Home / 国内旅行 / 北海道 / 五稜郭の戦いの概要と現存する跡地

五稜郭の戦いの概要と現存する跡地

「五稜郭の戦い」とは、1868年から1869年にかけて日本国内で行った内戦のこと指します。この戦いは「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」の中の1つの戦いであり、また戊辰戦争が終結したという“最後の戦い”としても有名です。別名「箱館戦争(はこだてせんそう)」や「己巳の役(きしのえき)」などとも呼ばれています。

スポンサードリンク

戊辰戦争

新政府軍と旧幕府軍が争った戊辰戦争は、各地で壮絶な戦いが繰り広げられ、終結までに実に1年以上もの歳月を費やしました。

結果はご存知のとおり、新政府軍の勝利となって新しい時代が幕を開けることになりました。五稜郭の戦いでは、新政府軍は清水谷公考(しみずだにきんなる)や山田 顕義(やまだ あきよし)、それから後の総理大臣となった黒田 清隆(くろだきよたか)らが率いていました。

旧幕府軍を率いていたのは西洋帰りの幕臣である榎本武揚(えのもとたけあき)でした。

五稜郭の戦い

五稜郭の戦いが起こった場所というのは江戸でも京都でもありません。別名の「箱館戦争」が示すとおり、現在の北海道函館市です。この戦いは戊辰戦争末期の戦いであり、最後の争いでした。

なぜ江戸から遠く離れた函館で、そういった戦いが起きてしまったかというと、戊辰戦争による敗色が濃厚となった旧幕府軍が、北陸や東北に逃れていき、ついには蝦夷地まで逃走することになったからです。

当時蝦夷地には松前藩が存在していましたが、旧幕府軍は、これを追い払って占領し、共和国を建設しようと目論んでいました。

しかし当然新政府側はそれらを認めるわけがありません。新政府側は旧幕府軍に対して、軍艦の引き渡しや、降伏などを要求するのですが、旧幕府側の指揮官である榎本は完全に応じることなく抵抗します。

この時、旧幕府軍が拠点としていたのが五稜郭であり、最後の舞台となったために、後にこの戦いが「五稜郭の戦い」と呼ばれるようになりました。最終的には、旧幕府軍(榎本)は降伏し、長きに渡り、繰り広げられた内戦・戊辰戦争に終止符を打つことになったのです。

五稜郭の戦いにおける新政府軍の動き

新政府軍がなかなか強硬手段に出なかった理由の1つに、榎本武揚の存在が大きかったと言われています。

元々榎本自体の能力は新政府側にも高く評価されており、新政府側からすれば“喉から手が出るほどほしい”という人材だったのです。その為、新政府側は何度も榎本に降伏を要求しました。

特にそれを前面に表したのが黒田清隆だと言えます。黒田清隆の説得の末に、榎本は降伏を受け入れました。その時の条件は「部下の命を助けること」であり、黒田はそれに応じました。

その後、一端投獄されてしまうのですが、黒田の必死の助命嘆願などもあり、無事に釈放されて榎本は新政府の重要なポジションで活躍します。これは榎本の知識や人柄、国を思う気持ちが評価されてのことでした。

五稜郭の歴史

五稜郭の歴史を紐解くと、建造されたのは1857年から1864年あたりにかけて建てられたとされています。江戸幕府の函館奉行所という目的で作られたと言われており、五稜郭は西洋式城郭、当時の西洋のノウハウと和を融合させたものでした。「五稜郭」という、その名の由来は外形が星型であることからだと言われています。

現在、五稜郭は五稜郭の戦いによる大きなダメージを負ってしまったため、その後に解体されているので、現存していません。

今、その地は「五稜郭公園」として改められ、名前の由来となったという星形をかたどった特殊なかたちの公園となっています。公園内にはたくさんのサクラが植えられており、サクラの開花時期には多くの木々が花を咲かせて、サクラの名所の1つとして函館市民の方々に愛されています。またサクラの開花時期のみならず、四季折々、様々なイベントが開催されています。

五稜郭公園の星形を縁取るようにライトアップされるようなイベントがあったり、五稜郭の歴史を後世に伝えるイベントなど、一年を通して各種催しが存在しています。

五稜郭と土方歳三

また五稜郭は、あの新撰組・土方歳三が最期を遂げた場所ということでも有名です(実際に亡くなったのは五稜郭ではありませんが)。新政府軍による総攻撃の中、仲間を救おうとした土方は応援に駆け付けますが、途中で銃弾にあい、その生涯に幕をおろしました。

「五稜郭の戦い」は新撰組ファンからしても非常に馴染みの深いものであり、場所なのです。跡地にあたる住所は「北海道函館市五稜郭町・本通1」です。近隣には五稜郭タワーが2006年に建設されており、その展望台からは五稜郭跡地のみならず、函館の美しい景観を眺めることができます。

今日では五稜郭公園は函館観光の定番スポットの1つとされており、地元市民のみならず、全国や海外から来る多くの観光客に親しまれています。

単純に造形的な美しさを楽しむということも出来ますが、かつて五稜郭やその付近で起きた数々の出来事に思いを馳せながら見て回ると、よりその楽しさや奥深さが伝わることでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …