Home / 国内旅行 / 箱根 / 箱根は何県?神奈川県と静岡県と箱根

箱根は何県?神奈川県と静岡県と箱根

190cc7889891d2eaad3e9e3494775052_s

箱根は山間部を含む山地一帯のエリアを指す名前で、活火山として260万年前の火山活動で出来た凹型の火口であるカルデラ地帯を中心として形成される、静岡県と神奈川県にまたがる山間部の火山体です。現在の箱根は温泉や国定公園、宿泊観光地として栄え、国内外から年間を通して多くの観光客を集めています。

箱根の山地一帯は静岡県・神奈川県との両方にまたがり、ほぼ全域が観光地と考えられます。夏休みやゴールデンウィークなどの休日には多くの観光客が訪れ、国定公園をはじめとして史跡、寺社仏閣、宿泊施設、温泉、美術館、ミュージアム、その他自然に触れることや景観を楽しむスポットが多いです。

箱根が何県か迷われる方も多いですが、ほとんどの箱根のエリアは神奈川県に属しています。箱根のいずれのエリアがどの県に属しているのか、本記事と一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

神奈川県側に位置する箱根の名所「彫刻の森美術館」

d1791ba0e8f67f16afd8921eb7992ad5_s

彫刻の森美術館は神奈川県に位置している箱根の観光名所です。仁ノ平という場所で神奈川県側に位置する野外に設けられています。海外の有名芸術家のオブジェや彫刻が120点ほど展示してあり、敷地全体が彫刻の森として美術館となっています。

ここでは広い敷地内に様々な作品が点在しており、のんびりと作品を見ながら館内の散策が楽しむことができます。館内には美術館のみならず、足湯や飲食ブースもあり家族連れやカップルでも楽しむことができる観光スポットです。

神奈川県の山脈移動に便利なロープウェイ

箱根登山ロープウェイは、神奈川県の中、箱根登山の交通手段として利用されているロープウェイです。ケーブルカーやロープウエイがあり、早雲山駅と桃源台駅を結ぶ全長約4kmに張られたロープウェイや駒ヶ岳を登る索道であるロープウェイがあり、芦ノ湖や富士山などを見渡せる絶景のスポットとして知られています。

ケーブルカーは強羅駅と早雲山駅を結んでおり、元々旅館等の宿泊地として栄え、都市部の富裕層が別荘を持ち夏場は避暑に訪れることが多かったのですが、この地域は傾斜地で、比較的勾配がきついため、便宜的に鋼索線が建設され地元民の足として利用されるようになり、この地が観光地として栄えると観光客の利用者も増え、とくに外国人観光客には珍しさから人気が高い乗り物として多く利用されています。

堰止湖である芦ノ湖は神奈川県にあるが、水利権は静岡県

芦ノ湖は地理的には神奈川県に位置していますが、水利権については静岡県が所持している状態となっています。

今から3000年ほど前に火山活動が活発となり大噴火を起こし、噴火にて流出した火砕流と水蒸気爆発の結果形成された堰止湖である芦ノ湖は、湖底からの湧水が水源として北部から流れる早川の水源になっています。景色がよく、天候次第で逆富士が水面に映り、観光客が遊覧船でクルージングを楽しむ姿を目にします。

神奈川県、静岡県、山梨県、東京都に大きくまたがる大規模な国立公園

80b9143fcf4fa14ff36aae64f5d13272_s

カルデラ内北部に16ヘクタールに及んで広がる草原地帯を仙石原といい、ここには富士箱根伊豆国立公園があり、神奈川、静岡、山梨、東京に大きくまたがる大規模な国立公園です。

富士山を中心として、周辺を取り囲む湖沼草湿原地帯の富士山地域、東海道宿場温泉地として有名な箱根地域、天城連山を含む伊豆半島地域、太平洋上に浮かぶ火山活動が活発な伊豆諸島地域の4地域に分類されます。

富士山地域では白糸の滝や溶岩トンネルなどの神秘スポット、箱根地域では仙石原のススキ草原や伊豆山稜線歩道など散策を楽しむことができ、伊豆半島地域では、大島の三原山火口を望み、伊豆諸島地域ではスキューバダイビングやイルカの生態を知り、ともに泳ぐドルフィンスイムなどのアクティビティを楽しむことができます。

神奈川県が誇る箱根の山麓に点在する温泉施設

9b5307aed0589e0bab3a1e006c42b52a_s

箱根の山麓に点在する温泉施設を形成する温泉街付近も国定公園内に指定されており、富士山お訪れた観光客の宿泊先として賑わいを見せます。中でも強羅温泉は四季を感じる5色の温泉で人気が高く、発祥は明治27年に噴火口である早雲地獄から湧き出る温泉の引き湯を用い、昭和24年に本格的な掘削作業が行われ、現在までに源泉数46か所の温泉が湧いています。

強羅温泉は・単純温泉・ナトリウム塩化物泉・ナトリウム硫酸塩泉・カルシウム硫酸塩泉・酸性硫酸塩泉の5泉があり、異なる特徴の泉質を堪能し、観光の疲れと汗を流すことができるでしょう。

単純温泉は無色透明で肌にやさしい性質で病後回復による静養および療養、外傷治癒効果が高く、ナトリウム塩化物泉は淡い黄色のお湯で肌をすべすべにし潤いを与えます。関節痛、打撲、冷え性、慢性婦人疾患、慢性消化器疾患に効果が高いと言われています。酸性硫酸塩泉は、白濁色のお湯で高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚疾患、慢性婦人疾患、慢性消化器疾患などの生活習慣病に効果が高いです。

カルシウム硫酸塩泉は茶褐色のお湯でで高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性皮膚疾患、打撲、関節痛などに効果があります。ナトリウム硫酸塩泉はうす緑色のお湯で主に高血圧症、動脈硬化症、糖尿病に効果が高いです。

強羅温泉は、旅の疲れを流す

強羅温泉は春になると新緑、秋の紅葉と四季折々の景観や5色の様々な効能を持つ泉質を楽しめ、旅の疲れを流しリフレッシュ効果が期待できます。

強羅駅周辺や宮城野早川沿いには桜並木が立ち並び、桜の花びらが一気に開花し、満開のソメイヨシノやシダレザクラのパステルピンクがきれいで、夜にはライトアップが早川に照らされて幻想的な桜を堪能できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように箱根は、山間部を含む山地一帯が観光地となるため、神奈川・静岡の両県にまたがり、様々な側面を持つ観光スポットが点在する日本屈指のカルデラ観光地として最高のエリアです。

地理的には箱根は神奈川県に位置しており、山梨県や静岡県と迷う時もあるかと思いますが、概ね神奈川県と覚えておけば良いでしょう?箱根は何県と聞かれた時に、概ね神奈川県だけど、芦ノ湖の水利権は静岡県だよ!と応えられるようになれば、あなたも立派な箱根マニアでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …