Home / 国内旅行 / 新潟・五頭温泉郷で自然と温泉を堪能!五頭温泉の種類や魅力

新潟・五頭温泉郷で自然と温泉を堪能!五頭温泉の種類や魅力

新潟県にある五頭温泉郷(ごずおんせんごう)は、五頭山の山麓に広がる自然が豊かな場所です。出湯・今板・村杉3つの温泉と日本でも指折りの名水が楽しめる五頭温泉郷は、今でも湯治場としてにぎわっています。今回は五頭温泉郷の魅力をご紹介します。

スポンサードリンク

五頭温泉郷ってどんなところ?歴史や特徴について

『五頭温泉郷』は、新潟県阿賀野市にあり、3つの温泉からなる温泉郷です。その歴史はとても古く、開湯してから1200年以上の歴史があるという由緒ある温泉地なのです。ここで詳しく五頭温泉郷を見ていきたいと思います。

所在地やアクセスについて

五頭温泉郷は、新潟県阿賀野市になります。山の山麓に位置する温泉街なので、行くにも帰るにも時間の確認は必須です。

電車で行く場合は、『新潟駅』から信濃線に乗り換え『新津駅』で乗り換えます。『新津駅』から羽越線へと乗り換え『水原駅』で今度は阿賀野市営バスへと乗り換えます。そして、『五頭温泉郷』へと到着できます。

車で行く場合は、新潟中央ジャンクションから磐越自動車道へと乗り換え『安田インターチェンジ』でおります。そして、安田インターチェンジから国道290号線を新発田方面へと上っていくと五頭温泉郷へと到着します。

1200年の歴史がある

五頭温泉郷の歴史はとても古く、1200年以上の歴史があります。五頭温泉郷は3つの温泉地の集まりで、その中でも一番古いのは、「出湯温泉」です。出湯温泉は新潟県内で最も歴史の古い温泉で、真言宗の開祖『弘法大師』が開湯しました。伝説では、809年、出湯に訪れた弘法大師は、錫杖でついて開湯させたとあります。

種類の温泉や外湯めぐりを楽しめる

五頭温泉郷は3つの温泉からなる温泉郷です。最古の温泉「出湯温泉」、弘法大師が五頭山開山の際、発見され自ら薬師如来像を刻んだ「今板温泉」、足利家の武将、荒木正高が落ち延び薬師如来のお告げによって発見された「村杉温泉」の3つです。

そして、6つの外湯があります。外湯とは、温泉街にある、宿泊施設のない公衆浴場・日帰り入浴施設のことを言います。

出湯温泉には、弘法大師伝説のある寺湯「華報寺共同浴場」の他三つあり、村杉温泉には「子宝の湯」として有名な「共同浴場薬師乃湯」のほか三つの外湯があります。どれも距離が近いので、外湯を巡るのも五頭温泉郷の楽しみです。

環境省が「国民保養温泉地」に指定している

五頭温泉は、2016年5月に環境省が定める『国民保養温泉地』に指定され、全国でも注目される温泉地の一つとなりました。

「国民保養温泉地」とは、温泉の公的利用を増やすために温泉の効能が十分に期待されていて、尚且つ健全な保養地として活用される温泉地を環境大臣が指定するというものです。

簡単に言ってしまうと、「ここの温泉地は効能が十分にあり、歴史もあって環境もいい温泉地ですよ。」という目印と思ってください。

エコ温泉計画に取組んでいる

五頭温泉郷では、環境に配慮した活動「エコ温泉計画」に取り組んでいます。どんなことをしているのかというと、旅館で提供される食事には必ず『使い捨ての割りばし』が提供されます。

