Home / 国内旅行 / 京都 / 建仁寺の寺宝「風神雷神図屏風」の歴史と魅力

建仁寺の寺宝「風神雷神図屏風」の歴史と魅力

b77539ade4559b88712629ef68ee1f2e_s

京都東山方面には京都五山の上に列せられている南禅寺があり、その中門をくぐると三門が見えてきます。その奥には法堂(はっとう)があり、さらに進むと方丈に出ます。その途中に水路閣があり人気の散策路になっています。この水路閣は遠く琵琶湖から京都まで水を運ぶ水道橋であり、レンガ造りの水路閣は南禅寺の境内を横切っています。

スポンサードリンク

建仁寺が建築された背景

1885年(明治18年)に起工され1890年(明治23年)に竣工されました。当時は日本人だけの手で設計・施行されたことから、土木技術史上非常に貴重なものでした。滋賀県大津市で取水されたものが、南禅寺の境内を通り京都市東山区蹴上までの区間になっています。この疎水工事の目的は、大阪湾と琵琶湖の通船と水車動力による紡績業・灌漑用水・防水用水などにありました。京都の川は南に向かって流れているのですが、この疎水だけは北に向かって毎秒2トンの水が流れています。

近くの水路閣もおすすめ

aeefeb4cfd5f0e56bef7a5ef489266dd_s

同時期建設されたのが日本で初めての水力発電所です。京都の産業発展のために大きな役割を果たし、近代産業革命を代表する遺構でもあります。参考にされたのが古代ローマの水道橋で、美しいアーチとレンガのおりなすそのハーモニーが自然によく溶け込んでいます。

水路閣を散策したら八坂神社の方へ足を向けると建仁寺があります。建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山で、祇園花見小路の突き当りにある名刹です。京都五山(格式高い5つの寺である「京都五山」の第三位として幕府から厚い保護を受けていた)の禅宗の寺で、開山したのが栄西です。日本に茶道を伝えた一人ともいわれています。そして、建仁寺の周りには14の塔頭が立ち並んでいます。

圧巻の「風神 雷神図」

590f7e4661ea8f52041a93d9953372bc_s

何と言ってもこの建仁寺は、寺宝である俵谷宗達によって制作された「風神 雷神図」二曲屏風で広く知られています。風神は風袋から風を吹き出し下界に風雨をもたらす神とされ、一方の雷神は太鼓をたたいて雷鳴と稲妻を起こす神とされています。この2神の活動の姿を描写した絵画が「風神 雷神図」です。中でも俵谷宗達筆の屏風画が有名で、尾形光琳や酒井抱一もこれを模倣した作品を制作しています。

俵谷宗達の屏風には金箔がふんだんに貼られており、この金箔は風神 雷神の形を際立たせるためにありまた、金そのものが装飾効果としての役割をしています。そして2曲1双で紙本金地着色でありながら、左右に風神と雷神を置くことで中央部分が金だけの空間が生まれます。この金の空間こそが無限を表していて奥行きのある濃密な存在となります。そうした意味で、風神 雷神の存在理由を明確にした描写として傑作と呼ばれているのです。

国宝「風神 雷神図」が生まれた背景

国宝に指定されているこの屏風は、17世紀初頭京の豪商である「ウツダ キンノリ」の依頼で制作されたといわれています。俵谷宗達の構想が今日の風神 雷神のイメージを決定付けた作品でもあるとされています。独創的なのは対をなして神の存在を描写しているところです。調和と均整を感じさせるだけでなく、風神は緑地にそして雷神は白色といった色彩感覚の素晴らしさからみても、画家として類まれな才能をうかがえます。観る者に強烈な印象を与え後世に残した影響は計り知れないものがあります。この作品の保存状態や保護設備を考えて、現在は京都国立博物館に収蔵されています。そのため建仁寺には、精密なレプリカが展示されているのです。

平面でありながら宇宙的な立体感を感じさせるこの屏風ですが、「たらしこみ技法」を思う存分用いています。黒雲を表現するにあたり、銀泥と墨を使うことで風神と雷神乗る黒雲は質量感があります。風神は黒雲に乗り風を操りながら舞い降りてきます。そして雷神は力強い雷太鼓を打ち鳴らしています。

「風神 雷神図」と神々

俵谷宗達は弘案本系「北野天神縁起絵巻」の清涼殿落雷の場面を参考に神々の姿を生み出しました。この風神と雷神は元来千手観音の眷属(けんぞく)として二十八部衆とともに尊崇されていました。この神々は古代インドに起源を持つ神々とされ、千手観音に従い仏教とそれを信仰する者を守るとされています。三十三間堂には風神と雷神がこの二十八部衆に加え30体の尊像として安置されています。

そうしたことから鎌倉時代に建立された三十三間堂に祀られていた風神と雷神の彫刻が、着想になったと伝えられています。躍動感ある大胆な構図は自然を敬い恐れることから始まり、風神と雷神は自然を神格化した原始的な神々といえます。仏教では仏法を守る役目があり、悪を懲らしめる善を勧めて風雨を調える神と信じられています。

まとめ

南禅寺も建仁寺も同じ禅寺ですが、建仁寺の御朱印張には風神 と雷神が表紙になっているものと相龍図のものがあります。うれしいことに建仁寺は写真撮影が全て許可されていますから、好きなだけカメラのシャッターを切ることができます。受付で拝観料を払うとすぐの部屋に「風神 雷神図屏風」があり度肝を抜かれる人もいるでしょう。レプリカとはいえ本物と見分けがつかないくらい立派な屏風が出迎えてくれます。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …