眠・眠気・頭痛・めまい・目の疲れ・食欲不振・疲労感といった軽いものから、重いものになると消化器や心身の不調が起こります。

そこで、重要なのが現地時間に合わせて体内時計をコントロールすることです。そのためには、飛行機に乗ったら、すぐに時計を現地時間に合わせたり、機内食はきちんと食べることも大事です。

現地に夜に到着する場合には、機内での睡眠を早めに就寝して、後半は起きているなどの睡眠調整を行うことも有効です。

3.イギリスと時間の関係

n695_biggubenn-thumb-autox1600-14213

イギリスで、実施されているのはグリニッジ平均時(GMT)です。日本ではグリニッジ標準時と訳されています。これは概念を修正した協定世界時(UTC)に一致しています。それと共に英国夏時間が用いられています。

これらの時間帯はポルトガルやカナリア諸島などで、用いられている西ヨーロッパ時間帯と西ヨーロッパ夏時間と同じ時間帯ですが、伝統を重んじるイギリスだけあって、現在も伝統的な名称を使用しています。

英国夏時間は、グリニッジ平均時3月の最終日曜日の1時になった瞬間に英国夏時間が始まり、同じ日の2時となります。同じように英国夏時間の10月の最終日曜日の2時にグリニッジ平均時の1時になります。つまり、夏時間の開始日は1日23時間となり、終了日は1日が25時間となるのです。

4.イギリス標準時

12716969_171010569942943_1855418780_n

イギリス標準時はグリニッジ平均時と呼ばれ、グリニッジ天文台・グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時のことです。以前はグリニッジ平均時が国際的な基準時刻だったのですが、今では概念を修正した協定世界時が、国際的な基準時刻となっています。

ですが、これらの事情からグリニッジ平均時と世界協定時が同一視されることもあるようです。

5.0度の線上で記念撮影

12627912_974909412600063_1492475216_n

グリニッジ天文台旧本館やグリニッジ天文台の中庭には、グリニッジ子午線(経度0度)を示すステンレスの帯が地面に埋め込まれています。また、夜になると緑色のレーザー光線をロンドンに向けて照射し、グリニッジ子午線を示しています。

この0度の線上で記念撮影する人が多く訪れ賑わっています。ぜひイギリスを訪れた際には、思い出の一枚を取ってほしいと思います。

6.サマータイムについて

ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v

サマータイム(Summer time)は和製英語で、欧米ではdaylight saiving timeといいます。夏の一定期間、国や地域単位で日中時間をより有効に使うために標準時間より1時間進めた時刻を使用することです。

そうすることによって明るい時間を有効活用することによって省エネルギーや余暇時間の有効活用によって経済効果があるとされています。1916年4月第1次大戦中のドイツが節電の必要に迫られ、導入したのが始まりです。

その後多くの国が採用し、現在では約70か国がサマータイムを実施しています。

7.イギリス人の時間に対する考え方

14717504_1755735354749280_5470805483377917952_n

日本では幼い頃から、5分前行動が教え込まれ、集合時間の5分~10分前に集合するのが当然とされています。公共交通機関などの発着時間の正確さは、世界でも群を抜いています。イギリス人の時間に対する考え方は、日本人の考えとは、大きく異なります。

公共交通機関は遅れるのが当たり前、イベントは遅れて始まり、予定通りのプログラムをきっちりこなすので、当然終了時間も遅くなります。ですから、観光される方は時間に余裕をもってプランを立てないとイライラすることになりかねません。

ところが、ビジネスになると一変します。イギリス人は時間通りに訪問するのが良いとされ、待ち合わせ場所や会社訪問の時のドアノックは時間きっかりとなるから面白いですね。

2.イギリスの都市と時差

84c1e16c11c4903c7863cbe0d963c459_s

イギリスは総面積が343,610㎢もあります。その広さは世界第78位で、ヨーロッパでは第11位となっています。イギリスが有する都市は200弱もあります。日本からの時差は、ちょうど9時間です。日本のほうが9時間進んでいます。

日本が夕方の5時だとするとロンドンは同じ日の朝8時になります。サーマータイムでは、日本が夕方の5時だと、イギリスは同じ日の朝9時ということになります。ちなみにイギリス国内での時差はありません。ここで、いくつかの主要都市をご紹介したいと思います。

1.ロンドン

0d0f3b3238f60553f389dc9528eedd45_s

イギリス最大の都市でもあります。雨や濃霧の都というイメージがあります。実際は、ロンドンは屈指の世界都市として、様々な分野において強い影響力を持っています。また、ニューヨークと並んで世界をリードする金融センターでもあります。

さらに世界で最も外国人旅行者が訪れる都市でもあります。ロンドン塔、タワーブリッジ、セント・ポール大聖堂、ウェストミンスター宮殿にビッグベン、さらには大英博物館など挙げればきりが無いほど観光スポットをあげることができます。

ロンドン市内は交通の便が良く、比較的狭いため、効率よく観光スポットを回ることができれば、3日ほどで回ることができそうです。

2.グラスゴー

14607186_194427414342748_651475779216998400_n

イギリス第4位(2013年)の人口を有するグラスゴーは、スコットランド南西部にあり、スコットランドでは最大の都市となっています。イギリス国内では3番目に観光客が多く年間300万人もの地を訪れているといわれています。

15世紀の創設された名門グラスゴー大学があり、産業都市でもあります。文化や芸術、若者の街としても有名です。また近では、朝の連続テレビでウィスキーの印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

さらに歴史ある美しい建造物や博物館などがたくさんあります。嬉しいことに観光スポットが集中しているため、1日あれば観光スポットを網羅出来るのも魅力の一つです。

3.エディンバラ

14295488_1232534190103721_1058525758_n

イギリス第7位の人口を有するエディンバラは、スコットランドの東岸フォース湾に面したスコットランドではグラスゴーに次ぐ第2の都市で、世界都市でもあります。ロンドン・ヒースロー空港から1時間というアクセスの良さがおすすめです。

エディンバラの美しい新旧市街の街並みはユネスコの世界遺産に登録されるほどです。街の中心にある小高い丘では、毎年8月にエディンバラ・フェスティバルという芸術の祭典が行われ、たくさんの観光客でにぎわいます。

また、カールトン・ヒルからの眺めは絵画や絵葉書などに描かれるほど美しくエディンバラの代名詞となっています。旧跡なども豊富なことからイギリス国内ではロンドンに次いで、観光客が多い街となっています。

4.リバプール

14553207_1212240048834944_2954247040705495040_n

イギリス第8位(2013年)の人口を有するリバプールは、イングランド北西部マージーサイド州の中心都市で、かつてはイギリスの主要な港湾都市でもありました。その名残としてかつては貨物船からの荷卸しをしていたアルバートドックが美しい赤れんが倉庫が並んでいます。

今では美術館やホテル、レストランなどがあり、人気スポットとして賑わっています。そして、忘れてはならないのが世界的ロックスター「ザ・ビートルズ」の出身地だということです。

彼らが育った家や出演したライブハウス、行きつけのパブやストリートからショップまで、そこかしこに彼らの息遣いが感じられる数々の場所は、ファンでなくても押さえておきたい観光スポットがたくさんあります。

5.オックスフォード

783b97d745f72fcf46f21a21c38b7c49_s

イギリス第35,位の人口を有するオックスフォードは、イングランド東部にあるオックスフォードシャーの州都です。また、英語圏で最古の大学であるオックスフォード大学の拠点であることから、学園都市としても有名です。

オックスフォード大学の拠点と記しましたが、実は「オックスフォード大学」という名称の大学は存在しません。それぞれに自治権を持つ44のカレッジがオックスフォード内にキャンパスを持っているためそれらすべてをまとめた呼称が「オックスフォード大学」と呼びます。

また、「不思議の国のアリス」の著者ルイス・キャロル縁の街でもあります。さらに、最近では「ハリー・ポッター」の撮影地として注目されています。町全体が石造りのとなっており、中世イングランドの雰囲気を醸し出しています。

6.タイムゾーン

6460431-world-map-with-time-zones-stock-photo

タイムゾーンとは、同じ標準時を利用する地域や区分のことを言います。インターネット上のコンピューターは世界中にあることから、各々がその地域の時刻を使うと通信に混乱が生じてしまします。それを防ぐためにプログラムの時計をタイムゾーンの標準時に合わせます。

標準時はイギリスのグリニッジ天文台の基準時刻との差で表します。日本では韓国やインドネシア東部と同じタイムゾーンあり、+9時間(9時間進んでいる)ということになります。グリニッジ天文台を機銃として地球を盾に区切った時間の線(日付変更線)があります。

東南アジアのタイムゾーンと日本のタイムゾーンでは2時間の差があります。アメリカは広大な国土を有しているため、1つの国で、4つのタイムゾーンがあるのです。

7.年越しと新年の時間

14676804_1748135405509549_8959551725077790720_n

イギリスの年越しといえば、テムズ川でのカウントダウン花火(London New Year’s Eve Fireworks)やパブやナイトクラブで踊りながら年越しをする(New Year’s Party)のがメジャーです。

イギリスの年越しと新年の時間は、日本で1月1日9時になった時ですから、お祝いのメッセージを送るなら、この時間に送ってみてくださいね。

3.イギリスと他国との時差

0579b948-5860-4b72-ae19-ded79e930e89

イギリスにグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)GMTがあることから、他の国との時差を考えるときにイギリスを中心に考えると時差を算出しやすいという利点があります。現在では協定世界時(coodinated Universal Time)となっています。

グリニッジ子午線(経度0)より東に102,5メートルの所に本初子午線が正式です。しかし、この二つの子午線がきわめて近くにあることから、現在でも通俗的にグリニッジ子午線を本初子午線の意味でつかわれています。ここを基準に世界の時差が決められていくのです。

1.ヨーロッパとイギリスの時差

areamap-europe

ヨーロッパのタイムゾーンは協定世界時Coordinated Universal Time(UTC)+0~+4となっています。多くの国が中央ヨーロッパ時間Central European Time(CET)は協定世界時(UTC)を1時間進ませた標準時(UTC+1)を採用しています。

ですから1時間進んでいるので、1時間の時差があるということになります。西ヨーロッパ時間Westerm European Time(UTC+0)採用しているのは、イギリス、アイルランド、ポルトガル、アイスランドになります。

ですからこれらの国はイギリスとの時差はありません。また、フィンランド、ギリシャ、トルコ、ウクライナなどの東ヨーロッパ諸国は、東ヨーロッパ時間East European Time(UTC+2)を採用してる国は、イギリスより2時間進んでいるので、2時間の時差があります。

2.アジアとイギリスの時差

areamap-asia

東アジア各国の中でも日本は最も東に位置しています。そのため日本よりも時間が進んだ国はありません。日本と同じUTC+9を標準時として採用している国に韓国や東ティモール、インドネシアの一部があります。

つまり、イギリスとの時差は日本韓国共に9時間ということになります。また東西に広大な土地を有する中国は国内に時差を設けておらず、中国国内すべて同じ時間になっています。中国と同じUTC+8の国にはシンガポール、香港、マカオ、台湾、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、インドネシア一部モンゴルノ一部などはイギリスとの時差は8時間となります。

3.時差の計算方法

pak85_pentonote20140313000808_tp_v

中学で日付変更線を基本とした「時差の計算」を学ぶのですが、覚えておられる方はいらっしゃるでしょうか?これが2つの公式で、簡単に時差を求めることができるのです。公式1は時差を求める2つの地点両方の経度が同じ(東経・西経)場合の式です。

時差=大きい値の経度ー小さい値の経度÷15です。公式2は時差を求める2つの地点のい報が東経、もう一方が西経の場合の式です。時差=大きい値の経度+小さい値の経度÷15です。時差を求める地点が「東経・西経どうし」と「東経・西経の別点」かで、引くか足して15で割るだけ!と覚えると簡単に算出することができます。

まとめ

10914111_1543141695942293_1068589775_n

このように時差を語るうえで、イギリスは絶対に外せない重要なキープレイスとなっています。そんな豆知識を携えて、イギリスを訪れてみるとまた違った一面を垣間見ることができると思います。


スポンサーリンク

Check Also

イギリスの季節ごとの天気、気候の特徴と観光の見どころ

イギリスの四季や天候は、日本と …