その使い捨ての割りばしを、耐久性に優れ高温で洗っても大丈夫な福井県の名産品「若狭塗はし」を使用する事にしたのです。

全12の旅館で使用している使い捨て割りばしを、若狭塗のはしに変えることによって、年間9万5千膳もの割りばしを削減することを目指す計画です。

12軒のこだわりの旅館でリラックス

五頭温泉郷には、12の旅館がひしめき合い、温泉街独特の賑わいを見せています。それぞれの旅館に特徴があり、広大な庭園を持つ旅館や、明治から昭和までの建物が残る歴史ある旅館。長期滞在の湯治が可能な旅館など、目的に合わせて宿泊することが出来ます。

霊峰五頭山が登れる

五頭温泉郷の象徴の一つともいえる霊峰『五頭山』は、五つの峰が連なった総称で、5月に山開きが行われます。五ノ峰から登れば、山頂から新潟平野、空気が澄んでいれば佐渡島まで望める絶景パノラマが待っています。急な山ではないので、大人から子供まで登山を楽しむことが出来ます。

温泉以外にもイベント満載

五頭山温泉郷の魅力は温泉だけではないのです。豊かな自然を生かし、様々なイベントを開催しています。春には桜祭り、夏は瓢湖のあやめ祭りや花火大会、秋は旬のキノコを味わえます。冬は瓢湖に白鳥が飛来し、今年一年の健康を祈願する大賽ノ神まつり(火祭り)が行われます。

四季により楽しみ方も変わるので、新たに魅力に気付けることでしょう。

自然に触れ合う機会を!体験教室

五頭温泉郷では、もっと身近に温泉郷を感じてもらうために、体験教室を開いています。美味しい水を使用して作る「そば打ち体験」や地元で収穫した大豆を使って「おぼろ豆腐づくり」を体験したり、こけ玉・陶芸教室など自然や植物、食に触れ合う体験ができます。

手作りの良さが光る!工芸品

五頭温泉郷のある新潟県阿賀野市には、一つ一つ人の手で精巧に作られた『竹工芸品』も素晴らしいのです。竹工芸品を作る『竹籠屋十蔵』は、佐渡や地元の竹を使って鳥かごを作っていましたが、現在では一輪挿しの花台や、見た目も美しい鳥籠調あんどんも制作しています。

五頭温泉郷にはどんな温泉がある?3種類の温泉紹介

五頭温泉郷の温泉はそれぞれ異なる泉質があり、効能も変わってきます。そこで詳しく3つの温泉を解説していきたいと思います。自身の体に合った温泉で、日々の疲れをいやしてみてはいかがでしょうか。

村杉温泉

村杉温泉は、開湯から700年の歴史のある「子宝の湯」として有名です。全国でも有数のラジウム温泉であり、共同浴場のわきにある薬師の清水は飲むことが可能です。

弱アルカリ性の泉質でありラドンを含んだ温泉なので、吸入や入浴・飲泉で神経痛や高血圧症・動脈硬化などに効果があります。

出湯温泉

出湯温泉は、弘法大師が開湯し1200年の歴史を持つ温泉です。共同浴場の泉質はアルカリ性の単純温泉であり、筋肉痛・冷え性・疲労回復などに効果があります。

旅館の温泉は共同浴場と異なる泉質で『ラジウム温泉』弱い放射能を含んだ温泉です。村杉温泉とはまた違った泉質で、アトピー性皮膚炎や神経痛に効果があるとされ、全国から多くに人が訪れています。また飲泉することにより、利尿作用・糖代謝を改善させる効果があります。

今板温泉

今坂温泉は、弘法大師が自ら刻んだとされる薬師如来像が安置されている、とてもご利益のある温泉です。泉質はラドン温泉で、村杉温泉・出湯温泉とはまた違った泉質を持った温泉です。効能は関節のこわばりや慢性の消化器病・運動マヒに効果が期待されます。

五頭温泉郷の12軒の旅館紹介

五頭温泉にある旅館は全部で12軒あります。それぞれ、こだわりや特徴、どの温泉があるのかを紹介していきたいと思います。

石原館

石原館は四季折々に表情を変える中庭を見ながらゆっくりとくつろげる、全部屋10室と小ぢんまりとした旅館で、村杉温泉の「薬師の湯」が楽しめます。足湯や貸切風呂も楽しめますが、何といっても、五頭の名品である『鯉のうま煮』は絶品です。

角屋旅館

角屋旅館は築100年の古民家のような造りで、立派な古時計と囲炉裏が宿泊者を迎えてくれます。全室10部屋ですべてに囲炉裏があり、まるで田舎に帰ったかのような感覚で休むことが出来るのです。温泉は村杉温泉で無料の貸切風呂が4つ・足湯が一つと風情も情景も違う温泉が無料で楽しむことが出来ます。

川上屋旅館

川上屋温泉は7部屋からなる小さな旅館で、豊かな自然を見ながら、万病に効くとされる村杉温泉を楽しむことが出来ます。料理は新潟屈指の日本海の幸や山の幸、五頭のきれいな水で育った鯉料理が楽しめると、お腹も心も満たされ、ゆったりとした時間が流れる旅館です。

環翠楼&

環翠楼は、江戸末期より創業している老舗の旅館で、大正時代の歌人が「緑に囲まれた館」と詠んだことから「環翠楼」と命名されました。その名に恥じぬ森のように広大な庭園には、四季折々で美しい情景が楽しめ、村杉温泉を使用した温泉は、ラドンの効果を高めるために小さめに作られています。

長生館

長生館は、新潟県最大の広さを持つ1000坪の巨大な露天風呂と、貸切露天、離れにある露天風呂付客室と、村杉温泉を楽しめる3種類のお風呂が用意された、村杉温泉を楽しむ人の旅館です。料理にも村杉温泉を使い、蒸し料理を提供してくれるので、体の内側から外側まで健康になれる贅沢な時間を過ごすことが出来ます。

割烹旅館室町

割烹旅館室町は、村杉温泉が内湯と貸切温泉で楽しめ、名前の通り、新潟県の旬の食材を使った料理が自慢の旅館です。客室は6部屋と少なく、気兼ねなくゆっくりと温泉と自慢の料理を堪能することが出来ます。新潟の地酒も提供してくれるので、料理と一緒に一杯飲むのも一興です。

大石屋旅館

大石屋旅館は、弘法大師が開湯したといわれる出湯温泉が、広々とした内湯で楽しめる旅館です。客室はすべて純和室で、広々とした造りとなっています。どこか懐かしい趣のある客室からは緑豊かな自然が垣間見え、風情があります。温泉は、時間を気にすることなく入浴することが出来るので、心身ともに癒されること間違いなしです。

清廣館

清廣館は、開業300年を超える老舗宿で、建物が国登録有形文化財に登録されている宿です。有形文化財に登録されただけあり、趣のある和風の客室と出湯温泉は、まるではるか昔にタイムスリップしたよう。100%源泉かけ流しの出湯温泉はぬる目のお湯でゆっくりとつかることが出来、ラジウム温泉の恩恵をたっぷりと受けることが出来るのです。

中喜屋

中喜屋は、開業300年余りで家族で経営している小さな旅館です。小さな旅館といえど、おもてなしは素晴らしく、旅館主人の集めた骨董が宿泊者を楽しませてくれます。出湯温泉も源泉かけ流しで、24時間つかることが出来ます。ペットを連れての宿泊が可能なので、大切な家族とゆっくり過ごせるのも特徴です。

珍生館

珍生館は、母と娘の二人で営む小さな旅館で、江戸末期に開業した老舗宿です。小さい旅館ながらも、その分女将さんが温かく迎えてくれるので、まるで自分の家のように寛げるような空間が広がっています。温泉はアトピー性皮膚炎にも聞くといわれる出湯温泉。小ぢんまりとした内湯でのんびりと過ごすことが出来る癒しの空間です。

