Home / 国内旅行 / 北海道 / 札幌羊ヶ丘展望台に行きたくなる理由と観光の見どころ

札幌羊ヶ丘展望台に行きたくなる理由と観光の見どころ

「札幌羊ヶ丘展望台」とは、札幌市の南東部に位置する道札幌市豊平区羊ケ丘にあり、緩やかな丘の上からは札幌市街地や石狩平野を見渡すことができる道内でも屈指の観光名所です。

スポンサードリンク

羊ヶ丘展望台のクラーク像

市街地の景色を背景に丘の上で、羊が牧草を食む風景は、どこか懐かしさを感じるような牧歌的な風景を楽しむことができ、「Boys, be ambitious (少年よ大志を抱け)」の名言で有名なウィリアム・スミス・クラーク博士の全身像が、展望台内に置かれている風景はあまりにも有名です。

クラーク博士のの来道100年、アメリカ合衆国建国200年に合わせて建立された展望台ですので、札幌に行くのであれば、ぜひ訪れておきたい名所のひとつです。

丘の上の夢

ほかにも、北海道日本ハムファイターズとして、初めての開幕戦である2004年4月2日にベンチ入りした選手や監督、コーチなどの手形やサインが入った記念レリーフ「丘の上の夢」は、野球が大好きな道内の子供たちはもとより、多くの野球ファンから親しまれている記念碑となっています。

また、そのすぐそばには、札幌を愛した作曲家である故浜口庫之助氏と、昭和を代表するスーパースターである故石原裕次郎氏の大ヒット曲「恋の町札幌」を記念して、平成3年6月6日に造られた歌謡碑もありますので、連日多くの裕次郎ファンが訪れる展望台でもあります。

羊ヶ丘ほっと足湯

また、クラーク像横の林間スペースには、2007年6月1日にリニューアルされた「羊ヶ丘ほっと足湯」があり、道内各地の温泉水を使用した足湯を無料で楽しむことができますので、旅の疲れをゆっくり癒すことができます。

これまでに足湯に使用された温泉水は、神経痛やリューマチ、胃腸病、婦人病などに効果がある塩化物泉 の「定山渓温泉」、ツルツルとした重曹泉でお肌に優しい「岩見沢 毛陽温泉」、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉で北海道遺産にも選定されている「音更町 十勝川温泉」、さまざまな泉質を楽しむことができる「ニセコの湯」、保湿保温効果が高く美肌の湯としても知られる「豊富温泉」など、温泉好きにはたまらない、かなり贅沢な足湯を体験することができるのも魅力のひとつです。

これからも、どんな温泉が取り入れられるか楽しみですね。

足湯の利用期間は、冬期間【10月〜4月】10:00〜16:00(午前10時〜午後4時)まで、夏期間【5月〜6月】9:00〜17:30(午前9時〜午後5時30分)まで、【7月〜9月】9:00〜18:30(午前9時〜午後6時30分)までとなっていますので、ぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか。

さっぽろ雪まつり資料館

足湯から少し足をのばせば、1950年に、雪捨て場だった大通り7丁目広場でわずか6基の雪像からスタートした「さっぽろ雪まつり」の資料館を見ることができます。

資料館には、今では国内でも有数のお祭りとなった「さっぽろ雪まつり」の半世紀の歴史を、パネルや写真、雪像模型などで見学することができるようになっています。「雪まつり」を実際に見学する前や見学後に訪れるという方も多く、季節を問わず人気の観光スポットとなっています。

羊ヶ丘レストハウス

雪まつり資料館を見て回ったあとには、少し先にある「羊ヶ丘レストハウス」で、北海道名物のジンギスカンの食べ放題を楽しむことができます。

特選ラムやラムロール、特上ラムロースジンギスカン、えぞ鹿ジンギスカンのほか、みそラーメン、道産子カレー、知床鶏、ラム丼、えぞ鹿丼など、ここでしか味わうことができないグルメがたくさんあります。

デザートには、北海道の生乳でつくった濃厚ソフトクリームを食べて、北海道を味わうことができます。

「羊ヶ丘レストハウス」の営業時間は、【5・6月】午前10時30分〜午後5時まで、【7〜9月】午前10時30分〜午後7時まで、【10月〜4月】午前10時30分〜午後3時までとなっています。「羊ヶ丘レストハウス」でおなかを満たした後は、お隣にある北海道の名産品やおみやげなどが販売されている「オーストリア館」を覗いてみましょう。

1階には、札幌の珈琲店の老舗がカフェをオープンしていますので、雄大な景色を眺めながらの本格ドリップを堪能することができますし、北海道の牛乳で作られたオリジナルのソフトクリームを、夕張メロンやハスカップ、牛乳の3種類で楽しむことができます。

ミニ写真館

ほかにも、ミニ写真館では、顔写真から切手「そのまんま切手」など、さまざまなグッズを作ってもらうことができます。また、2階のお土産売り場では、大人気の限定商品のクッキーをはじめ、クラーク博士のお土産品など、多数のお土産が販売されています。

羊ヶ丘展望台へのアクセス

「札幌羊ヶ丘展望台」へのアクセスは、飛行機の場合は、新千歳空港から「JR札幌駅」へ、「JR札幌駅」から車で約1時間ほど、電車の場合には約30分ほどで到着します。

新千歳空港からの場合には、車で約1時間ほどとなっています。地下鉄東豊線「福住駅」からの場合には、バスで約10分で到着します。1日存分に楽しむことができますし、飛行機を利用すれば、遠方からでも簡単に観光の訪れることができます。ぜひ、次の休日には、北海道の大自然を堪能しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …