Home / 国内旅行 / 北海道 / 北海道の壮大自然を満喫できる湖5選

北海道の壮大自然を満喫できる湖5選

北海道には世界的に有名な湖がたくさん存在しています。本記事では絶対に訪れたい壮大な自然を満喫できる湖をご紹介していきます。

北海道の湖巡りをして、北海道の大自然に触れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

摩周湖

絶対に外せないのは、やはり道東の摩周湖でしょう。かつては世界一の透明度を誇ったこともあるたいへん清らかで美しい場所です。なぜそこまで透明度が高いのかというと、周辺からの流入河川がないために濁りにくいという特性があるためです。

主な水源は水面下からの湧き水で、一年中安定した水量を保っています。魚の放流や周辺の観光地化に伴って透明度は低下しているものの、それでも世界屈指であることに変わりはありません。

とても霧が発生しやすい気候である関係上、展望台から全貌を見られることが稀であり、それがさらにロマンチックに感じられている場所でもあります。

また、表の展望台の他にも「裏摩周展望台」という対岸側の比較的静かな場所もあり、隠れた人気スポットとなっています。壮大な自然を感じられるのは裏摩周展望台の方であるという評判も聞かれます。

洞爺湖

観光地として大いに賑わいを見せているのは胆振地方の洞爺湖です。かつては先進国首脳会議の会場ともなったことで大きく知名度を上げましたが、北海道内では以前からメジャーな観光地として人気がある場所です。

旧虻田町を中心として巨大な観光ホテルがいくつも並び、質の良い温泉とカルデラの独特の風景が楽しめる場所です。温泉ホテルの多くは中心の中島を望めるようになっており、美しい水面に浮かぶ小島はまるで一枚の風景画のように見えます。

中島には観光船で上陸することができ、野生化した鹿と触れ合うこともできます。また有珠山や昭和新山などの活火山や、留寿都村のリゾート施設、登別温泉などの観光地も近接していますので、観光の拠点として滞在することもおすすめです。

阿寒湖

同じように観光地化され、風景の良さと温泉で人気なのが釧路市阿寒町にある阿寒湖です。何といっても特別天然記念物の「まりも」が有名で、その存在は世界的にも有名です。

生息している小さな藻が少しずつ水の動きに合わせて転がりながら成長していく過程を辿り丸い形となるもので、日本ではここだけでしか見られないとても珍しく貴重な水草です。

特別天然記念物ですので採取することはできませんが、お土産用として人工的に作られたものが販売されており、観光客から人気を集めています。

また周辺には観光ホテルが多く、近年は高級感を売りにしたホテルも立地しており、海外の富裕層からの人気も高い場所の一つとなっています。

ラムサール条約で保護の対象とされた釧路湿原の観光など、道東周遊の拠点としての利便性も高く、道東らしい自然を満喫できるスポットとしておさえておきたいところです。

然別湖

あまり知られていないものの、おすすめな場所は然別湖です。

「しかりべつ」と読む難読地名で、北海道外の観光客からの知名度はあまり高くはありません。そのために温泉街はとても静かな雰囲気で、秘境感を味わうことができます。

秋にかけての紅葉のシーズンは北海道内屈指の美しさを誇り、鏡のような水面と色鮮やかに彩られた山のコントラストは、写真撮影の絶好のスポットとなります。

またオショロコマという魚が名物であり、周辺のホテルでは料理として提供されます。クセがなく味の良い魚で、北海道内でもここでしか食べることができない幻の魚として知られています。

冬期間は氷点下20℃をも下回るほどの厳しい寒さとなりますので、それを逆手に取った寒さ体験イベントも開催されています。氷で作ったかまくらの中でバーベキューを楽しんだり凍った水面の上を歩いたりといった寒冷地ならではの体験が可能です。

青い池

そして、なによりも外すことができないのは旭川市のやや南の美瑛町にある「青い池」でしょう。ここは湖といえるほどの大きさではありませんが、その水の色はまさに神秘的なブルーであまりにも美しい風景として知られています。

この青い池は有名なパソコン基本ソフトに最初から納められている「壁紙」画像の一つにも採用されており、世界中の人々のあこがれの場所ともなっています。

青い池の近くまでは公共交通機関がありませんので、自家用車かレンタカーで向かう必要がありますが、苦労して到達した分、その風景に圧倒されることは間違いないでしょう。

2016年の台風による洪水で一時的に水の色が濁るという現象が発生しましたが、その後は元の青さを取り戻しており再び観光客が集まって賑わいを見せています。

まとめ

北海道内にはこれらのようにたいへん魅力的なスポットが数多くあります。全ての場所を1回の旅行でめぐることは距離の関係で難しいため、道東や道央などのスポットをしぼって何回も訪れるという観光客の方も多く見られます。

また、それぞれの場所には季節に応じた表情もありますので、何度も時期を変えて訪れるというのも良いでしょう。魅力あるスポットを訪れ、ぜひ壮大な自然を満喫してください。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …