Home / 国内旅行 / 北海道 / 北海道ならではの絶品チョコレート7選

北海道ならではの絶品チョコレート7選

北海道は様々なスイーツがありますが、今回はその中でもそこでしか味わえない美味しいチョコレートを紹介します。

スポンサードリンク

ROYCE’

まずは定番「ROYCE’」です。北海道の生クリームとたっぷりと使い、こだわりの素材を使った生チョコは舌触りもとても滑らかでシルクのようです。

種類も豊富で定番の「ビター」「マイルドミルク」から洋酒が効いた大人の味わいの「オーレ」も人気です。「シャンパン(ピエール・ミニョン)」は個性的な味わいです。

他にも季節限定の生チョコも販売されるので、一年通していろんな味が楽しめます。どの生チョコも後味がすっきりしていて、大人からも子供からも好かれています。お求め安い値段でお土産にもとても喜ばれます。

ポテトチップチョコレート

そして「ROYCE’」でもうひとつ有名なものが「ポテトチップチョコレート」です。

最初に見たときは衝撃を受けた人も多いと思いますが、今では広く知られた甘塩っぱいお菓子です。厚切りポテトチップの片面に、チョコがコーティングされおり、ポテトチップの塩気とチョコの甘みが意外と合います。

他にはない味わいで食べ始めるとハマってしまう人が多く、ついつい食べ過ぎてしまうようです。

味のバリエーションも豊富で、定番の「オリジナル」以外にも、チーズの風味のホワイトチョコを使った「フロマージュブラン」、キャラメル風味のホワイトチョコを使用した「キャラメル」、ビターチョコを使った「マイルドビター」などがあります。

定番を食べて気に入ったら他の味に挑戦してみても良いでしょう。色々な味を楽しみたいという人向けに人気の「オリジナル」「フロマージュブラン」「マイルドビター」が入った「3種詰め合わせ」もあります。

LeTAO

次はチーズケーキが有名な「LeTAO」です。「LeTAO」で一番人気のチョコレートは「ロイヤルモンターニュ」です。ピラミットのような形で口に入れるとゆっくりとなめらかに溶け始め、最後にはダージリンティーの香りがする気品高いチョコレートです。

シンプルな味でファンも多い商品です。値段は9個で600円(税別)と少し高めなので自分へのご褒美や、大切な人への贈り物としておすすめです。

ナイアガラ ショコラブラン フレ

少し変わったチョコを買いたいという人には「ナイアガラ ショコラブラン フレ」はどうでしょうか。見た目はマスカットのような可愛らしい薄い黄緑色で丸っこい形です。

ナイアガラワインとミルクを使ったチョコで、もぎたての葡萄をそのまま食べたかのような爽やかな味わいが口いっぱいに広がります。チョコとは思えない爽やかさにリピーターも多い商品です。

六花亭

北海道と言ったら有名なお菓子専門店の「六花亭」も種類豊富なチョコレート菓子を販売しております。

まずは、シンプルな「チョコレート」ですが、種類が「ホワイト」「抹茶」「モカホワイト」「ミルク」「ビタスイート」と5種類あり、どれも濃厚なチョコの味が特徴です。飽きの来ない味で長く親しまれてきた味です。王道のお土産に最適な商品です。

「六花亭」でチョコといえばフリーズドライしたイチゴをホワイトチョコでコーティングした「ストロベリーチョコホワイト」を思い浮かべる人も多いでしょう。これも非常に人気の商品です。

イチゴの爽やかな酸味とチョコの豊かな甘みが合わさって絶妙な味わいです。噛んだときにフリーズドライのイチゴの軽やかな食感もまた食べたくなってしまう理由のひとつかもしれません。

とうきびチョコ

北海道ならではの「とうきび」とチョコが組み合わさったHORIの「とうきびチョコ」も人気です。モンド・セレクション「最高金賞」受賞したことがある御墨付きのチョコです。

地元で育った甘いとうきびにホワイトチョコがコーディングされており、サクサクとした食感とチョコの優しい甘さが広がります。

原材料とその素材本来の美味しさ感じられる北海道の良さが詰まった一品です。ホワイトチョコ以外にも「いちご」や「夕張メロン」といった味もあり、どんな味なのか試してみたくなります。
特におすすめなのが「とうきびチョコ プレミアム」 です。どこがプレミアムかと言うと、ホワイトチョコの甘さを控え、さらにローストしたヘーゼルナッツをプラスしてより香ばしくなりました。とうきびの風味、香ばしさが格段にアップしてより美味しく大人向けになりました。

違いが分かる大人が楽しめる商品です。

ユキピリ花

会社や学校など多くの人にお土産を配りたいときにおすすめなのが、柳月の「ユキピリ花」です。六角形の生地に北海道の雪をイメージした雪の結晶のイラストが目を引きます。

口に入れると、ほろりと砕け、舌の上でなめらかに溶けます。まるで粉雪のような口どけで、他にはあまりない食感です。このホロホロした食感が気に入ってまた食べたくなる人も多く、お土産にも喜ばれます雪の結晶をモチーフにした可愛らしいデザインの個別包装になっているので手配り用に最適です。

個性豊かな商品が多いので、どれをお土産にどれを買うか迷ってしまう方も多いと思います。お気に入りが見つかるといいですね。


スポンサーリンク

Check Also

札幌羊ヶ丘展望台に行きたくなる理由と観光の見どころ

「札幌羊ヶ丘展望台」とは、札幌 …