Home / 国内旅行 / 北海道 / 五稜郭公園の美しい桜の見どころとおすすめの時期

五稜郭公園の美しい桜の見どころとおすすめの時期

北海道といえば「五稜郭」というほど有名なこちらの公園はかつて新撰組含む旧幕府軍が占領し、陣をはっていたことでも知られています。

場所は現在の函館市で、かつては函館も箱館と書かれていました。五稜郭は江戸幕府が箱館開港の時に函館山の麓に置かれていた箱館奉行所の移転先として建造したもので、稜堡式の城郭です。

当時は湿地で、ネコヤナギという柳の一種が多く生えていたことから柳野城という別名で呼ばれることもあります。1866年に完成していますが、わずか2年後には幕府の崩壊により短期間の函館府として利用をしたのみで、その後は函館戦争が起き、旧幕府軍に占領されることとなりました。

本記事では五稜郭公園の美しい桜を観賞できるおすすめお花見ポイントと桜観賞のおすすめ時期についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

五稜郭の桜の絶景を見れるスポット

公園として一般公開されるようになったのは1914年のことです。現在は国の特別史跡となっており、「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産になっています。

実は五稜郭自体は文化庁が所管している国有財産です。そのため、今は函館市が借りて函館市住宅都市施設公社によって管理されているのです。この公園へ出かけるのであれば、隣接する五稜郭タワーにのぼってみるのがオススメです。

現在のタワーは2代目で、高さ107mほどあります。二重構造になっており、全面がガラス張りで晴天時は市内はもちろん下北半島や津軽海峡までも見渡すことができます。

五稜郭公園にはソメイヨシノがたくさん植えられていますが、城郭に沿って満開となる頃の桜の美しい景色をこのタワーの展望台から眺めることができるのです。またシースルー状態になっているフロアは床がガラスになっており、86mほど下の景色を見ることができるようになっています。

五稜郭の桜を見ながら見て回りたい観光名syp

新撰組ファンであればぜひとも見ておきたいのはタワーにある副長・土方歳三のブロンズ像です。彼が主に戦っていたのは松前や大野二股口、箱館市街周辺などの戦場でしたが、この五稜郭も関わりのある場所です。

このブロンズ像と一緒に記念撮影をしてみるのはとても良い思い出になります。ここから土方歳三縁の地巡りをするのも楽しめます。例えば一本木関門跡、弁天台場跡、異国橋跡などがあります。展望の1階にはカフェスタンドやおみやげ店などが併設されており、2階には眺めを楽しみながら歴史などを学べるコーナーがあります。

こちらで人気なのはギッフェリという名前の焼きたてのクロワッサンです。

函館奉行所

また再現して建築された函館奉行所へも立ち寄るのが良いでしょう。函館戦争終結後の1871年に解体されており、それから140年後の2010年に庁舎の3分の1を復元しています。

建材や技法などもなるべく当時のものと同じものを利用し、復元しているのです。奉行所内に入ることも可能で、奉行所内の各所にはスタッフがいて、詳しく説明をしてくれますのでより歴史に触れたいという方は利用するのも良いです。

他にも当時のままの姿を現在でも残している建造物がいくつかあります。例えば公園の正面入口からすぐに見える石垣、奉行所を囲む赤松87本、兵糧庫などがあります。

特に兵糧庫は見ておきたいものです。米蔵として建てられたものですが、毎年夏には内部の公開をしていますので、時期をあわせて出かけてみるのも面白いです。

五稜郭公園のお花見のおすすめ時期

ちなみにこの公園にお花見に行く場合の見ごろは5月上旬から中旬頃です。夜には桜のライトアップもされますので、日中とはまた違った風景を楽しむのも素敵です。

特にオススメは正面から入り、一の橋を渡ってから右手の土手にある桜が非常にボリュームもあり、美しいといわれています。そして花びらが散りだす頃も美しく、堀の水面に桜の花びらがたくさん浮かんでいる様子も幻想的な雰囲気があります。

またここでお花見をするといえばジンギスカンははずせません。決められたエリアや時間がありますが、シーズン中はジンギスカンの鍋を囲むグループがあちこちで見かけられます。

五稜郭公園のお花見プランの申し込み方法

手荷物を持っていくのは面倒だなという時にはタワーの後ろ側にある受付で申し込むことで、タワー内の和食店系列のお花見プランを利用することができます。

カセットコンロやガスボンベが用意され、鍋、器、箸、お手拭き、肉と野菜のセットなど全てを準備してもらうことができます。お花見をする席もすでにブルーシートが敷かれており、その中のどこかの席に案内されるので場所取りなども必要ありません。

食事を楽しんだら、後は適当にごみなどをまとめてダンボールの中に入れておき、カセットコンロなどもそのまま置いておけば後で片付けておいてもらうことができます。飲み物は自由に持ち込みできるので、好きな飲み物を持ち込んで鍋パーティーのような楽しむことができます。

コンロ1つで大体4人前まで食べることができるので、それ以上の人数がいる場合は2つくらい注文しておいたほうが余裕を持って楽しむことができます。人数を伝えれば大体どれくらいの量が必要かなどはアドバイスしてくれますので、そのように注文しておくと良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

ぜるぶの丘の観光の魅力とおすすめの見所

北海道と言えば、美味しいグルメ …