旅館弓月

旅館弓月は、家族や夫婦、友達同士などで楽しめる、露天風呂客室が自慢です。また、妊婦さんや赤ちゃんも大歓迎とのことで、安心して温泉や五頭温泉郷を楽しむことが出来ます。温泉は出湯温泉の源泉を使用しており、客室露天だけでなく5~6人が入れる貸切の家族風呂も用意されています。

湯本舘

湯本館は、今坂温泉を使用する唯一の旅館で、客室からは五頭山の豊かな自然を見ることが出来ます。今坂温泉は、ラジウム温泉で「美肌の湯」ともいわれています。その今坂温泉を24時間時間を気にすることなく楽しむことが出来るので、日ごろの疲れやストレスを解消できること間違いなしです。

五頭温泉郷には外湯もある!6つの外湯まとめ

五頭温泉郷には、温泉地ならではの「公衆浴場」というものがあります。五頭温泉郷には6つあり、宿泊施設で利用するのとは違う、地元の方との交流も楽しめる場所として人気の高い施設でもあるのです。

村杉共同露天風呂

巨大な杉の木の下に、四季の移ろいを間近で楽しめる村杉温泉の共同露天風呂があります。現在臨時休業中で、再開時期は、村杉温泉組合まで問い合わせが必要です。

住所 新潟県阿賀野市村杉4629-1

定休日 木曜日

営業時間 朝7時~夜8時

料金 大人300円 小人100円

村杉温泉薬師乃湯

大正時代に湯治場としてにぎわったという杉村温泉の薬師乃湯は、婦人病に効能があるため「子宝の湯」として人気を博しています。薬湯としても人気があるので、2・3泊して薬師乃湯に通い詰める人もいるそうです。

住所 新潟県阿賀野市村杉3946-6

定休日 なし

営業時間 平日(朝7時~夜8時30分)土日祭日(朝7時30分~夜8時30分)

料金 大人250円 小人150円

村杉温泉薬師の足湯

ラジウム温泉の湧出地を囲むように作られた足湯は、疲れをいやし、湯けむりを吸ってラジウム温泉の効果を得る「吸う温泉」としても楽しめる足湯です。100円を払えば飲泉することが可能なので、興味のある方はぜひ試してみては。

住所 新潟県阿賀野市杉村

定休日 木曜日

営業時間 朝10時~夜6時

出湯温泉共同浴場

平成20年に新しく改装された出湯温泉の共同浴場で、地元の人たちには「新湯」という名前で親しまれています。バリアフリーも施してあるので、足腰が悪い人でも安心して入ることが出来ます。

住所 新潟県阿賀野市出湯810-1

定休日 なし

営業時間 朝6時~夜8時

料金 大人200円 小人(小学生以下)100円

出湯温泉弘法の足湯

出湯温泉が自噴している場所に新しく作られた出湯弘法の足湯は、温泉からわきだすラドンを十分に吸い込むことが出来る浴室タイプの足湯です。飲泉することも可能なので、体の内外からラドンを吸収することが出来ます。

住所 新潟県阿賀野市出湯

定休日 木曜日

営業時間 朝10時~夜4時30分

料金 100円 *ペットボトル2本まで温泉を汲むことが出来ます。

華報寺共同浴場

華報寺の境内にある共同浴場で、弘法大師が開湯したといわれる温泉がそこにはあります。38度とぬるめのお湯は、アトピー線皮膚炎に効果があるため、全国から多くの人が湯治に訪れます。

住所 新潟県阿賀野市出湯794

定休日 なし

営業時間 朝6時~夜7時

料金 大人200円 小人(小学生以下)100円 赤ちゃん50円

まとめ

五頭温泉郷の魅力を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?秋の行楽シーズンや冬の雪景色を見ながらの温泉は格別なものがありますので、是非これを機に新潟県の五頭温泉郷へと足を運んでいただければと思います。


スポンサーリンク

Check Also

高知の人気お土産のご紹介!ついつい欲しくなる高知土産44選

高知県の約9割が山地であり、自 …