Home / 国内旅行 / 箱根 / 箱根強羅公園の魅力と楽しみ方

箱根強羅公園の魅力と楽しみ方

c6d0c99e5de050f1c04d9efb91e75b0e_s

温泉と豊かな自然に恵まれた箱根には、一度は訪れてみたい観光の名所が沢山あります。箱根の山、各地に沸きだしている温泉を初め、美しい自然の風景を楽しめるロープウェイやケーブルカー、遊覧船などの乗り物、歴史や伝統を感じさせてくれる神社や関所、水族館やスパリゾートのようなアミューズメント施設など様々です。

美術館や博物館なども多くあり、レストランや土産物店などグルメやショッピングができるお店も豊富にそろっています。

スポンサードリンク

箱根強羅公園の基本情報

そんな色々ある観光地の中で、季節の花々を観賞したり、工芸体験などが楽しめる観光スポットとして箱根強羅公園があります。強羅というよく知られた温泉地にあって、大正時代に開園されてから、2014年に100周年を迎えました。100年以上、長く親しまれてきた観光地スポットです。

箱根湯本駅から箱根登山電車に乗って強羅駅へ到着すると、そこから歩いて5分ほどで行くことができます。また、強羅駅からケーブルカーに乗って行くこともできます。早雲山方面に向かうケーブルカーに乗り、「公園下駅」か「公園上駅」で降りると徒歩1分のところにあります。箱根の観光では登山電車やケーブルカー、ロープウェイや箱根海賊船など乗り物が乗り降り自由になる「箱根フリーパス」という切符があります。これを持っていると、入園が無料になるのでお得です。

美しいローズガーデン

b052c6f676b2d3d525b0d933c19e84c7_s

まず、園でひときわ目を引くのが、華やかな薔薇の花が色とりどりに咲いているローズガーデンです。約140品種、1000株もの薔薇が丁寧に剪定されて植えられおり、春の新緑や秋の紅葉ともコラボレーションして美しい姿を見せてくれます。それ以外にも季節によって楽しめる花が色々揃っており、1年を通して楽しむ事ができます。

また、園内には熱帯植物で埋め尽くされた熱帯植物館、熱帯ハーブを集めた熱帯ハーブ館があります。南国のエキゾチックな花を集めたブーゲンビレア館もあります。ブーゲンビレア館ではブーゲンビレアやハイビスカスが咲く中を散策することもでき、季節によらず楽しむことができます。

秋になってからも桜を楽しむことができる

4月になると桜の花が見ごろを迎え、ソメイヨシノやヤマザクラ、コヒガンザクラ、カワズザクラなど品種の違う桜が次々に咲いていきます。ピンクの花が満開になる頃には、桜の花を目当てに訪れる観光客も多くなります。桜には10月頃から咲くジュウガツザクラという品種もあって、秋になってからも桜を楽しむことができます。

4月の下旬頃からは、しゃくなげの花が咲きます。しゃくなげは大きな花びらが印象的な花で、花の女王とも言われています。箱根強羅公園のしゃくなげは、神奈川花の名所100選にも選ばれています。それから、5月になるとツツジの花が咲きます。

色とりどりのツツジの花がが咲く頃には、しゃくなげの花も咲いていますので、それぞれの花を同時に楽しむことができます。この頃が、一年で最も華やかな時期になります。そして、梅雨の季節がやってくると、今度は紫陽花の花が咲きます。青や紫のかわいらしい花は、曇りや雨の日にも楽しめるのが魅力です。この時期に、園内では珍しい品種を集めた「あじさい展」が開催されます。

「カブト・クワガタ展」で子供と楽しむ

a855f270d84af3439da306bd0ff5b4f3_s

それから夏になると、子供達の夏休みに合わせて、「カブト・クワガタ展」が行われます。珍しいカブトムシやクワガタムシの展示や、カブトムシやクワガタムシに直接触れることが出来るコーナーや、ゲームなども行われる子供が喜ぶイベントです。

そして、秋になると紅葉の季節がやってきます。もみじの葉が美しい赤に染まり、秋に咲く薔薇と一緒に楽しめるのが魅力です。公園内にあるカフェで、ゆっくりお茶を飲みながら紅葉や花を眺めるのも楽しみの一つです。

冬になると、温室に赤や白、ピンク、ダークレッド、クリーム色などのカラフルなポインセチアによるクリスマスツリーが登場します。温室全体がクリスマスのディスプレイになり、ヒマラヤ杉にイルミネーションの電灯も飾られ、まさにクリスマスムード一色になります。この時期は、夜間も営業していますので夜にクリスマスイルミネーションを楽しむのもおすすめです。

体験工芸館で本格的な物づくりを体験

花や自然を楽しむ他には、箱根クラフトハウスという体験工芸館があります。ここでは、吹きガラス、陶芸、サンドクラフト、ドライフラワーアレンジメントなどをすることができます。本格的な物づくりが体験でき、オリジナル作品もつくれるので友人同士の旅や、子供のいる家族連れなど幅広い層が訪れます。

その他に、白雲洞茶苑という茶室もあります。白雲洞茶苑は、巨岩怪石の間に深山の趣きを残して建てられており、ここでは茶の湯をいただくことができます。最近では、若者や海外からの観光客に気軽に日本文化を体験できるスポットとして人気を集めています。

まとめ

箱根強羅公園は、日本の昔ながらの自然や歴史を感じながら、今の時代に合わせてできた施設とが混在する観光スポットです。季節によってその姿は大きく変わり、イベントも数多く開催されるので、次に訪れる時にはまた違った楽しみ方ができるのが魅力です。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …