Home / 国内旅行 / 箱根 / 箱根観光にいくなら絶対外せないおすすめスポット5選

箱根観光にいくなら絶対外せないおすすめスポット5選

1afbe4a7f567466fe4a67fc7e252a21d_s

箱根には有名な観光名所が沢山あり、日帰りでも宿泊でも満足出来る旅が楽しめます。風光明媚な大自然の美しさは、ロープーウェーより全貌を眺められますし、旅の疲れを箱根温泉につかりながら、ほぐせます。

健康な体作りを意識して、観光名所を歩いて見て回るのもいいかもしれません。温泉でゆでた名物の温泉卵など、美味しい土産物もあります。いろんな魅力がある「箱根観光にいくなら絶対外せないおすすめスポット5選」ご紹介します。

スポンサードリンク

観光船で巡る、芦ノ湖(あしのこ)遊覧

b656c870de3f601e8a099ee27a519f88_s

日本にある箱根町の湖で、芦ノ湖は神奈川県足柄下郡箱根町にある、箱根山の堰止湖です。水面標高は、723m。平均水深は、15m。面積は、7.1km。周囲長は、 21.1kmもあります。神奈川県南西部にある県内最大の湖で、早川水系に属する二級河川に分類されています。

水源は湖底からの湧き水で、観光名所やリゾート施設が数多く点在しています。富士山の眺めが雄大で美しく、景勝地としてとても人気があります。 観光船を利用したい場合には、小田急電鉄系列の箱根観光船と伊豆箱根鉄道(西武グループ)の芦ノ湖遊覧船が運航されています。発着する船着き場が異なりますので、間違えないように気を付けて下さい。

停泊港としては、「桃源台港」(箱根ロープウェイと接続)、「箱根町港」、「元箱根港」の3つが存在します。釣り場としても芦ノ湖は有名で、ニジマスなどのマス類やブラックバスなどの釣りを楽しむことが出来ます。

大涌谷(おおわくだに)で、黒い温泉卵を食べてみる

c144d7abf28527cb26fb4b9e32519408_s

神奈川県箱根町にある、箱根火山の火山性地すべりによる崩壊地形により出来た火山です。現在も噴気地帯になっており、白い蒸気が見られます。

江戸時代には、「地獄谷」「大地獄」と呼ばれていました。1983年(昭和58年)、富士箱根伊豆国立公園「大涌谷園地」として整備し綺麗になりました。現在は、地熱を利用して作られたゆで卵が販売されるようになりました。

このゆで卵の特徴としては、当地で湧いている温泉に含まれる硫黄と鉄分が結びつき、黒い硫化鉄が卵の殻について、黒く変色しているので黒玉子と呼ばれているようです。黒玉子は1個食べると7年寿命が延びるという言い伝えがあり、箱根に訪れたら軽食や土産として温泉卵を食べてみるのが、オススメです。

箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん)で、芸術を満喫

住所は神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平と木賀にある、美術館です。特定公益増進法人である公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が、姉妹館の美ヶ原高原美術館とともに運営しています。

日本初の野外美術館として知られていて、敷地面積は約7万平方メートルです。芝生に彫刻を配置した「彫刻庭園」ですが、彫刻に触ることは禁止されており、芝生内にも一部を除いて立ち入ることはできません。景観を眺めて、楽しむと日頃の疲れも癒されます。

又この美術館は、フジサンケイグループ傘下の美術館で、BSフジのオープニング番組に使われたりしています。その他では、フジテレビ(関東ローカル)の天気予報の際の背景として使用。フジテレビの歴代オープニング・クロージング映像にも使用されていました。1980年代はじめに放送された『ひらけ!ポンキッキ』など、みんなが知っている番組の映像を自分の目でみられるので、観光コースに入れてみるのもいいかもしれません。

箱根温泉(はこねおんせん)で、体の悪い部分を温め癒す

神奈川県足柄下郡箱根町(旧国相模国)にある温泉の総称です。箱根温泉付近は、富士箱根伊豆国立公園に指定されています。開湯は奈良時代の天平10年(738年)、釈浄定坊が発見した「惣湯」です。

江戸時代に、五街道の一つ東海道に沿った温泉として繁栄し「箱根七湯」として知られるようになりました。この頃の箱根七湯は、湯本、塔之沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。徳川家光、徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯も度々行われていて、歴史深い温泉です。

中でも箱根湯本(はこねゆもと)温泉は、箱根で一番大きい温泉で、箱根登山鉄道箱根湯本駅下車すぐで行けます。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、30?80℃、神経痛・関節痛・冷え性に効きます。

歴史がある箱根神社(はこねじんじゃ)で、お願いをする

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある、箱根権現、三所大権現とも称された神社です。古代から箱根山に対する山岳信仰は盛んで、特に神山への信仰は篤く、祭祀が盛んに行われていました。

孝昭天皇の時代に聖占(しょうせん)が、神山を神体山として祀ったことが、山岳信仰の隆盛に大きな影響を与えました。『吾妻鏡』の記事によると石橋山の戦いで敗れた源頼朝は、関東の武家の崇敬を受けたとあります。徳川家康が社20石の朱印状で、社殿を再建し現在の姿を後世に残しています。

箱根は、オールシーズン楽しめる観光地です

いかがでしたか?紹介したのは有名な観光スポットです。その他にも小さな観光スポットが点在していますので、全部の観光スポットを巡れば旅行として何泊か楽しめますし、季節や訪れる場所を変えて、何度も足を運んでみてもいいかもしれません。

オールシーズン楽しめる観光地ですので、旅行候補の一つとして本記事が少しでもお役立ちできれば幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …